ゲームの作り方。フリーゲームや販売ゲームを作りたい人に向けて、開発方法や無料ゲーム素材屋リンク集など。

ノベルゲームツール・ティラノビルダー PRO
ゲームの中では最も容易に作成できる。ただし、他人からゲームではないと判断されるケースも想定する事。
なお、容易の意味は既に物語がある場合に、その物語をゲームとして再現するために必要な技術に対して。
物語その物を書けない人が容易に実現できるという意味ではない。

ノベルゲームの別名として、サウンドノベルやビジュアルノベルがある。同人で使うには好きな主張でいい。
しかし、実際にはサウンドノベルやビジュアルノベルという名称は商標登録という非道な事がされており、個人事業の延長で法人化した場合には、うまく使って欲しい。

ノベルゲームの定義

文字の表示領域は画面全体が基本。立ち絵やスチル(シーン絵)が無い作品でも成立。
選択肢がないノベルは、誰がプレイしてもクリアできる事を意味し、既にゲームではない事を心して欲しい。
アドベンチャーゲームとサウンドノベルとの違い

3つの要素

以下の3つは独立している。ただし、実際にゲームとして評価されるのは物語展開や台詞。
物語展開+台詞を重視するとシナリオ重視という話になる。
要素解説
物語展開ストーリーの面白さ
台詞キャラクターの発する言葉
小説的表現語彙の豊かさや巧みな表現

ゲームとしては肩身が狭い?

ゲームを評論する人の中にはアドベンチャーゲームその物を軽視する人がおり、更に軽視されるのがノベルゲームとなる。
ゲームには小説的表現なんて要らないのが常道だからだ。
クリエーターの目から見ても、ノベルゲームしか作れないと技術力を軽視される傾向にある。
RPGだってSRPGだって、物語やキャラクターを見せたいという心理は同じだからだ。

ノベルゲームは、作り込むといっても物語だけに非常に偏る事になり、過小評価されやすいので注意!
かと言って、グラフィックにこだわり美少年や美少女ばかりを登場させると、ギャルゲや乙女ゲ扱いされ、ますます正当な評価から遠ざかる。
特に小説的表現に力を入れる行為は徒労に終わる。せめてシナリオ(キャラクターや物語展開)の強化の方が評価されやすい。
RPGなどと比べてハンデを背負っている事を忘れないようにしたい。

開発ツールの選定

アドベンチャーゲームの開発ツールを選択しがちだが、RPGの開発ツールでも問題なく作れる。
フラグの管理なども、RPGの開発ツールだと標準装備となる。
RPGのツールだともう1ついい事がある。その気になれば、すぐにRPGみたいなゲームを作れる事だ。
脱出AVGやフィールド移動推理ゲームなども、ツールの変更無しに実施可能だ。

開発で使うコマンド

メッセージ表示
画像表示、画像移動
音楽再生
ルート管理 …… どの選択肢を選んだかのフラグ制御
セーブロード …… ゲーム開発ツールに標準装備

以上でノベルゲームは作成できるので、複雑な処理は習得しなくて良い。

サウンドシナリオというジャンル

シナリオライターがビジュアルストーリーを作る場合、小説的表現ではなく、物語展開や台詞などを見てもらいたいという場合がある。
ゲームとしての構成はサウンドノベルと変わらないが、出て来るメッセージには小説的表現はほとんど無い。
文字の領域は画面全体を占領する事はなく、顔絵や立ち絵、スチル(シーン絵)などを強調する。
純粋なアドベンチャーゲームと似たメッセージ表現となる。

同人ビジュアルストーリー実例

タイトル備考
怪盗ラフィンサウンドシナリオ、15禁
ひとかたノベルゲーム、元は18禁だが全年齢に
TRUE REMEMBRANCEサウンドノベル、ゲーム性は一切無し

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます