マイケル・ジャクソンの作品から情報を集めてみました

概要

Unbreakable(アンブレイカブル)
作詞・作曲:Michael Jackson, Rodney Jerkins, Fred Jerlins, LaShawn Daniels, Nora Payne, Robert Smith
リリース:2001年
収録:『Invincible』(2001年発売)



初めマイケルはこの曲をアルバム『Invincible』より第一弾シングルとしてリカットする意向であったが、レコード会社が渋ったため実現しなかった。(ウィキペディアより引用)

歌詞

Now I'm just wondering why you think
that you can get to me with anything
seems like you'd know by now
When and how I get down
And with all that I've been through,
I'm still around


http://www.sing365.com/music/lyric.nsf/Unbreakable...

日本語訳


君が簡単に僕を自分のものにできると思っていることが
僕には不思議でならないんだ
君がそんな風に思えるってことは
僕が女性に対してどういう態度をとるのか知っている証拠さ
僕はこれまでいろんな目にあってきたけど
それでもくじけずにこうしていられるんだ

関連するマイケルの発言や行動

Michael Jackson speaks out against the then CEO of Sony Music, Tommy Mottola, in Harlem, New York on July 6th 2002.

Michael Jackson speaks out against Sony Music,「the Killer Thriller Party」in London, England on July 15th 2002.



マイケル周辺の動き

ソニーウォーズ

2001年10月、最新オリジナルアルバム「Invincible」を発表。タイトルは「無敵で、いつまでも成長し続けることで人々のために貢献する」という意味合いを込めたもの。当初は1999年11月9日発売の予定だったものが数回延期され、2001年10月30日(US)発売となった。このリリースの直前、レコード会社の凄まじい圧力に痺れを切らしたマイケルはトミー・モトーラにもはやこのアルバムで最後だと通知した(実際、このアルバムが生涯最後のものになった)[6]。この後マイケル側とレコード会社側は激しいバトルを繰り広げる事になる。
1990年代後半頃からマイケルとレコード会社側の仲は非常に険悪なものとなっていった。レコード会社側は圧力をかけ、マイケルはそれに反抗するというような状態が続き、2001年の「Invincible」の発売直前にこれが最後のアルバムとモトーラに通知した。(中略)
その「Invincible」がUSで200万枚の売上しかでなかったとソニーが報告した事に関し「曲が売れなかったのはソニーの宣伝が足りなかったからだ」「会長は人種差別の塊だ」としソニーを提訴。これに関し会社側はプロモーションビデオや宣伝に以前と同等の予算を使ったと反論。だが、2003年1月10日、トミー・モットーラは会長を退き、様々な批判があったがマイケルは勝利し、最終的に5月にはマイケル側の意向をほぼ全面的に呑むことで合意した。
※詳細は:ウィキペディア「ソニーウォーズ」を参照
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3...

ソニーとの関係
http://zophielsnowhite.blog4.fc2.com/blog-entry-14...

タイトルの歌・メッセージに関連する事項

Notorious B.I.G.

ノトーリアス・B.I.G.(The Notorious B.I.G.、本名: Christopher Wallace、1972年5月21日 - 1997年3月9日)は、アメリカ合衆国のヒップホップMC。
ビギーがロサンゼルスでヒップホップ雑誌『VIBE』主催の「Soul Train Music Award」パーティーの帰途に撃たれ、セカンドアルバムリリース前の1997年3月9日に死亡する。親交のあった2PACと並び、アメリカ東西海岸ヒップホップ抗争の犠牲者と言われている。どちらの銃撃事件も未解決のままである。(ウィキペディアより引用)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%88%E3...

その他関連事項・その他

未確認事項及び議論すべき議題

本などからの引用

SB:Do you live with fears? You know people are going to shoot you down, metaphorically speaking.Does that make you afraid?

MJ:Not as an artist. I am like a lion. Nothing can hurt me. No one can harm me without my permission.I wouldn't let it bother me, even enough though I have been hurt and I have felt pain in the past, of course, I have been saved by a lot of that. (『Michael Jackson Tapes』より引用)


SB:君は恐怖を受け入れるかい? 比喩的に言えば、人々が君を撃ち殺そうとしている。そのことで君は恐れたりするのかい?

MJ: 芸術家としても、そうではないよ。 僕は自分をライオンのようだと思う。 誰も僕を私を傷つけられない。誰も僕の許可無く危害を加えることなんてできない。僕は自分の邪魔をさせない。たとえ、過去に傷ついたり痛みを感じたとしても。もちろん、僕はそうしたにたえてきたけどね。

コメント

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

Voice

Information

ヒール・ザ・ワールド・ファンデーション関連

メンバーのみ編集できます