履行の本は項目毎の仕分けや図式がないのとドライな解説と膨大な過去問しか出してないので参考書ではない。そこで!参考書は自分で作ろうということで、有志みんなで作る最強の解説wiki!

平成24回第1回
試験種別:線路
試験科目:設備管理

問題
解答


問1

(1)
OLT
レンジング:OLT-ONU間の伝送時間を測定
DBA:DBAとは
同報性:全てのユーザで受信可能
PONシステム参考サイト
IEEE802.3ah

システム化技術

(2)(i)
\:
∪:
正:
じ:なだれ増幅作用(アバランシェ増幅)には、高い逆バイアス電圧が必要。受光デバイスと比較しても高い。また、応答速度は速い。
---
じ蹇Г覆世豼幅作用(アバランシェ増幅)を持つ受光デバイス(APD)は、高い逆バイアス電圧が必要。なだれ増幅作用を持たない受光デバイス(PD)より応答速度は遅いが、受光感度は高い。のではないでしょうか?


(2)(ii)
A正:
B誤:最大で12心の一括融着接続が可能なものもある。
C正:

(3)(i)参考サイト
\:
誤:線形中継器には、リシェーピング機能しかない。
正:
だ:

(3)(ii)光ファイバ増幅の原理
仝:光ファイバ増幅器は、導波路構造が軸対象のため、偏波依存性はない。増幅効果が得られる波長は特定のものに限定される。
誤:EDFAは、コア部分にエルビウムを添加させる。
8:エルビウムドープ光ファイバ増幅器(EDFA)は、励起光として、0.98μmと1.48μmの2種類
だ:

問2

(2)(i)
A正:
B正:
C誤:通線ひも→マンドレルを用いて確認する。マンドレルとは

(2)(ii)
\:
∪:
8:加熱軟化させた後、『油圧』により機械的に矯正する方法がある。
だ:

(3)(i)
仝:光海底ケーブルにおいて、光海底中継器に必要な電力は、陸揚局に設置するケーブル給電装置から【直流定電流】で供給する。
∪:
正:
だ:

(3)(ii)光海底ケーブルの給電方法光海底給電システム
仝:
∪:
8:光海底中継器の動作電圧は、陸揚局からの距離によって異なる。
じ:給電の立上げ、立下げ動作は【約2分間で徐々に規定値に達する】ような方法が採用されている。
(2)(i)
\:
∪:
8:遮蔽係数を減少させる。(遮蔽係数は、小さいほど遮る物質が増える)
だ:

(2)(ii)
∪:保存される電化は、等しいことから次式が成り立つ。C2Vc={C3C2/(C3+C2)}Veから、Vc=C3Ve/(C3+C2)。コンデンサは、直列なら並列。並列なら直列として扱う。

(3)(i)
仝:ステンレス材を用いてケーブルを保護する。
誤:
8:外皮温度が高くなるほど、
だ:

(3)(ii)
\:
誤:イオン化傾向が異なる金属材料の金物の接触による
8:ピアノ線→ステンレス材を用いて保護する方法がある
じ:外皮損傷→生物被害

問4

(2)(i)
仝:拡張性など評価しても、故障とは何ら関係がない。
誤:修理系→非修理系がたどる故障曲線をバスタブ曲線という。
8:使用に先立ちスクリーニング、安定化のためエージングなどを行う。
じ:偶発故障期間は、一般に耐用寿命と呼ばれる。
ダ:

(2)(ii)
仝:R(0)=1、R(1)=∞となる。
   ⇒R(0)=1、R(∞)=0(信頼性は1から0へ推移する。R=e^-λtからも計算可能)
誤:MTTF→MTBF
8:MTBF→MTTF
だ:

(3)(i)
だ:固有アベイラビリティ=MTBF/(MTBF+MTTR)、故障率λ=1/MTBFから題意の値を代入してMTTRを求める。

(3)(ii)
正:0.999=1-(1-0.7)^nとなる。n=5.7なので、最低6台構成とする必要がある。

問5

(2)
A正:
B誤:ウイルス名の特定はできない。
C誤:再起動ではなく、シャットダウンして、ネットワークから切り離して対処する。

(3)
仝:オンライン攻撃
誤:ブルートフォースアタック
8:固定パスワードに比べ、ワンタイムパスワードのほうが盗聴につよい。
だ:

(4)(i)参考サイト
仝:5トン以上は、「資格が必要」、5トン未満は「特別教育」でよい。
誤:点検項目点検内容からすると、毎日点検。
正:
じ:離れてはならない。

(4)(ii)
仝:ワイヤーロープの異常の有無については、「年次点検」、損傷の有無は、「月例点検」とされている。
∪:
8:参考サイト安全係数は、6以上とされている。
じ:10%以上の素線が切断しているものは使用してはならない。

このページへのコメント

AJu9Qw I truly appreciate this article. Keep writing.

Posted by stunning seo guys 2014年01月22日(水) 10:55:58

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら
「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

伝送交換

線路主任技術者

どなたでも編集できます