履行の本は項目毎の仕分けや図式がないのとドライな解説と膨大な過去問しか出してないので参考書ではない。そこで!参考書は自分で作ろうということで、有志みんなで作る最強の解説wiki!

平成27年第2回
試験種別:線路
試験科目:通信線路



問1

(1)
(ア)J布、(イ)伝搬、(ウ)減衰、(エ)位相

(2)
(i)
\機
誤:奇数回の反射により送端側に戻る波は、逆流。
正:
だ機

(ii)
仝蹇電磁結合の漏話に対する影響は小さく、静電結合が支配的である。
誤:漏話減衰量は小さい。
正:
じ蹇Я端側に生ずる漏話は、近端漏話。
   受端側に生ずる漏話は、遠端漏話。

(3)
(i)
\機
誤:位相変化量は、2πの整数倍になる。
8蹇Д癲璽疋侫ールド径は、1/e^2になるところの直径をいう。
じ蹇Д櫂▲愁麒布 → ガウス型

(ii)
A正:
B正:
C正:

問2

(1) ア:Ф折率 イ:反射 ウ:ぅラッド
   エ:娃錬腺庁諭Optical add-drop multiplexer、光分岐挿入装置)

(2)
(i)
A誤:レイリー散乱損失は、波長の4乗に反比例する。
B正:
C正:

(ii)
仝蹇В味釘弔諒が、結合損失は大きい。
∪機
8蹇
 発光素子と光ファイバの結合の際に、レンズや光ファイバが数[μm]ずれただけで大きな損失を生ずることがあるため、高信頼性が要求される光モジュールを構成する部品の固定には、YAGレーザを用いた溶接技術が用いられている
じ蹇分散特性 → 回折現象

()
\機
∪機
正:
じ蹇Ф折率は光強度に比例して変化するため、媒質中で光の位相速度が変化する現象

()
A誤:非線形散乱 → 誘導散乱
B正:
C誤:後方散乱光のみ → 前方散乱光と後方散乱光

問3

(1) ア:┘泪ぅロベンド イ:▲織ぅ函.ΑЛ浸水 エ:OH基

(2)
(i)
A 正
B 正
C 誤 非線形光学 → 分散

(ii)
誤 内層には柔らかい被覆、外層には硬い被覆が施されており、硬い外層被覆は、しごきや側圧などの外圧から光ファイバを保護する機能がある
誤 4テープごとに撚り合わせて一束に集合し、 → 重ね合わせ、
誤 2% → 0.2%


(iii)

誤 コア調心方式 → 固定V溝調心方式



(iv)
A 誤 筋が消えるまで再加熱を行う → 融着した心線を切断し、再接続を行う必要がある
B 誤 軸ずれが発生する場合、光ファイバのずれや切断面不良のおそれがあるため、光ファイバカッタを点検し、融着した心線を切断し、再接続を行う必要がある
C 誤 気泡が発生する場合、光ファイバのずれや切断面不良のおそれがあるため、光ファイバカッタを点検し、融着した心線を切断し、再接続を行う必要がある

問4

(1) ア:レイリー散乱 イ:ぅ侫譽優詒深諭.ΑЛセ間 エ:長い周期

(2)
(i)
仝蹇
誤:繰り返し間隔を短くする → パルス幅を広くする
8蹇反射測定デッドゾーン・・・フレネル反射のピークレベルから1.5[dB]での幅
   損失測定デッドゾーン・・・光コネクタ接続箇所からフレネル反射の影響による応答波形で、真値から±0.5[dB]以下のレベルの箇所までの接続損失などが測定できない幅
だ機

(ii)
A正:
B誤:信号光より長波長の試験光を用いる
C正:

()
\機
誤:光のパワー → 光の振幅
正:
だ機

()
A正:
B誤:位相法は「波長の異なる複数の光源」を用いて、被測定光ファイバーを通過する際の各波長における光信号の位相変化量から波長分散値を求める方法
C誤:OTDR法は、被測定光ファイバの片方の端から複数の異なる波長の光パルスを入射し、遠端で反射したそれぞれの異なる波長の光の戻ってくるまでの時間差を測定


問5

(1) ア :HS イ: 支持線 ウ:PVC電線保護カバー エ:ノッチ

(2)
(i)
誤 陰極 → 陽極




(ii)
A 正
B 正
C 正

(iii)
誤 ジーベック効果 → 電位差

誤 防食電流 → 腐食電流
誤 などでは対応できない → などで対応できる


(iv)
(0.3*30^2) / (8*0.25)
=135

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

伝送交換

線路主任技術者

どなたでも編集できます