履行の本は項目毎の仕分けや図式がないのとドライな解説と膨大な過去問しか出してないので参考書ではない。そこで!参考書は自分で作ろうということで、有志みんなで作る最強の解説wiki!

平成18年度第1回
試験種別:伝送交換
試験科目:設備管理

問題
解答

http://www1.c3-net.ne.jp/347t/dentsu_denso/h18_1_s...



問1

(1)
(ア)9:光伝送システムは、波長数の増加及び波長当たりの伝送容量の増加という二つの技術により更に大容量化を図ることが可能である。
(イ)15:波長数増加のための方法の一つとして、新規の波長帯を用いる光信号の伝送があり、長距離の中継伝送を行うには、新規波長帯で動作する光ファイバ増幅器の開発が必要である。
(ウ)2:SDH、ATM、イーサネットなどの信号は、OChといわれるフレームに収容され、OTN内をエンド・ツー・エンドで伝送される。
(エ)1:OChのフレームには、これまで主にATM方式などで適用されてきたFECが付加され、より信頼性の高い信号伝送を可能としている。
http://offnskia.dip.jp/wordpress/?p=499

(2)(i)
(オ)3
仝蹇Р酸漆号の符号化方式には、主に、ITU−T勧告G.711、G.729aなどが用いられている。G.711はPCMによる符号化方式で、音声信号を64[kbit/s]のディジタル信号に変換する。G.729aは、CS−ACELP(Conjugate Structure Algebraic Code Excited Linear Prediction)による符号化方式で、音声信号を8[kbit/s]のディジタル信号に変換する。
誤:VoIPで使用される主な呼制御プロトコルには、ITU−T勧告のH.323、H.248、IETF標準のSIP(Session Initiation Protocol)などがある。IEEE802.1qはVLAN規格である。
正:CS−ACELPは、コードブックに登録された波形パターンの番号と、過去に入力された音声信号から予測される音響特性(フィルタ係数)を送信する方式である。
じ蹇SIPはバイナリではなくテキストベースである。
ジ蹇SIPはプレゼンテーション層ではなくアプリケーション層プロトコルである。
http://offnskia.dip.jp/wordpress/?p=502

(2)(ii)
(カ)4
\機Р酸漆号のパケット化においては、符号化された音声信号にヘッダが付加される。ヘッダの種類には、IPヘッダ、UDPヘッダ、RTPヘッダがある。
∪機В劭圍丱悒奪世竜’修砲蓮同期タイミングを合わせる機能及びQoS制御機能がない。このため、シーケンス番号に応じたデータ再構成やタイミング制御を行う機能が別途に必要である。
正:RTPヘッダは、音声パケットのペイロードに対する付加情報を与える役割を持ち、その内容はシーケンス番号、タイムスタンプ、ペイロードタイプ、同期送信元識別子及び寄与送信元識別子などで構成される。
じ蹇VoIPでは、音声データの転送に高い即時性が必要となり、即時性を実現するため、トランスポート層のプロトコルにはUDPが使用されている。UDPは、TCPで実行されるIPパケットの送達確認、フロー制御、再送確認機能を持たないため、TCPと比較してパケット処理に要する時間が短い。
ダ機RTPヘッダのタイムスタンプは実時間性の保証に使用され、シーケンス番号はパケットの順序制御に使用される。
http://offnskia.dip.jp/wordpress/?p=506

(3)(i)
(キ)4
仝蹇IPアドレス空間として128ビットが割り当てられ、この128ビットを16ビットずつに区分し、区分された一つ一つを16進数で表記したものをカンマで結んでアドレスとして表記される。
誤:基本ヘッダには、バージョン、トラヒッククラス、フローラベル、ペイロード長、次ヘッダ、ホップ制限、送信元IPアドレス、あて先IPアドレスがある。
8蹇IPv6のヘッダには、送信元IPアドレス及びあて先IPアドレスのフィールドがあり、それぞれ16バイト(128ビット)が割り当てられている。
だ機IPv6のヘッダは、40バイトの固定長の基本ヘッダと必要により付加される拡張ヘッダにより構成される。
http://offnskia.dip.jp/wordpress/?p=508

(3)(ii)
(ク)2
\機Д札ュリティ機能として、通信内容の暗号化、通信相手の認証などがあり、暗号化には、共通鍵暗号アルゴリズムなどが利用される。
誤:IPヘッダの誤りチェックを行うためのヘッダチェックサムフィールドは除かれている。
正:IPv6パケットの前にIPv4ヘッダを付けてカプセル化し、IPv4ネットワークをトンネリングさせることができる。
だ機Д侫蹇璽薀戰襯侫ールドの追加により、ルータにおけるフロー検出処理が、IPv4と比較して簡便になり、QoSの実現が容易となる。
http://offnskia.dip.jp/wordpress/?p=510

問2


(1)
(ア)8:静止衛星通信システムは、地上の災害の影響を受けにくいという高い災耐性のほか、広範な衛星照射エリアを活かした同報性という特徴を有する。
(イ)3:地球局相互間には、約300ms程度の空間伝搬遅延が生ずるという特徴もある。
(ウ)12:衛星通信システムに使用される周波数帯は、衛星通信システム相互間及び地上無線通信方式との干渉条件などを考慮して決定され、ITUにおいて分配されている。
(エ)7:衛星通信システムに使用される周波数帯は、衛星通信システム相互間及び地上無線通信方式との干渉条件などを考慮して決定され、ITUにおいて分配されている。
http://offnskia.dip.jp/wordpress/?p=513

(2)(i)
(オ)4
\機Щ間的に連続なアナログ信号をディジタル信号に変換する場合は、一般的に、標本化→量子化→符号化という順序により行われる。
∪機О貳未硫酸偲疏では、4kHz帯域の音声信号を標本化周波数8kHzで標本化し、それぞれの標本値を8bitで符号化するもので、音声1チャネルは、64kbit/sで符号化される。
正:量子化の過程では、ある範囲内の標本値は、同一の符号列で表現されるため、受信側では、すべて同一の振幅として復号される。このため、送信と受信の信号では本質的に誤差が発生する。この誤差に基づく雑音は量子化雑音といわれる。
じ蹇1標本当たりの符号化ディジット数を1bit増加することにより、信号対量子化雑音比は6dB改善される。
ダ機非直線量子化の圧伸特性には、μ-lawやA-lawがある。
http://offnskia.dip.jp/wordpress/?p=517

(2)(ii)
(カ)2
仝蹇ADPCMは、適応予測と適応量子化を使用する差分PCM方式であり、64kbit/s帯域を2回線として使用することができる。CVSD方式は64kbpsではなく32kbpsを2回線として使用。
∪機Р酸漆号の高能率符号化方式には、音声の生成過程を分析合成する生成源符号化方式と音声波形の冗長度を除いて符号化する波形符号化方式があり、生成源符号化方式は、一般に、ボコーダといわれる。
8蹇Р菫符号化方式には、フレーム間予測符号化方式やフレーム内予測符号化方式が用いられる。
じ蹇В唯丕釘如檻韻蓮■稗圍奸檻坿告による1.5Mbit/s以下の伝送帯域での蓄積メディアなどに用いられる動画像符号化方式である。
http://offnskia.dip.jp/wordpress/?p=520

(3)(i)
(キ)5
仝蹇О貳未縫妊ーゼル機関は冷却水が必要なため、山上、離島などの冷却水が得にくい場所には使用されない。
誤:エンジン発電装置に使用されている主要な内燃機関は、ガスタービンとディーゼル機関である。ガソリン機関は、構造が複雑で長時間の運転に難点があるが、小型軽量を活かして小容量の発電装置の内燃機関には用いられる。
8蹇Д妊ーゼル機関と異なり、ガスタービンは冷却水を必要せず、単位時間・出力当たりの燃料消費量はディーゼル機関と比較して多いが、小型軽量に構成できる利点を有している。
じ蹇Д┘鵐献麋電装置と組み合わせて使用される太陽光発電方式において、十分な太陽光エネルギーの得られる時間は、太陽電池モジュールの出力を直接、負荷と蓄電池に供給し、夜間など、太陽電池モジュールの出力が停止すると同時に、蓄電池から負荷に供給される。
ダ機Д┘鵐献鵑膨招襪気譴詒電機には、一般に、交流発電機が用いられ、電圧、周波数の自動調整機能を具備しているものがある。
http://offnskia.dip.jp/wordpress/?p=522

(3)(ii)
(ク)3
\機О貳未法⊆電用として用いられている変圧器は、構造上から外鉄型と内鉄型に、絶縁・冷却方式からは油入式と油を使用しない乾式に、相数からは単相式と3相式に分類される。
∪機Ъ彙粘錣賄渡の遮断の際に発生するアークの消去方式により、油入遮断器、空気遮断器などがある。
8蹇Ъ彙粘錣砲狼定の条件のもとでその性能を保証するため、定格が決められている。主なものは、定格電流,定格電圧,定格短時間電流,定格遮断電流,定格遮断時間、定格投入電流である。これらのうち、定格電圧は遮断し得る電圧の最大値である。
だ機電力機器の負荷は、一般に誘導性が多く、この場合遅れ力率による無効電力が発生する。このため、力率の改善を目的とした進相コンデンサが使用されている。
ダ機Ъ電用保護継電器は、過電流や過電圧による機器や電路の故障発生時に、故障区間を速やかに選択して遮断することにより、故障の波及防止と故障による損傷を最小限とすることを目的として使用されている。これらの主な方式には、誘導型継電器、電磁型継電器、静止型継電器などがある。
http://offnskia.dip.jp/wordpress/?p=524

問3


(1)
(ア)7:DP信号方式は、加入者線ループを選択数字に従った回数のパルスとなるよう断続させて数字情報を伝達する方式であり、PB信号方式と比較して、その伝達速度が遅い。
(イ)3:PB信号方式は、低群の4周波数と高群の4周波数の中からそれぞれ1周波数ずつを組み合わせて、選択信号の数字やその他の符号を構成する方式である。
(ウ)8:PB信号は、可聴信号であるため、選択信号として使用する以外に、通話中のエンド・ツー・エンド信号としても使用可能である。
(エ)12:ISDN基本インタフェースでは、Dチャネルといわれる信号チャネルを通じて選択信号が伝送されており、選択数字は8ビットのコードで表される。
http://offnskia.dip.jp/wordpress/?p=528

(2)(i)
(オ)5
A正:伝送品質の劣化要因には、符号誤り、ジッタ、熱雑音、瞬断などがある。
B誤:符号誤りには、ランダム誤りと、バースト誤りがあり、バースト誤りは、一般に、符号間干渉、雷などの外部からの誘導によるインパルス性雑音、無線伝送区間におけるフェージングなどによって発生する。
C正:ジッタは、ディジタルパルス列の位相が短時間に揺らぐ現象のことであり、再生中継器のタイミング回路や多重化装置の同期回路等で発生する場合がある。
http://offnskia.dip.jp/wordpress/?p=530

(2)(ii)
(カ)3
A誤:%DMは稼働時間を除く時間に対して、単位時間T0のなかの符号誤りの発生時間が、しきい値1×10-mを超える各単位時間の数が、ある観測時間長TLに占める割合で表される。
B誤:稼働時間内における単位時間T0を1秒、誤り率のしきい値1×10−3を超える符合誤りが発生した秒の合計が測定時間に対して占める割合を百分率で表示したものである。
C正:ITU−T勧告G.821において、国際ISDN接続(64kbit/s×N;N=1〜24)の%ESの品質目標許容値は、最長標準接続系に対して8%と規定されている。
http://offnskia.dip.jp/wordpress/?p=532

(3)(i)
(キ)2
仝蹇Ю瀏総合効率:設備の使用効率の度合を表す指標。時間稼動率×性能稼働率×良品率の積。高い値ほど効率がいい。
∪機Ц両穃─Ц両磴里燭瓩棒瀏が停止した割合のことであり、故障強度率ともいう。
8蹇保全費:設備保全に必要な費用であって、設備の新増設、更新、改造などの固定資産に繰り入れるべき支出を除く費用。
じ蹇劣化損失:設備劣化による性能低下に起因する損失の総称である。
ジ蹇Щ駛棆鷦期間法:設備投資の有効性又は安全性の判断に当たって、投資額が回収できる期間(年数)の長・短で設備投資案を評価・比較する方法のことをいう。
http://offnskia.dip.jp/wordpress/?p=534

(3)(ii)
(ク)2
\機保全とは、故障の排除及び設備を正常・良好な状態に保つ活動の総称である。
誤:劣化には、規定の運転条件又は使用条件の下で、運転又は使用によってストレスが加わり、設備の強度又は性能が劣っていく自然劣化がある。強制劣化は規定外の運転条件/使用条件による劣化をいう。
正:陳腐化とは、技術の進歩によって、所有している設備の技術レベル又は経済的価値が相対的に低下していく変化のことをいう。
だ機Ю瀏寿命とは、設備を導入し、使用を開始してから、廃棄又は更新するまでの期間のことをいう。
ダ機Д薀ぅ侫汽ぅルとは、設備の計画、設計、製作、運用、保全を経て廃棄又は再利用までを含めたすべての段階及び期間のことをいう。
http://offnskia.dip.jp/wordpress/?p=536

問4


(1)
(ア)12:設備の新設などを行うに当たって、いくつかの案のうちから一つを選択する場合に、経済的な面から比較検討し、優劣を評価する方法には、年経費による比較方法、現価による比較方法などがある。
(イ)7:年経費は、減価償却費と投下資金の使用料的な費用から成り立っている資本回収費と、設備の維持・運用に必要な稼働費などの合計である。
(ウ)4:資本回収費と稼働費などとの和は、ある適当な年数、n年間使用したときに、最小となる。
(エ)2:この使用期間n年を、経済寿命という。
http://offnskia.dip.jp/wordpress/?p=538

(2)(i)
(オ)7
(2)(ii)
(カ)3
MTTF>1000
500*(1+1/2+1/3+・・・・+1/n)>1000
(1+1/2+1/3+・・・・+1/n)>2
n=3→11/6
n=4→25/12
n=4
http://offnskia.dip.jp/wordpress/?p=540

(3)(i)
(キ)2
Ra=3*Re2*(1-Re)+Re3
Ra=3*0.72*(1-0.7)+0.73
Ra=3*0.72*(1-0.7)+0.73
Ra=0.441+0.343=0.784
(3)(ii)
(ク)1
Rb=1-(1-Re)2
Rb=1-(1-0.9)2
Rb=1-0.01=0.99
Rab=Ra*Rb=0.784*0.99=0.77616→0.776
http://offnskia.dip.jp/wordpress/?p=542

問5


(1)
(ア)9:PKIは、CAをはじめとする幾つかの要素によって構成される。CA(Certificate Authority:認証局)は公開鍵の正当性を保証する機関
(イ)15:公開鍵証明書には、一般に、ITU−Tが規定したX.509が標準として利用されており、CAの署名、証明書所有者、公開鍵情報などで構成されている。
(ウ)13:RAは、PKIを運用する範囲において、公開鍵証明書を発行する際の本人確認のための資格審査を行い、利用者登録などを行う。
(エ)4:公開鍵証明書には有効期限があり、期限切れや有効期限内での失効が生じた場合に、VAは失効した公開鍵証明書をCRLに登録する。
http://offnskia.dip.jp/wordpress/?p=551

(2)
(オ)1
\機Д妊ジタル署名は、データの発信者特定による否認防止、改ざん検出や認証に広く利用されている。
誤:S/MIME等で用いられるCMSは、公開鍵暗号方式を用いたASN.1形式のディジタル署名フォーマットである。
8蹇Д妊ジタル署名は、一般に、不特定多数に対しても公開鍵暗号を用いる場合が多い。
じ蹇В庁咤船妊ジタル署名は、DSA暗号の離散対数問題の困難性を利用したもので、ハッシュアルゴリズムには、SHA−1より安全性の高いSHA−2への移行が推奨
ジ蹇В劭咤船妊ジタル署名は、RSA暗号の素因数分解問題の困難性を利用したもので、RSA暗号と同一の公開鍵を用いているため、公開鍵を公開すれば、暗号と署名の機能を同時に実現できる。
http://offnskia.dip.jp/wordpress/?p=554

(3)
(カ)2
A誤:データを一定数のビットからなるブロックに区切り、ブロックごとに暗号化するブロック暗号は、一般には、ストリーム暗号と比較して高速処理が可能ではない。
B正:共通鍵暗号方式は、公開鍵暗号方式と比較して、暗号化・復号化処理が速いことから、データ量の多い情報や映像情報の秘匿に向いている。
C誤:ブロック暗号では、一般に、暗号強度は鍵の長さに大きく依存する。ストリーム暗号の暗号強度は、擬似乱数発生器で完全乱数(乱数が予測不可能であること)に近い乱数を生成できるかに大きく依存している。
http://offnskia.dip.jp/wordpress/?p=556

(4)
(キ)3
A誤:なりすましによってコンテンツが不正な装置で受信できないように、装置の認証が行われることがある。装置認証は、専用端末の場合は出荷時に固有の秘密情報を組み込んでおく。パーソナルコンピュータの場合には、何らかの事前手段によって秘密情報をパーソナルコンピュータに設定する。(IPアドレスは変更が可能なため、装置固有の情報になりえない。)
B誤:受信したコンテンツを可搬媒体へ書き出す際には、コンテンツ受信者の指定に従って、コピーの可否、回数、範囲などを指定する情報がコンテンツに付加されることが一般的である。暗号化は行われない。
C正:不正者によって著作権情報がコンテンツから除かれないように、データハイディング技術を用いて著作権情報をコンテンツに埋め込む方法がある。ただし、データハイディング技術では、一般に、コンテンツを劣化させないこと、画像処理や音響処理によって著作権情報が除去されないこと、という二つの要求を同時に満たす必要がある。
http://offnskia.dip.jp/wordpress/?p=558

(5)
(ク)3
仝蹇В廝蕋遑遑は、ピア・ツー・ピア(P2P)技術を用いており、中央サーバを持たず、ファイルの情報は利用者間をバケツリレー式に転送される。
誤:Winnyの特徴としては、違法なデータがやり取りされていても監視や規制を行うことが事実上不可能で一元管理が困難であることなどがある。利用者が増えればネットワークは混雑する。
正:Winnyは、ユーザを指定したメッセージの送信、共有ファイルのリストの閲覧、共有ファイル中の特定ファイルを指定してのダウンロードはできない。
じ蹇В廝蕋遑遑へのコンピュータウィルスの感染経路は、一般に、P2Pファイル共有ソフトウェアの共有フォルダ経由であり、メールの添付ファイル経由でも感染する。
http://offnskia.dip.jp/wordpress/?p=560

---

このページへのコメント

qVtCal I am so grateful for your article. Fantastic.

Posted by awesome things! 2014年01月21日(火) 13:42:45

816w1i Really enjoyed this blog article. Want more.

Posted by check this out 2013年12月20日(金) 09:46:07

gdSdUP <a href="http://xrvsarequjmf.com/">xrvsarequjmf</a>, [url=http://rjooygutyqaq.com/]rjooygutyqaq[/url], [link=http://fketyuksotif.com/]fketyuksotif[/link], http://piomtqlnaipl.com/

Posted by hbxbqdg 2013年11月15日(金) 04:44:00

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら
「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

伝送交換

線路主任技術者

どなたでも編集できます