履行の本は項目毎の仕分けや図式がないのとドライな解説と膨大な過去問しか出してないので参考書ではない。そこで!参考書は自分で作ろうということで、有志みんなで作る最強の解説wiki!

平成29回第2回
試験種別:線路
試験科目:設備管理

問題?
解答?


問1

(1) ア: PDS、イ: 15、 ウ:1.49、 エ: ファイバーグレーティング

(2)
(i)
  Ц蹇‘蛎里硫硬戮高くなると抵抗値は上昇する。
 ◆Ц蹇SSケーブルは風圧を受ける面積が大きいのでダンシングが起き易い。
     ※SSケーブルでもダンシングを抑制したSSWというケーブルがあります。
      SSWのWはウィンドウの意味で、支持体とケーブルのつなぎ目にスリット(窓)を開けてそこから風を逃がす構造です
 :誤 メタル心線は、0.4 0.5 0.65 0.9mmの4種類が主に使われています
 ぁЮ
(ii)
 A:誤 近端漏話と遠端漏話の説明が逆
 B:正
 C:誤 星型カッドは4心を一括して撚った構造です
(iii)
  Ц蹇^曚覆訖歓瑤離董璽廚混在するケーブルは無いです。
 ◆Ц蹇ゝ杰絅董璽廚魎いたのはWB(ウォーターブロック)ケーブル。難燃性外皮はFR(ファイヤーレジスタント)ケーブルです
     ちなみにIF(インダクションフリー)は無誘導ケーブルです
 :正
 ぁЦ蹇FRPではなくアラミド繊維?
(iv)
  Ц蹇”濱濟の曲げ半径(およそ20倍)>固定時の曲げ半径(およそ10倍) の関係です
 ◆Ц蹇/び率は0.2%
 :誤 撚り返し金物が出てくるのは架空敷設のはなし
 ぁЮ


問2

(1) ア:て始占用許可 イ:中だるみ ウ:床板の下 エ:圧延鋼桁
http://www.ansl.ntt.co.jp/j/times/078/01/01.html

(2)
(i)
  Ц蹇‘始管理用光ファイバを収容するのは「情報BOX」
 ◆Ю
 :正
 ぁЮ
(ii)
  Ю
 ◆Ю
 :誤 無電柱化ガイドラインによれば、自治体管路方式の費用負担は「管路設備の材料費及び敷設費を地方公共団体が負担し、残りを電線管理者が負担」と書かれています
 ぁЮ

(3)
(i)
  Ц
 ◆Ю
 :誤
 ぁЦ
(ii)
  Ц
 ◆Ц蹇
 :誤
 ぁЮ

問3

(1) ア: 光合分波器、イ: 20、 ウ:Ε▲疋疋蹈奪廖 エ: ゼロ分散波長
(2)
(i)
  Ю
 ◆Ю
 :誤 浸水検知モジュールは曲げ損失を発生させて浸水点を知らせるが、「破断」まではしない
 ぁЮ
(ii)
 A:正
 B:誤 ダイナミックレンジは関係ない
 C:正
(iii)
  Ц蹇‖仂噺は波長1.65μmを使用
 ◆Ю
 :誤 片通話にはならない
 ぁЦ蹇_鳥觚源は直視すると失明します
(iv)
  Ю
 ◆Ц蹇FRPでは役にたたない。HSケーブルを使う
 :誤 
 ぁЦ蹇/汗の取り出しやすさは考慮していない

問4

(1) ア: 計画ー実施ー評価ー改善 、イ:だ在的危険性、 ウ:安全衛生目標、 エ:安全衛生委員会
(2)
(i)
  Ц蹇〇愎関数
 ◆Ц蹇仝両禹期は予測できない
 :誤 IFRの説明です。
 ぁЮ
(ii)
  Ю
 ◆Ю
 :誤 ・・・稼働時間の和に含める
 ぁЮ
(iii)
 :5
 АВ押ィ

問5

(1) ア:哀屮襦璽肇侫ース攻撃 、イ:ダ伴綫、 ウ: 管理者権限、 エ:SQLインジェクション
(2)
(i)
  Ю
 ◆Ц蹇ヽ杏瑤鉾詁燭垢詆要はない。むしろ「我々はこういう方針でやってます」とアピールしてもいい
 :正
 ぁЮ
(3)
 A:正
 B:正
 C:誤 フィッシング詐欺(フィッシングサイト)の説明。※スキミングはクレジットカードなどの情報を物理的にコピーして盗むこと
(4)
  Ц
 ◆Ц
 :誤
 ぁЦ蹇_縞許容限界を下回る時は工程が遅れている。上方許容限界を上回る時は工程が進んでいる
 ァЮ
(5)
  Ц 運搬については産業廃棄物収集運搬業者等と、処分については産業廃棄物処分業者等と、それぞれ個別に直接契約すること。となっています
 ◆Ц蹇 ̄身其伴圈中間処理業者、最終処分業者、それぞれの処理状況を確認しないとならない
 :誤 距離10kmではなく50km。埋め立て処分ではなく縮減
 ぁЮ

このページへのコメント

問1の(2)の(vi)の
撚り返し金物が出てくるのは架空敷設とありますが、地下幹線における敷設方法においても撚り返し金物は有効では。
◆住友電工
www.optigate.jp/basic/important.html
等、参照。
本設問の誤要素は『布設張力が…。』であり、許容張力を超えるような工法自体が不適当では。地下管路の途中で8の字を書くのもどうかと思います…。

0
Posted by 素人エンジニア 2018年09月24日(月) 11:51:51 返信

問1の(2)の(iii)の
ノンメタリック抗張力体として、
G-FRP:ガラス繊維強化プラスティック線
A-FRP:アラミド繊維強化プラスティック線
があり、誤要素として、アラミド繊維を掲げているのは違うと思います。
『ヤング率が鋼線の4倍程度の』が、削除されるか、『ヤング率が鋼線と同等の』が誤要素だと思うのですが…。

0
Posted by 素人エンジニア 2018年09月18日(火) 20:04:54 返信

0
Posted by 名無し(ID:HwMpyIFwIA) 2018年05月07日(月) 01:16:57 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

伝送交換

線路主任技術者

どなたでも編集できます