履行の本は項目毎の仕分けや図式がないのとドライな解説と膨大な過去問しか出してないので参考書ではない。そこで!参考書は自分で作ろうということで、有志みんなで作る最強の解説wiki!

平成27回第2回
試験種別:線路
試験科目:設備管理

問題
解答


問1

(1)
(ア):赤外吸収損失:光がガラス分子の振動エネルギーとして吸収
(イ):レイリー散乱損失:波長の4乗に反比例
(ウ):曲げによる放射損失:コアとクラッドの比屈折率差を大きくすると低減
(エ):フレネル反射:コア同士の接続部の隙間で反射

(2)(i)
\:
∪:IP4X:直径1.0mmの外来固形物まで保護(ワイヤーなど)
8:IP3X:直径2.5mmの外来固形物まで保護(工具やワイヤーなど)、IPX6:防塵性能についての規定はなく、防水に対して規定
だ:http://www.furukawa.co.jp/optcom/optconnect/pdf/cl...
電気機械器具の外郭による保護等級 - Wikipedia

(2)(ii)
\:
∪:
正:
じ:浸水検知モジュールは光クロージャ内に設置する
http://www.opcom.co.jp/product/hikarisystem/passiv...

(2)(iii)
A誤:ガスバーナーは用いない、アーク放電により加熱する
B正:
C正:

(2)(iv)
\:
誤:MTコネクタ:ピンをガイドにしてフェルール同士をつけあわせる
8:屈折率整合剤は必要
じ:被服除去は必要

問2

(1)
(ア)げ鎚僖團奪船廛蹈撻蕁任意の速度を無段階で得ることができる
(イ)DPS(Dynamic Positioning System):碇を使わず、推進装置を制御し自動定点保持を長時間可能とする
(ウ)Aフレーム:埋設機、ROVを吊り下げる
(エ)LCE(Linear Cable Engine):高速敷設に適している

(2)(i)
\:
∪:
8:電線共同溝:道路管理用ケーブルなどその他行政ケーブルも収容可能
だ:

(2)(ii)
A正:
B正:
C誤:

(2)(iii)
\:道路占用工事:道路使用許可が必要
誤:道路工事調整会議:道路管理者が定期的に主催
   沿道住民に工事の内容を十分に周知しなければならない
8:道路法→行政手続法
   次の期間は、標準手続き期間(2-3週間)に含まれない。
   •申請書類の不備等を補正するために要する期間
   •申請の途中で、申請者が申請内容を変更するために必要とする期間(←問題文)
   また、次の場合には、適用しない。
   •申請内容が先例のない場合等であって、1ヶ月以内に承認又は、許可を行うことが困難な場合
   •占用の許可にあたって国土交通省へ事前協議が必要な場合
じ:施工時期は申請順で優先されることはない

(2)(iv)
仝:
∪:
8:
じ:

問3


(1)
(ア) Цファイバの伸び率:0.2%
(イ)АД筌鵐偉─Ы鎮得係数:弾性を与える力
(ウ):IFケーブル
(エ):SZ撚り

(2)(i)
仝:波長は規格で決まっている
誤:OTDR:試験光入射し折り返し時間で距離を測定
8:測定時の光補正は必要
だ:B-OTDR:

(2)(ii)

(3)(i)
仝:
誤:
8:
だ:

(3)(ii)
A誤:
B誤:
C正:

問4


(1)
(ア)せ慊蠍共機関:災害対策基本法における公共的事業を営む法人
(イ)中央防災会議:防災に関する基本的な計画を策定する会議
(ウ)防災業務計画:防災に関する基本的な計画に関する業務
(エ)ネダ菘渡辰らの発信を優先して扱う

(2)(i)
仝:温予備→ホットスタンバイ:待機系が起動されている状態で接続されている状態
誤:冷予備→コールドスタンバイ:待機系が起動されていない状態で接続されていない状態
正:
じ:m/n冗長:n個のうちm個が正常動作すれば全体が正常動作
ジ:部分冗長:

(2)(ii)
\:フォールトトレランス
∪:フォールトマスキング
正:フォールトアボイダンス
だ:安全寿命設計
ジ:フェールソフト→フェールセーフ

(3)(i)

(3)(ii)

問5

(1)
(ア)ソ衢物:フェリカカードなど
(イ)┗並垣
(ウ)マニューシャマッチング:指紋形状の特徴位置関係が一致するかどうかを確認
(エ)他人受入率:本人拒否率とあわせて判定閾値を設定

(2)
A正:氏名、防犯カメラ画像は個人情報に該当
B正:個人情報の利用目的は具体的に開示
C誤:外部委託先の公表は必須ではない

(3)
\:
∪:
8:トンネルモードとトランスポートモードはIPSecのモード名であり、送信ドメイン認証とは無関係
だ:OP25B

(4)
仝:建設発生土:廃棄物処理法に規定する廃棄物には該当しない
http://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/region/recycle/f...
誤:産廃許可は都道府県が行う
正:電子マニフェストもある
じ:60日以内にマニフェスト発行
http://www.jwnet.or.jp/waste/knowledge/manifest.ht...

(5)
仝:ヒヤリハット:手順外作業
∪:TBM:作業前ミーティング
8:KY:トップダウンではなくボトムアップ
じ:説明は整理ではなく整頓

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら
「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

伝送交換

線路主任技術者

どなたでも編集できます