履行の本は項目毎の仕分けや図式がないのとドライな解説と膨大な過去問しか出してないので参考書ではない。そこで!参考書は自分で作ろうということで、有志みんなで作る最強の解説wiki!

平成21年度第2回
試験種別:伝送交換
試験科目:設備管理

問題
解答



問1

(1)
(ア)14:高速大容量伝送システム:光源として半導体レーザーが使われる。
(イ)3:高速大容量伝送システム:波長揺らぎにより伝送品質が低下する。
(ウ)4:外部変調方式:光の振幅、位相、偏波面をそれぞれ変調する方式がある。
(エ)6:中継伝送系:線形中継装置、再生中継装置が採用される。

(2)(i)
(オ)4
仝蹇Д好織謄ックルーティング:ルーティングテーブルは自動的には更新されない。
誤:VLSM:可変長サブネットマスク
8蹇Д妊侫ルトルート:ルーティングテーブルにエントリがない場合にこのネクストホップへ転送される。
だ機Д襦璽謄ングテーブル:宛先NWアドレス、ネクストホップ、メトリックで構成される。
ジ蹇複数の宛先NWアドレス:最長一致(ロンゲストマッチ)ルールが適用される。

(2)(ii)
(カ)4
\機Д妊スタンスベクタ型ルーティングプロトコル:RIP
∪機Ъ束時間:ディスタンスベクタ型の方が長い。
正:OSPF:NW状態をHelloパケットで監視している。
じ蹇Дラスレスルーティングプロトコル:サブネットマスク情報が含まれる。
ダ機AS内はRIP,OSPF、AS間はBGPが使われる。

(3)(i)
(キ)1
A正:PSK:搬送波の位相を一定値だけ偏移させる変調方式である。
B誤:16QAM:1シンボルで4bitの情報伝達が行える。
C誤:DS:直接拡散

(3)(ii)
(ク)4
A正:FDMA:複数ユーザが異なる周波数帯域で通信する。
B正:TDMA:複数ユーザが異なるタイムスロットで通信する。
C誤:SDMA:複数ユーザが位置の違いを利用して同じ時刻・周波数帯を用いて通信する。

問2


(1)
(ア)6:インバータの直流/交流高速スイッチング:トランジスタやサイリスタを利用
(イ)12:サイリスタインバータ:電流の自己遮断ができない為、転流回路が必要
(ウ)9:多重化インバータ方式:ユニットインバータを複数台並列に接続し出力を直列に接続することにより正弦波形に近づける方式
(エ)2:UPS負荷システム:商用電源を直接供給するバイパス機能の付加、冗長システム構成など

(2)(i)
(オ)5
a:マンチェスタ符号
b:CMI符号
c:AMI符号

(2)(ii)
(カ)4
\機2値符号と同一のパルス送出間隔では、多値符号を用いて情報伝送量の増大を図ることができる
∪機Д戞璽好丱鵐錨疏系:AMI符号など直流成分を抑制した符号形式を使いケーブルを通じて電力伝送を行う
正:B8ZS符号:0符号の連続によりタイミング情報が失われBSIが損なわれることを防止
じ蹇多値符号:クロック速度が下降する特徴を有している。

(3)
(キ)3
仝蹇LAN PHYは短距離用、WAN PHYは長距離用接続方式
誤:10GBASE-TはLAN/WAN PHYいずれにも分類されていない。また、10GBASE-RはLAN PHYに分類される。
正:10GBASE-LX4:MM/SMいずれも使用可能
じ蹇10GBASE-R:SONET/SDHは考慮されていない。10GBASE-Wが考慮されている。
ジ蹇10GBASE-E:1.5μm帯で40kmの伝送距離を保障

(4)
(ク)2
\機8B/10B:MACフレーム送信データを8bit毎に分割、10bitに変換(10GBASE-X)
誤:8B/10B:8ビットのデータをの3ビット/5ビットに分け、それぞれに1ビットを付加する。
正:64B/66B:MACフレーム送信データを64bit毎に分割、66bitに変換(10GBASE-R)
だ機64B/66B:0or1が連続しないようにスクランブル化してヘッダ情報を付加
ダ機64B/66B:ヘッダ情報は01、10である。

問3


(1)
(ア)12:費用面からの設備新設検討:年経費による比較、現価による比較がある。
(イ)7:年経費:資本回収費+稼動費
(ウ)4:年経費:ある最適な年数であるn年間使用したとき最小となる。これを経済寿命という。
(エ)2:年経費:ある最適な年数であるn年間使用したとき最小となる。これを経済寿命という。

(2)(i)
(オ)7
A正:経年劣化診断技術:運転中診断技術と停止中診断技術があり、劣化による設備故障を防止
B正:運転中診断技術:傾向監視診断技術、性能評価技術がある
C正:故障再発防止計画:類似設備の防止策を適用

(2)(ii)
(カ)4
\機保全作業方式と保全周期:作業実績を考慮し改善を検討、教育訓練を計画する
∪機保全作業:体制、人員、時間、環境、技術レベル、コストを検討し重要装置を分類して管理することが重要
正:保全作業上の問題点はアベイラビリティ、ライフサイクルコストの改善に必要
じ蹇FTA:トップダウン手法、FMEA:ボトムアップ手法

(3)(i)
(キ)5
仝蹇日程計画:指定期日、手持資源などの制約のもとで計画達成に必要な作業の日程を決めること、問の記述は、手順計画
誤:手順計画:目標達成に必要な作業、作業順序、所要時間および資源などを決めること、問の記述は、資源割り付け
8蹇CPM:手順計画を矢線図で表し、各作業の直接費と所要時間の関係を直線で近似し、線形計画法を用いて費用最小の日程計画を求める手法
じ蹇Ш邏函目標達成のための諸活動。矢線図内では、作業は矢線で表示される。
ダ機Р線工程表:作業進度を横線棒グラフで示した図表

(3)(ii)
(ク)1
仝蹇PERT:工事などの企画(project)の手順計画を矢線図に表示し、時間的要素を中心として計画の評価、調整及び進度管理を行う手法
∪機PERT/COST:PERTに費用に関するデータを追加
正:矢線図:プロジェクト達成に必要な作業の相互関係を結合点及び矢線で図示した手順計画図
だ機Х觜臈澄С凸霎の始点終点のこと
ダ機Дリティカルパス:全経路のうち最も長い経路

問4


(1)
(ア)15:IP電話品質劣化要因:パケット化遅延、伝送遅延、遅延揺らぎ、パケット損失など
(イ)12:フラグメント化:長いパケットを短いパケットに分割
(ウ)2:G.107:R値(IP電話の総合音声伝送品質を表す数値)が50を超えること
(エ)7:G.107:伝送遅延が400ms未満であること

(2)(i)
(オ)6
1時間以内に復旧したのは17件であるので、
17件/20件=0.85

(2)(ii)
(カ)8
20件/960(分)=20件/16時間=1.25(件/時間)

(3)(i)
(キ)4
Ra=1-(1-0.9)(1-0.9)=1-0.01=0.99
Rb=(三つ動いている確率)+(二つ動いている確率)=0.8*0.8*0.8+3{0.8*0.8*(1-0.8)}=0.512+3*0.128=0.896
R=0.99*0.896=0.88704=0.887

(3)(ii)
(ク)8
λc=1/MTBF=1/1000
λd=1/MTBF=1/2000
Rc(100)=e-λc*100=e-0.1
Rd(100)=e-λd*100=e-0.2
Rcd(100)=1-(1-e-0.1)(1-e-0.05)=1-(1-0.905)(1-0.951)=1-0.095*0.049=0.995345

λe=1/MTBF=1/2500
λf=1/MTBF=1/4000
Re(100)=e-λe*100=e-0.04
Rf(100)=e-λf*100=e-0.025
Ref(100)=1-(1-e-0.04)(1-e-0.025)=1-(1-0.961)(1-0.975)=1-0.039*0.025=0.999025

よって、R=Rcd(100)*Ref(100)=0.994374538625=0.994

問5


(1)
(ア)5:Dos攻撃対象:公開されているWebサイトが多い
(イ)11:SMURF攻撃:大量のping応答パケットを送りつける
(ウ)2:SYNフラッド:TCPの接続要求パケットを大量に送りつける
(エ)7:Dos攻撃対策:ISPと連携して対処手順や連絡体制を事前に整備

(2)
(オ)3
\機Фδ霧旭店罅Ц阿鯊茖骸圓肪里蕕譴覆い茲Δ膨命相手ごとに鍵を変える必要がある
∪機AES暗号:DES暗号の後継、128bit,192bit,256bitが利用可能
8蹇Ш絞解読法、線形解読法:ブロック暗号にもっとも適用される解読手法
だ機Ц開鍵暗号:素因数分解や離散対数問題などの数学的困難性を利用

(3)
(カ)4
仝蹇CHAP:暗号化される
誤:CHAP:ハッシュアルゴリズムにMD5を利用
8蹇APOP:電子メールの受信に使われるパスワードを暗号化する認証方法
だ機SMTP AUTH:メール送信に使うプロトコルであるSMTPにユーザ認証機能を追加した仕様

(4)
(キ)7
A正:Webサーバ乗っ取り防止:サンプルページ/CGIを全削除
B正:コンテンツアップ時のセキュリティ対策:FWでファイル転送制限、個人認証
C正:Webブラウザのセキュリティ対策:JavaScript、ActiveX実行前のポップアップメッセージ

(5)
(ク)3
\機Ц表されている情報や防犯カメラの情報も個人情報に含まれる
∪機Ц朕余霾鵑陵用目的は具体的に特定しなければならない
8蹇О兮先名称は公表しなくて良い
だ機Ц朕余霾鵑陵用目的は速やかに通知/公表しなければならない
ダ機Ц朕余霾鵑梁茖骸圓悗猟鷆,六前に同意を得なければならない

---

このページへのコメント

NE96bh Thanks again for the blog post.

Posted by awesome things! 2014年01月20日(月) 04:20:11

LrO4xa Fantastic blog.Much thanks again. Much obliged.

Posted by check this out 2013年12月21日(土) 12:45:39

udAqAy <a href="http://oewprwabivwd.com/">oewprwabivwd</a>, [url=http://sfbnqfarwbdl.com/]sfbnqfarwbdl[/url], [link=http://yjqtosypxied.com/]yjqtosypxied[/link], http://rnlkmheisoxu.com/

Posted by mqabbskze 2013年11月21日(木) 03:44:24

uTwJda <a href="http://lfrsbrdedvqx.com/">lfrsbrdedvqx</a>, [url=http://mujtgghjlphq.com/]mujtgghjlphq[/url], [link=http://eklmedqvliwo.com/]eklmedqvliwo[/link], http://mfzkrdcuidxh.com/

Posted by awxaejjs 2013年11月15日(金) 04:26:27

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら
「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

伝送交換

線路主任技術者

どなたでも編集できます