マイケル・ジャクソンの作品から情報を集めてみました

概要

Will You Be There (ウィル・ユー・ビー・ゼア)
作詞:マイケル・ジャクソン
作曲:マイケル・ジャクソン
リリース:1993年
収録:『Dangerous』(1991年発売)



本作は1993年に公開された映画『フリー・ウィリー』(Free Willy)の主題歌として、1994年のMTVムービー・アワード「最優秀映画音楽賞」(Best Song From a Movie)を受賞した
曲はニ長調で始まり、単純な音型を繰り返しながら進んでいく。頂点を極めた人間が背負う計り知れない苦しみのゆえに、人間よりもはるかに大きな存在への強い憧れを歌う。
本作最大の特徴として、曲の最後にジャクソンが自作の詩を朗読する。人生における様々な逆境を並べながら“どんな時も、そこにいてくれますか”という趣旨の詩を朗読する彼は、終始涙声で語っている。(ウィキペディアより)

歌詞

Hold Me
Like The River Jordan
And I Will Then Say To Thee
You Are My Friend

←クリックすると開きます

日本語訳

僕を抱きしめてくれませんか
静かに流れる川のように
そしたら僕は言う
君が僕の友だと

連れて行ってくれませんか
真の兄弟のように
母親のように僕を愛してくれませんか
そこにいてくれませんか?

疲れきった時には
僕を抱きしめてくれませんか
道を誤った時には引き戻してくれませんか
迷子になった時には見つけてくれませんか?

人は僕に言う
人間は誠実であるべきだと
動けない時こそ歩き
最後まで戦えと
でも僕はただの人間なんだ

みんなが僕を操ろうとしている
まるで世界が僕に役割を与えているかのように
もうどうしたらいいか分かりません
僕に教えてくれませんか
僕を見守って導いてくれませんか

(僕を抱きしめてください)
(先頭に立ってください)
(静かに 大胆に)
(僕をあそこまで連れて行ってください)

(僕を導いてください)
(僕を愛で満たしてください)
(口づけで僕を解放してください)
(ありがとう)

(大胆に)
(僕を連れて行ってください)
(ゆっくりと抱き上げ)
(あそこまで運んでください)

(僕を救ってください)
(僕を癒し 清めてください)
(優しく言ってください)
(側にいてくれると)

(優しく)
(優しく抱き上げ)
(連れて行ってください)
(僕を必要としてください)

(抱きしめてください)
(先頭に立ってください)
(静かに 大胆に)
(僕をあそこまで連れて行ってください)

(僕を必要としてください)
(僕を愛で満たしてください)
(口づけで僕を解放してください)
(ありがとう)

暗い時も
絶望のどん底にいる時も
僕を気にかけてくれますか?
そこにいてくれますか?
悩んでいる時も
苦しんでいる時も
信用を失ってる時も
挫折している時も
混乱の中でも
動乱の中でも
怯えている時も
正直な時も
痛みに病んでいる時も
うれしい時も 悲しい時も
明日が保証されている時も
僕はあなたのもとを離れません
僕の心の中に いつでもあなたがいてくれるから

関連するマイケルの発言や行動

マイケル周辺の動き

1996年、オプラ・ウィンフリーが彼女の番組で、マイケル「ウィル・ユー・ビー・ゼア」をエイズ犠牲者の思い出に捧げるテーマ曲として選ぶ。(マイケル・ジャクソン全記録より引用)

タイトルの歌・メッセージに関連する事項

<映画『フリー・ウィリー』> 

家族からむりやり引き離されたイルカと、母親に捨てられた少年。互いに孤独な境遇の両者が友情を深め、成長していく姿を美しい自然描写の中に描いた感動編。俳優でもあるキース・ウォーカーの原案を、彼とコーリー・ブレックマンが脚色、「ハーレーダビッドソン&マルボロマン」のサイモン・ウィンサーが監督して映画化。


当時の時代背景

その他関連事項・その他

未確認事項及び議論すべき議題

コメント

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

Voice

Information

ヒール・ザ・ワールド・ファンデーション関連

メンバーのみ編集できます