履行の本は項目毎の仕分けや図式がないのとドライな解説と膨大な過去問しか出してないので参考書ではない。そこで!参考書は自分で作ろうということで、有志みんなで作る最強の解説wiki!

問1 次の問いに答えよ。

(1) 次の文章は、GE-PONシステムの概要について述べたものである。(ア)〜(エ)に最も適したものを、下記の解答群から選び、その番号を記せ。

 1心の光ファイバを光受動素子である光スプリッタを用いて分岐することにより、1心の光ファイバに複数のユーザを収容する光アクセスシステムは、PONシステムといわれる。
 PONシステムは、データ転送の単位となるフレームの形式や伝送速度の違いなどにより分類され、そのうちの一つであるGE-PONシステムは、1心の光ファイバによりLANで一般的に用いられているイーサネットフレームをそのままの形式で、最速で(ア) の伝送速度により送受信することが可能である。
 GE-PONシステムでは、設備センタのOLTからユーザ宅のONU方向への下り信号の伝送には、複数のユーザの信号を多重化するため(イ) 技術が採用されている。また、上り信号と下り信号を1心の光ファイバで同時に送受信するためWDM技術が用いられている。
設備センタのOLTからユーザ宅のONU方向への下りフレームは、同一のものが放送形式で当該OLT配下の全てのONUに到達するため、各ONUは、自分宛のフレームであるか否かを(ウ) といわれる識別子により判断して自分宛のフレームのみを取り込み、他のONU宛のフレームを廃棄している。
 さらに、GE-PONシステムでは、伝送帯域を有効活用するため、一般に、上り信号の帯域を動的に制御しており、各ONUは要求する帯域をOLTへ通知し、OLTが各ONUに帯域を割り当てる(エ) といわれる機能が用いられている。
<(ア)〜(エ)の解答群>
(1) 10Mbit/s
(2) FDM
(3) 識別再生
(4) 100Mbit/s
(5) DBA
(6) SDM
(7) 1Gbit/s
(8) CDM
(9) レンジング
(10) 10Gbit/s
(11) DMT
(12) TDM
(13) SSID (Service Set ID)
(14) EUID (Effective User ID)
(15) PSID (Physical Security ID)
(16) LLID (Logical Link ID)
解答
(ア)(7) 1Gbit/s
(イ)(12) TDM
(ウ)(16) LLID (Logical Link ID)
(エ)(5) DBA

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら
「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

伝送交換

線路主任技術者

どなたでも編集できます