DEKARON wiki

ビシャスサマナー

特徴

最大の特徴は召喚獣を呼ぶことができること。召喚獣はLv10から覚えることが可能。
召喚獣の種類は2種類ある。攻撃力は高いがHP・防御力が低いビースト系、攻撃力は低いがHP・防御力が高いリビド系である。
ちなみに、リビド系のみ、スタン効果をもった召喚獣が存在する。
召喚獣はキャラクターと同じようにモンスターが認識し、こちらに寄ってくるので、最大6匹のターゲットを得ることができる。
そのため狩り効率が非常に良い。また、スキルに範囲攻撃が多く、スキルの性質的にも狩りにむいているといえる。
しかし、技の発動がやや遅かったり、スキが大きいことから対人戦には不向き。また、使用者も多いのでPTに入れない。
その他の特徴として、剣主体か杖主体かのいずれかのスキルが存在する。
詳しいことは↓のほうで説明をする。

基本的なステータスの振り方

Action7での変更により剣と杖の両方を持つことが難しくなってしまった。
なので、基本、どちらかに特化するステータスの振り方が理想である。

剣を主に使うのであれば、剣を持つのに必要な分だけ力と敏捷に振り、裏の杖の為に必要な分、精神に振る。
残りは火力がほしければ力へ、HP・SPがほしければ体力へ振る。

杖を主に使うのであれば、杖を持つのに必要な分だけ力と精神に振る。
残りは火力がほしければ精神へ、HP・SPがほしければ体力へ振る。

スキル振り例

剣主体か杖主体かで振り方が変わってくるが、どちらにしてもスキルをとるだけならポイントは使わないので(釣りスキルは例外)とれるものはとっていい。
あと、杖スキルのサークル系は剣主体でも必ず振っておくこと。
サークルはとても効果が大きく、PTでもサークルを維持しておくことがサマナーの最大の役割である。

Lv102(羽レベル)スキル振り例

コメント(0)