デモンズソウルの攻略Wikiです

「あなたはデモンズソウルにどの位はまることができるか?」
確認するポイントをまとめてみました。友人にお勧めする時などにも使ってみてください。

「デモンズソウル」適性テスト



該当するものは Yes、該当しないものはNo、最後にYesがいくつあったかで確認します。(全10問)
No,質問内容回答
1中世ヨーロッパ、ダークファンタジーというジャンルの"ダークな世界観"を持つゲームや漫画・映画が好きだYesNo
2バイオハザードに代表される、ホラー/スプラッター表現がある映像にはそれほど抵抗がないYesNo
3数ある武器の中から、好きな武器を鍛錬・強化して長く使えるゲームが好きだYesNo
4アクションゲームが得意、もしくは何度ゲームオーバーになっても最終的には全クリするほうYesNo
5格闘ゲームのような"戦闘に攻防の駆け引き"があるゲームが好きだYesNo
6最近のゲームは親切過ぎる、もしくはゲームをやらされているようでかったるいYesNo
7将棋やチェスなど、じっくりとコマを進めていくゲームに夢中になったことがあるYesNo
8ネットワーク協力プレイは顔を知らない人とでも気軽にやりたいYesNo
9人がゲームで失敗している所を見て笑ったり、いたずらするのが好きだYesNo
10フロム・ソフトウェア社製のゲームソフトにのめりこんだことがあるYesNo

Yes がいくつあったかであなたのデモンズソウル適正がわかります
Yes の数適正レベル説明
1〜2個ライトゲーマーちょっとデモンズソウルを買うにはフロム脳が足りません。
ビデオゲームに萌えキャラやアニメーションを求めすぎているようです。
また全般的にアクションゲームが苦手な様子。
もう少し焼肉を食べて男性ホルモンを分泌させましょう。
3〜5個ポピュラーデモンズソウルにのめり込む素質がありますが、見ためや評判でゲームを選んでいるようです。
買って後悔しないように「ネットワーク」「生まれ」「楔の神殿まで」「操作系」のページを読んで
自分がゲームをプレイしている所をイメージしてみましょう。
新鮮に感じる所があれば、一度プレイしてみる価値あり。
6〜9個ハードゲーマーデモンズソウルのゲーム性と、あなたがゲームに求めているプレイスタイルの相性がとても良いようです。
PS3を手に入れてないのであれば、安くなった薄型PS3がお勧めです。
たとえデモンズソウルのためだけにPS3を買うことになっても、あなたなら十分楽しむことができるはず。
さあ!早く!デモンズソウルを手に入れましょう! ⇒デモンズソウルの値段を調べる
10個フロム脳あなたがこのゲームを買うのは宿命です。ムーンライトソードがあなたを呼んでいます!
2009年までに発売されたゲームの中で、これ以上にない楽しさを見つけることができるでしょう。
また、購入後に数ヶ月間はまる可能性があるので私生活に支障をきたさないように注意しましょう。
気になるゲームソフトをいくつか買う必要はありません。デモンズソウル1本で十分です。
目薬と蒸しタオル、ひえぴたシート、栄養ドリンク、香水など、ストレス対策が必須になります。

※このテストには個人差がありますが、適性が高い人は是非購入をお勧めします。
 テスト内容はもっとこうした方が読みやすいと感じた方がいればコメントください。


もう少し詳しく知りたい方
FAQページの「購入前に」も読んでみてください。
アンケートもよろしくお願いします。
PV←公式PV、有名になった動画を観ることができます。




適性テスト解説


ちなみに、上記の質問内容で何を聞き出そうとしていたか、目的一覧です。
No,質問内容
目的
1中世ヨーロッパ、ダークファンタジーというジャンルの"ダークな世界観"を持つゲームや漫画・映画が好きだ
デモンズソウルの世界観は中世ヨーロッパの雰囲気で、ゲームで言えばキングスフィールド、ウィザードリィ、ディアブロが近いです。
好みの世界観であれば、時代背景を忠実に再現するデモンズソウルの魅力に引き込まれていくでしょう。
2バイオハザードに代表されるホラー/スプラッター表現がある映像にはそれほど抵抗がない
剣で戦い、血が噴出したり、ナメクジなど生理的に不快になる演出・表現があります。
ホラーゲームは生理的に無理!という方にはあまりお勧めできません
3数ある武器の中から、好きな武器を鍛錬・強化して長く使えるゲームが好きだ
多くの個性的な武器を手に入れることができ、またモーションも一つ一つ違います。
モンスターハンターのように気に入った剣を鍛錬するのが好きな人に向いています。
4アクションゲームが得意、もしくは何度ゲームオーバーになっても最終的には全クリするほう
このゲームは死んで学習するゲームです。新しい手段を思いつき、それを試そうと立ち向かう。挑戦的な人に向いています。
5格闘ゲームのような"戦闘に攻防の駆け引き"があるゲームが好きだ
このゲームの戦闘は奥が深く、アクションが苦手な人からコンマ何秒を競い合う格ゲー好きまで幅広く楽しめます。
ですが、どちらかと言うと格ゲー好きの方がハマります。
6最近のゲームは親切過ぎる、もしくはゲームをやらされているようでかったるい
最近のゲームは次に何をすればいいかがわかりやすく、そのため達成感が薄くなっています。
”自分で目的を成し遂げた達成感"を感じたい人にはうってつけのゲームです。
7将棋やチェスなど、じっくりとコマを進めていくゲームに夢中になったことがある
極めて困難な状況に陥った時、助けてくれるのは”その場から戦略を描く冷静さ”です。
将棋やチェス、他の戦略シュミレーションゲームで培った慎重さがこのゲームで活きるでしょう。
デモンズソウルはゲーム内で死ぬと、その場にお金と経験値に代わる"ソウルポイント"を落としてしまうので、それを取り戻すためにプレーヤーはあれこれ戦略を立てることになります。
8ネットワーク協力プレイは顔を知らない人とでも気軽にやりたい。
ネットワークゲームは親しい人とでないと抵抗がある・・という人だと、購入後に損した気分になるでしょう。
デモンズソウルは、普段はネットワークゲームをしていない人・または「ネットワーク上のコミュニケーションを負担に感じる人」が1〜2時間で気軽に遊べるように設計されています。
9人がゲームで失敗している所を見て笑ったり、いたずらするのが好きだ
このゲームには、"血痕"と呼ばれる『人が死ぬ様を見て攻略方法を思いつく』ことや、敵対プレイとして『他人のストーリーに強制侵入できる』という独特の要素があります。ちょっとした"いたずら心"と、(中には笑える他人の死に様もあるので)"ゲーム内の死を軽く受け止められる許容"があるとゲームをより楽しむことができるでしょう。
10フロム・ソフトウェア社製のゲームソフトにのめりこんだことがある
これはフロム・ソフトウェア社製のゲームをプレイしたことのある人は、ちょっと聞きたくなる質問です。フロム・ソフトウェア好きのツボを押さえているゲーム。という点で納得していただけたらと思います。


おわり


このページへのコメント

よくもまあこんな冗談に噛みつけるもんだな。
自称ヘビーゲーマーは無双でもやってろよ

Posted by 名無し(ID:T7SIPbvspg) 2017年12月16日(土) 22:18:03

ダクソ3トロコンした後に3年振りくらいにデモンズソウルやったけど、難易度高いと思った。PS4のダクソ3ブラボより操作性が悪いのもあるけど、自由度がめちゃめちゃあるからかな。それが楽しいから、ダクソ3やブラボやっててデモンズ未プレイの人は是非やってもらいたい。

Posted by 上級騎士オストラヴァ 2017年06月27日(火) 09:11:55

少し前にデモンズをクリアして今ダクソ2をプレイしてるけど、デモンズのおもしろさには敵わないな

Posted by しゃどうたわー 2017年02月09日(木) 22:42:35

2009年の家ゴミジャップどもはほんとチョロいもんだったね
三流企業が図に乗るんじゃねえ

Posted by fuck From Software 2017年01月30日(月) 21:07:06

yesが0個の人だっているんじゃないか?
ライトゲーマーの反対語は「ヘビーゲーマー」のはずでは・・・?

ちなみに自分は最少で2番だけ、多く見ても合計yes3個・・・
超魔界村も1面ですら手に負えず、クソゲーとみなして売っちゃったくらい・・・

Posted by YUTA 2016年05月21日(土) 21:43:33

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

メニュー

Wiki内検索

メンバーのみ編集できます