履行の本は項目毎の仕分けや図式がないのとドライな解説と膨大な過去問しか出してないので参考書ではない。そこで!参考書は自分で作ろうということで、有志みんなで作る最強の解説wiki!

平成28年第1回
試験種別:線路
試験科目:通信線路



問1

(1)
(ア)F過波、(イ)0.2、(ウ)無限大、(エ)入射波と同位相で

電圧反射係数は、(Z1-Z0)/(Z1+Z0)

(2)
(i)
A 正:
B 正:
C 正:

(ii)
誤 電磁的結合:誘導回線の電流の大きさに比例 静電的結合:誘導回線の電圧の大きさに比例




(3)
(i)


誤 光の平面波が均一な媒体中を伝搬する場合には、光信号の群速度は光の伝搬速度と等しく、一般に、群速度と位相速度との積は媒質中の光の伝搬速度の2乗に相当する


(ii)
誤 ファラデー効果 → 光カー効果

誤 音響的 → 光学的
誤 光の波長がゼロ分散波長近傍であれば、四方波混合が発生しやすい

問2

(1) ア:伝搬速度 イ:モード分散>>材料分散>構造分散 ウ:ぃ院殖押.─ЛMHz・km

(2)
(i)
誤 ブリュースター角 → 臨界角
誤 ファラデーの法則 → フレネル反射

誤 レンズのNAが光ファイバのNAを超えないようにしなければならない

(ii)
誤 符号誤りは累積する
誤 識別再生のみ → 等価機能のみ
誤 1,3[μm]又は 1.55[μm] → 0.98[μm]又は1.48[μm] 


(iii)
A 誤 レイリー散乱 → 屈折や回折
B 正
C 正

(iv)
A 誤
α=10log(Po/Pr)
B 正
C 正

問3

(1) ア:ど箙羇峇馨帖.ぁЛ|碓譟.ΑЛ⊇限する エ:VCSEL

(2)
(i)
誤 外部変調方式は、 → 直接変調方式は、
誤 SN比が劣化し、 → 波長が広がるため
誤 ブラッグ波長 → 光の位相


(ii)
誤 アバランシホトダイオード(APD) → サーミスタ




(iii)


 百波程度を多重するCWDM → 十数波程度を多重するCWDM
 十数波程度を多重するDWDM → 百波程度を多重するDWDM

誤 WDMとTDMが逆に記載

(iv)
A 正
B 正
C 誤
フレネル反射 → ブラッグ反射

問4

(1)ア:250 イ:UV硬化型樹脂 ウ:Дプセル エ:水走りを防止

(2)
(i)
\機
∪機
正:
じ蹇Д好リーニングを行った後、熱収縮スリーブなどで補強する。

(ii)
A正:
B誤:メカニカルスプライスは、単心専用
C正:

()
\機
誤:強化ガラス → ジルコニア
8蹇А孱峭卒霹諜擇咼侫.ぅ丱ランプにより位置ずれなく結合し固定する構造」は、融着接続の説明
じ蹇発生することはない → 発生する

()
A正:
B正:
C誤:コア方向 → クラッド方向




問5

(1) ア:ぅ謄鵐轡腑鵐瓮鵐弌.ぁЛスロットロッド ウ:側圧 エ:中間後分岐

(2)
(i)



誤 2[%] → 0.2[%]


(ii)


誤 直接接続は、 →  スロット無切断中間分岐接続


(iii)
A 誤 SN比は損失により劣化し、波形歪は分散により増大する
B 誤
C 正

(iv)
500[N] + 100[m] * 0.7[kg/m] * 10[m/s^2] * 0.5 = 850[N]

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

伝送交換

線路主任技術者

どなたでも編集できます