2ちゃんねる既婚女性板(通称・鬼女板)最強のスレッドを、まとめる場所です。 皇室ニュースの理解にも役立つことを目指しています。 管理人はドス子の事件簿と同じです。 また、コンテンツの充実には有志の住人に多大に協力頂いております。 2009/1/29、「ドス子」の意味がよくわからないという声があるようですので、試みに補足として(皇太子妃雅子殿下の事件簿)と追加させていただきました。

◆両陛下画像集(1934年〜1989年)

御成婚以前
昭和8年(1933年)12月23日、昭和天皇と香淳皇后の五番目の子供・初の男児として、継宮明仁親王殿下(=今上陛下)ご誕生。
参考ようつべ:今上天皇の生い立ち ttp://www.youtube.com/watch?v=E026ZJe6lnE

1933年12月29日 宮内庁告示として公式文書に残された継宮明仁親王殿下ご誕生の記録
1933年12月29日 新宮の命名の儀を祝い、櫓太鼓を先頭に日の丸の大旗を掲げて両国国技館から宮城前まで奉賀行進する大日本相撲協会の力士勢や役員
1933年12月29日 新宮ご誕生、命名の儀を祝い、宮城前広場で日の丸の大旗を振って頭を下げる大日本相撲協会の役員や横綱ら関係者
1934年2月頃 生後2ヶ月の継宮明仁親王殿下。昭和天皇・香淳皇后との間に4人続いた女児の後に生まれた男児であった / 同継宮明仁親王殿下お写真
1934年2月 生後満2カ月の継宮明仁親王殿下=1934年2月、宮内庁提供
1934年2月23日 継宮明仁皇太子殿下ご誕生の内宴で配られた犬張子形の銀製ボンボニエール
継宮明仁親王殿下ご誕生記念、犬張子の銀製ボンボニエール画像
昭和天皇・香淳皇后から贈られた、明仁皇太子殿下の御台人形「橘の馬」
1934年3月 継宮明仁親王殿下写真
1934年3月 同上時期と思われる宮内省発表の「皇太子継宮明仁親王殿下御尊影」/同・元画像
1934年 母上である皇后陛下に抱かれている継宮殿下 / 母香淳皇后に抱かれている継宮殿下の表情
乳母車に乗って昭和天皇・香淳皇后に見守られる継宮明仁親王
1935年夏頃撮影か、昭和天皇・香淳皇后と子供達
1935年10月8日 <皇太子殿下初めて拝する御ひろひ姿>掲載誌不明モノクログラビア記事、葉山御用邸へ移動途中、白い着物姿で女性養育掛と手をつなぎ歩いている継宮明仁親王
1935年10月8日? 白いお着物姿で女官らが付き添っている2歳頃の継宮殿下LIFE画像。慣例に従い女児同様のおかっぱ頭である
1935年12月23日 継宮明仁親王満2歳のお誕生日、白いお着物姿。3歳を迎える前は色つき着物は身に着けない風習による
1935年12月23日 第二回の御誕辰を迎へさせられた皇太子殿下―宮内省御貸下の御近影―
1935年撮影か、継宮殿下と袿袴姿の姉宮たち
1936年前半頃? 昭和天皇ご一家。麻の葉模様の和服をお召しの継宮明仁親王
1936年12月23日 継宮明仁親王3歳のお誕生日、「黒紅御縫御服」姿で子供用椅子に着席の図
参考:3歳誕生日の「黒紅御縫御服」継宮明仁親王1936 (S11)/浩宮徳仁親王1963 (S38)/秋篠宮悠仁親王2009 (H21)
約束事のあるお祝いの柄だと分かる。悠仁親王殿下については新調された御着物らしい。→【御地赤】参照
撮影時期不明 葉山の海岸で愛犬と遊ばれる継宮明仁親王殿下
撮影時期不明 手にした植物?を仔細に観察される継宮明仁親王殿下
1936年12月 昭和天皇ご一家。左から継宮殿下、昭和天皇、照宮殿下、順宮殿下、香淳皇后と義宮殿下、孝宮殿下
1937年 夏、葉山にて撮影された映像より、白い洋服に白い帽子姿の継宮殿下3歳半頃
1937年12月5日 赤坂離宮東宮仮御所にて、セーラー服・半ズボンをまとい、積木遊びをされる継宮明仁親王4歳お誕生日画像
1937年12月 葉山御用邸に向かうお召し列車の窓に腕をかけた和服姿で、やや不安げな表情の継宮明仁親王4歳前後
1938年5月5日 赤坂離宮の東宮仮御所にて執り行われた、継宮明仁親王(当時4歳5ヶ月)着袴の儀着袴の儀
1938年5月5日 同上、継宮明仁親王(当時4歳5ヶ月)着袴の儀。童直衣の上に穿いた白絹の袴は、昭和天皇からの贈り物、檜扇を手にしている
1938年5月5日 昭和13年5月5日に行われた「着袴(ちゃっこ)の儀」にあたって、昭和天皇、香淳皇后から贈られた「落瀧津文様御服(おちたきつもんようのおんふく)」(振り袖)をお召しになった継宮明仁親王殿下
1938年5月5日 継宮親王着袴の儀、お召し物カラー画像もあり
左:継宮明仁皇太子殿下がお召しになった「落瀧津文縫取(おちたきつもんぬいとり)」/右:1938年5月5日「落瀧津文縫取」をお召しになり、着袴の儀に挑まれる前の継宮殿下
刺繍のついた付け紐があり、これで結んでいることが分かります。民間では、この付け紐は7歳の祝いで外し、別紐や伊達締めを結び、大人と同じ帯(幅や長さは短い)を締めます。継宮殿下は襪(しとうず)をお履きです。
参考:着袴の儀 継宮殿下・義宮殿下・浩宮殿下・礼宮殿下・紀宮殿下
1938年6月14日 継宮明仁親王殿下4歳6ヶ月、初の社会見学で恩賜上野動物園をご訪問。檻越しに猛獣をご覧になる。手をつないでいるのは皇后宮養育掛女官の伊地知ミキ
1938年6月14日 上野動物園をご訪問、金網から身を乗り出して水鳥を観察なさる継宮明仁親王(4歳6カ月)。傍らで見守っているのは御養育掛の伊地知ミキ
撮影時期不明 オカッパ頭の継宮殿下。このオカッパを小学校入学を控え睡眠中に無断で坊主刈りにされ「宮のいやなことは、これからだまってしないでね…」(光文社『天皇家のユーモア』より)
撮影時期不明 木馬で遊ばれ笑顔の継宮殿下
撮影時期不明 玩具の車で遊ばれる継宮殿下
1938年10月 三輪車で遊ばれる継宮
1939年2月8日 砂場遊びをされる継宮明仁親王殿下5歳2ヵ月
1939年7月4日 夏のご静養で葉山御用邸に向かうため、東京駅から特別列車に乗られる白いセーラー服姿の継宮明仁親王殿下5歳6ヶ月
1939年8月 日光田母沢御用邸に滞在中、日光植物園を散策する継宮明仁親王殿下=1939年8月、宮内省(当時)提供
1939年8月 飼っている小鳥を籠から出して観察される継宮
撮影時期不明 自転車で遊ばれる継宮殿下
1939年12月 セーラー服にタイツ姿の継宮明仁親王殿下6歳
1940年1月 新年の晴れ着姿の継宮明仁親王殿下
1940年4月 継宮さま学習院初等科ご入学
1940年4月 同上継宮殿下学習院初等科ご入学
1940年4月10日 学習院初等科へご入学、校門で恐らく警備員相手に敬礼をする継宮殿下
1940年11月12日 学習院初等科1年生の時に迎えられた「紀元二千六百年奉祝会」の日、学校での記念樹の奉祝植樹式に臨むため登校、校庭を担任教授の秋山幹と並んで歩く継宮明仁親王殿下
1941年 天皇ご一家
1941年夏 学習院初等科第2学年の夏、泳ぎの手解きを受けるため沼津御用邸に滞在、邸裏の崖下にある島郷海岸(静浦海岸)で和船に乗った7歳の継宮明仁殿下。黒い海水着の上に白帷子風の学習院制定水着を着て、鍔広の麦藁帽子を被っている 
1941年夏 同上沼津御用邸の西付属邸に静養のため滞在、邸の崖下の静浦海岸で水練に励む継宮明仁親王殿下
1941年11月3日 明治神宮競技場にて、高松宮妃喜久子殿下とともに国民体育大会を台覧される継宮明仁親王殿下7歳11ヶ月 
1941年12月7日 昭和天皇ご一家。9歳直前の継宮明仁親王殿下
1942年12月23日 白馬に乗って撮影された継宮明仁親王殿下9歳のお誕生日画像
1944年5月4日・5日 学習院初等科5年のご学友らとともに、武神を祀る鹿島・香取両神宮に戦勝祈念の参拝をされる継宮明仁親王殿下
1945年4月 日光田母沢御用邸付属邸に疎開、初等科のご学友らとともに上半身裸になって体操される継宮明仁親王殿下。初等科のご学友らの宿泊先は日光金谷ホテルで、授業は同ホテルで行われた
1945年 疎開先の日光にて、終戦直前の頃の継宮明仁親王殿下
昭和20年(1945年)8月15日、終戦。
『別冊女性自身 ご成婚10周年記念家庭保存版 皇室と昭和の秘録/大写真集』昭和44年4月1日発行<陛下、あのお言葉を忘れません>記事
私は11才の皇太子殿下の剣道のお相手をいたしました
信国鉄蔵さん(80才) 元皇太子殿下内舎人(うどねり)
少年時代の皇太子殿下
 剣道のお相手をしたのは終戦の年の夏。殿下のご上達ぶりには驚くばかりでした。剣道ではとくに胆(はら)が大事ですといつもお教えいたしました。
 そして敗戦の当日、殿下は「信国(のぶくに)、日本は科学がだめであったね」と沈んだ面持ちです。
 私はどうお慰めしようもなかったが「東宮さま(皇太子殿下)、信国がいつも申し上げている肚はこういうときのためでございます」と申し上げると、殿下は「しっかりするよ」と深くうなずかれました。
1945年10月 終戦後もしばらく日光田母沢御用邸付属邸に疎開されていた頃の継宮明仁親王殿下とご学友ら 
1945年12月 赤坂御所前でアメリカの新聞記者がパパラッチした初等科六年生の明仁親王。前月11月に学習院初等科第6学年の集団疎開先の奥日光から戻っていた。後日宮内庁から殿下がこの写真をご所望という申し出があったらしい
1945年12月 継宮明仁親王殿下12歳お誕生日用画像。学習院初等科のご学友と滑り台で遊ばれる
1945年 初等科の図画工作の時間、はさみで方眼紙を切り工作している継宮明仁親王殿下12歳(裏焼き画像修整済み)
1945年頃? 時代を感じさせる古めかしいデザインの野球グローブを左手にはめ、キャッチボールをしている継宮明仁親王殿下
1946年(昭和21年)1月1日 明仁親王小学校六年の書初め「平和國家建設」
1946年1月 学校から帰って御所の庭でニワトリに餌をやる継宮明仁親王殿下
1946年1月 私服で自転車に乗り赤坂御料地の東宮仮御所近くを走る継宮明仁親王殿下
1946年1月 学習院初等科で授業を受けられる明仁親王殿下
1946年1月 学習院初等科ご卒業を間近に控えた頃の継宮明仁親王殿下(よみうり写真館)
1946年2月 新聞をご覧になる天皇陛下と継宮殿下
1946年 学習院初等科教室内での継宮明仁親王殿下
1946年頃 学習院初等科制服姿、カメラを斜め掛けして庭園を歩く継宮明仁親王殿下
1946年3月 学習院初等科卒業式の後、記念の催し物をご覧になっている明仁親王(手前)
1946年7月24日 沼津御用邸近くの海岸で海水浴を楽しまれる継宮明仁親王殿下
1946年7月 夏のご静養、沼津御用邸近くの海岸を、愛犬を連れて散歩される麦藁帽子姿の継宮明仁親王殿下
1946年7月29日 梅雨晴れのなか、学習院中等科のある武蔵野を香淳皇后、義宮殿下とともに散策する継宮殿下=1946年7月、東京都北多摩郡小金井町(現小金井市)
1946年10月 明仁親王と英語教師のヴァイニング夫人
1946年10月 学習院中等科にて英語の授業を受けられる明仁親王とヴァイニング夫人1
1946年10月 学習院中等科にて英語の授業を受けられる明仁親王とヴァイニング夫人2 隣の席にいる少年は橋本明氏である
1946年10月30日 学習院中等科のご学友と行進する12歳10ヶ月の明仁親王
1946年11月16日 砂かぶりで興味深く大相撲秋場所をご覧になる明仁親王殿下
1946年12月 卓球をされる学習院中等科時代の明仁親王。学習院輔仁会中等科卓球部主将(委員長)も務める
1947年3月 列車で関西旅行に向かわれる明仁親王
1947年3月9日 学習院中等科の関西旅行、奈良・法隆寺にて百済観音をご覧になる継宮明仁親王殿下
1947年3月10日 学習院中等科の関西旅行、京都宇治の萬福寺にて、木魚の原形である開梆(かいばん/魚梆)の前で住職の説明をお聞きになる継宮明仁親王殿下
1947年3月 旅行で京都を訪れた明仁親王
1947年頃? 「高雄型巡洋艦の模型」を手にしてあどけない笑顔を見せる継宮と義宮のお二人。叔父上にあたる高松宮殿下が巡洋艦高雄の分隊長をしていた縁でいただいたものかもしれない
1947年頃の昭和天皇ご一家。左から厚子内親王、正仁親王、昭和天皇、貴子内親王、香淳皇后、和子内親王。写真に写っていない明仁親王が撮影したと思われる
1947年4月3日 神宮競技場(明治神宮外苑競技場、国立競技場の前身)貴賓席にて、第1回東西対抗戦サッカーをご覧になる昭和天皇と継宮殿下。中央で解説しているのは、日本蹴球協会副会長の田辺五兵衛氏(当時田辺製薬株式会社社長。のちに日本サッカー殿堂入り)。この天覧試合での賜杯がきっかけとなり、後の「天皇杯全日本サッカー選手権大会」へとつながった
1947年頃 御所の庭でボールを蹴る継宮明仁親王殿下
1947年5月28日 中等科2年、学友たちが見守る中、初めてテニスをなさる継宮明仁親王殿下
1947年頃、当時少しぽっちゃりしていた明仁親王。学習院のグラウンドで
1947年頃、学習院にて、寒天培地をルーペで観察なさる明仁親王殿下
1947年8月30日 那須御用邸に滞在中、曝陽亭で撮影された記念写真。香淳皇后に御髪を直され思わず笑顔がこぼれた昭和天皇、隣に継宮・義宮らお子様方も。右上のキャプションに「昭和21年」とあるのは「人間宣言」についてのもので、写真撮影時期とは異なる
1947年10月30日 図版入りの本をご覧になる明仁親王殿下
1947年10月30日 同上那須御用邸でご静養の天皇ご一家
1948年頃 継宮明仁親王殿下とヴァイニング夫人
1948年頃 にっこりと笑みを浮かべた継宮明仁親王殿下
1948年4月13日 京都大学白浜水族館に皇太子殿下ご来訪、標本を前に説明している左手の人物は、当時の実験所所長・宮地伝三郎教授
1948年5月 小金井仮寓所でスクーターに乗る明仁親王
比較:同じくスクーターがお好きだった昭和天皇
1948年 柱を背にして立つ明仁親王ポートレート
1948年 御所の庭で陽射しを浴びた明仁親王ポートレート
1948年 学習院の制帽をかぶり木に寄りかかった継宮明仁親王殿下ポートレート
1948年 学習院の制帽をかぶった継宮明仁親王殿下のやや下からのアングルによるポートレート
1948年 米軍関係者と握手される継宮明仁親王殿下と義宮正仁親王殿下
1948年 学友らとともに工場の作業場を見学?されている継宮明仁親王殿下
1948年 庭にたたずむ制服・制帽姿の明仁親王
1948年9月18日 隅田川花火大会をご覧になる(手前から)孝宮殿下、継宮殿下、義宮殿下、清宮殿下
1948年10月17日 学習院中等科3年の秋、小金井校舎の運動場で開催された運動会で、騎馬戦競技に騎手として額にハチマキを締め、級友の作る騎馬に乗って出場された継宮明仁親王殿下
1949年 明仁親王と祖母・貞明皇太后
1949年10月 メジャーリーグ3Aサンフランシスコ・シールズが戦後初来日で親善試合。フランク・オドール監督と握手をされる継宮殿下と義宮殿下
1949年12月26日 16歳を迎えられた継宮明仁親王殿下 弓道をたしなまれるご様子
1950年 昭和天皇ご一家
1950年1月 学習院高等科第1学年在学時、初のスキー練習のため長野県・志賀高原を訪れ、日本スキーの草分け猪ケ谷六合雄(猪谷六合雄)氏の指導を受けながら熊ノ湯へ向かう継宮明仁殿下 
1950年 乗鞍岳にご登頂、帽子にネクタイ、スニーカー姿の皇太子殿下
1950年ごろ 新聞を読む昭和天皇と明仁親王、明仁親王は16歳の誕生日に贈られたプレイドスーツ姿で訪問
1950年2月 大宮御所にて、祖母の貞明皇太后、義宮正仁親王と
1950年8月 警備や登山関係者との記念写真におさまられた皇太子殿下(中央)=1950年8月、乗鞍岳山頂
1950年9月 妹・清宮(後の島津貴子さん)とソファに座った継宮のお写真
1950年9月24日 清宮、継宮、順宮のごきょうだい
1950年12月 白馬嶺雪号で障害越えを決める皇太子殿下
比較:1927年(昭和2年)乗馬障害飛越をされる昭和天皇
1951年2月 蔵王へスキーに行かれたときにご学友と、あと旅先で知り合った女性たち?と記念撮影。一列め中央が橋本明氏、二列め左から肩を組んでいる千家崇彦氏と皇太子殿下、大久保忠恒氏
1951年2月 同じく蔵王スキー旅行した男性学友仲間たちと記念写真。千家氏、皇太子殿下(当時)、大久保氏、橋本氏、そしてあと一人が猪谷千春氏(男性)。2009/4/19放送日本テレビ「皇室日記」で橋本氏がこの旅行について詳しく説明をしている
橋本明・千家崇彦両氏は、学習院高等科3年当時「皇太子銀ブラ事件」を起こした仲間である。
1951年12月22日 皇太子殿下18歳のお誕生日画像、御文庫でご研究なさる昭和天皇と皇太子殿下
1952年3月 学習院高等科卒業式、壇上でご両親である昭和天皇・香淳皇后が見守る中、卒業証書を受け取り檀から降りようとしている明仁親王
1952年3月 学習院高等科卒業式。最前席に座る皇太子明仁親王(ローアングル撮影)
参考ようつべ:卒業式 ttp://www.youtube.com/watch?v=PvC-p4mZvgM

1952年 18歳頃の皇太子明仁親王
1952年4月 学習院大学へ進学された継宮さま
1952年4月24日 白馬で障害越えの美技を披露なさる明仁親王殿下
1952年8月 浅間山麓で乗馬をされる継宮(=今上陛下)と義宮(=常陸宮)のご兄弟
1952年8月 同上浅間山麓で乗馬をされる継宮(=今上陛下)と義宮(=常陸宮)のご兄弟
1952年11月10日 成年式・加冠の儀を前に未成年の正装をされた明仁親王殿下
1952年11月10日 成年式・加冠の儀に臨まれる明仁親王殿下
1952年11月10日 成年式・立太子式を迎えられた明仁親王殿下 カラー画像
1952年11月10日 成年式・立太子式を迎える継宮殿下当時18歳(読売新聞)
1952年11月10日 皇居仮宮殿にて、昭和天皇・香淳皇后の御前で成年式・立太子式に臨む継宮殿下
1952年11月10日 同上皇居仮宮殿にて、昭和天皇・香淳皇后の御前で継宮殿下加冠の儀の寿詞を奏上する吉田茂首相
1952年11月10日 立太子の礼を終え、皇居仮宮殿バルコニーからお祝いに詰めかけた国民にお応えになる昭和天皇と香淳皇后と当時の今上陛下
1952年11月10日 成年式・立太子式を迎えた正礼装の明仁親王殿下
1952年 皇太子殿下立太子記念切手
1953年2月2日 学習院大学政経学部1年生に在学中、天皇陛下の名代として英国エリザベス女王戴冠式に出席するための欧米旅行を控えて日本の政治システムを学ぶため、始めての国会見学として第15回国会をご訪問、衆議院本会議の審議を皇族席から身を乗り出すようにして傍聴される皇太子殿下(19歳)。説明役は衆議院議長の大野伴陸(右端)
1953年 19歳頃の皇太子明仁親王
1953年3月30日から10月12日までの半年余りにわたり初の外遊。ヨーロッパ12か国および米国・カナダを歴訪。6月2日イギリス・エリザベス2世の戴冠式へ昭和天皇の名代として参列。これで単位不足になって進級できずに大学を中退されることになる。
1953年3月30日 英国エリザベス女王戴冠式のため渡英並びに各国お立ち寄りの7ヶ月に亘る長旅に赴く皇太子殿下と、出発見送りにお出ましの昭和天皇と香淳皇后
1953年3月30日 明仁親王殿下(当時満19歳)ハワイご訪問、歓迎の華やかなレイを首からかけられ歩む殿下とそれを和服姿で迎える地元日系の娘たち。プレジデント・ウィルソン号で横浜港を出発しハワイ・ニューヨーク経由で4月27日に英国ご到着
1953年 渡英の途上、太平洋上の春の日差しを受けデッキチェアでくつろぐ皇太子殿下
1953年4月 ハワイ・ホノルルでワイキキを散策される皇太子殿下
1953年4月 ハワイを後に、再びプレジデント・ウィルソン号でサンフランシスコへ。船旅の晩餐を楽しむ皇太子殿下
1953年4月 カナダ・ビクトリアのブリティッシュ・コロンビア州副総督邸に到着。外国の宿舎に初めて入る皇太子殿下。手前はカナダの日系婦人伍長の本川富子さん
1953年4月1日 エリザベス女王戴冠式のため渡英の途上、カナダにお立ち寄りの明仁皇太子殿下(Getty) / 同画像(LIFE)
1953年4月1日 エリザベス女王戴冠式のため渡英の途上、カナダにお立ち寄り、現地の歓迎と取材を受ける明仁皇太子殿下
1953年4月12日 カナダ空軍機の操縦席で乗り物好きな若者の笑顔を見せる皇太子殿下
1953年4月 カナダ・ブリティッシュコロンビア州のフィールド駅にて歓迎の子どもたちと話す皇太子殿下
1953年4月 鉄道で北米大陸横断の途中、カナディアン・ロッキーを望む皇太子殿下
1953年 カナダ・オンタリオ州ハミルトン市の製鉄所見学へ、クラシックな帽子とコートを着用した明仁親王
1953年 カナダ・オンタリオ州ハミルトン市の製鉄所見学へ、列車最後尾デッキに笑顔で立っている明仁親王
1953年 カナダ・オンタリオ州ハミルトン市の製鉄所見学に向かう電車窓際に着席している明仁親王
1953年 カナダのオンタリオ州ハミルトンにて日系人の歓迎を受ける明仁親王、和服の女性が多い光景
1953年 カナダ?山々を背景にして地元の子供たちに囲まれ笑顔の継宮殿下、付き添いの保安官も笑顔に
1953年4月 大西洋を渡るクィーン・エリザベス号のデッキにて撮影された皇太子殿下、侍従の戸田随員(左)、黒木随員と
1953年 船中においてマージャンを楽しまれる継宮殿下
1953年4月29日 英国サウサンプトン港にご到着、出迎える人々に帽子を手にして振って応える明仁親王
1953年4月 英女王にあいさつの後、皇太子旗を立てた日本大使館のデイムラー車に乗って、バッキンガム宮殿を出る皇太子殿下
1953年4月 ロンドンでチャーチル英首相主催午餐会を終え、車まで見送りを受ける皇太子殿下
1953年 掲載誌不明<チャーチル老首相とともに/春の陽ざしをあびて春のハイドパークを散歩される>といったキャプションのある皇太子殿下ロンドン訪問モノクログラビア
1953年4月 英国ロンドンにて、帽子屋で買い物される皇太子殿下
1953年5月 英国ロンドンご訪問の継宮殿下
1953年5月 英国・エジンバラ郊外の広大なバックルー公の邸内で写真を撮る皇太子殿下
1953年5月 英国女王エリザベス2世戴冠式に出席のため渡英、ロンドン滞在中の継宮殿下、封筒の中の文書を取り出そうとしているような仕草
1953年 ロンドンにてガーデンパーティのような場で関係者と語らっている継宮殿下
1953年 ロンドン在住日系人とのガーデンパーティでの皇太子殿下
1953年5月 英国・エジンバラ郊外の広大な領地にある猟場や森林の案内を受けるため、バックルー公運転の車に同乗される皇太子殿下
1953年5月 英国・スコットランドのアームストロング卿を訪ねる途中、ロモンド湖畔で随員と昼食をおとりになる皇太子殿下。右に松井明、三谷隆信両随員
1953年5月 英国・皇太子時代の昭和天皇も滞在したスコットランドのアソル公邸を訪ね、キルト姿の兵隊と記念撮影される皇太子殿下
1953年5月 英国女王エリザベス2世戴冠式に出席のため渡英、ポートレートのような撮影をされたスーツ姿のロンドン滞在中の継宮殿下
1953年6月2日 英国エリザベス女王二世戴冠式に出席するためロンドンの日本大使公邸を出発される皇太子殿下
1953年6月 エリザベス女王の戴冠式に昭和天皇のご名代として出席の皇太子殿下(当時弱冠二十歳)
1953年6月 エリザベス女王戴冠式、最前列で中央寄りという席次にも注目
1953年6月 英国ご訪問にて、帽子をあげて挨拶される皇太子殿下
1953年6月 フランス・パリのルーブル美術館でミロのビーナスを鑑賞する皇太子殿下
1953年6月 サングラスをかけたエリザベス女王と競馬ダービーご観戦、女王にに何かを指で示されそれをご覧になる継宮殿下
1953年6月 フランス・ブーローニュの森のレストランで随員に写真を撮られる皇太子殿下
1953年6月 スペイン・マドリードのエル・エスコリアル宮殿で居合わせた子どもたちとの記念撮影に応じられる皇太子殿下
1953年6月 スペイン・マドリードのエル・エスコリアル宮殿(後方)見学後、フィリップ2世ホテルの屋上で、渋沢大使や地元州議会関係者と談笑する皇太子殿下
1953年7月 イタリア・ヴェネチアにて、船上から市街の景色を楽しまれる皇太子殿下
1953年7月 バチカンをご訪問の皇太子殿下
1953年7月 ベルギー・ブリュッセルの博物館を見学される皇太子殿下
1953年7月29日 英国王室御用達のダイヤモンドカッター、オランダはアムステルダムのロイヤル・アッシャーを見学される皇太子明仁親王
1953年7月 オランダ・アムステルダムの国立博物館でレンブラントの大作を鑑賞される皇太子殿下
1953年7月30日 オランダのアムステルダム市立近代美術館訪問、ゴッホ作『日本趣味:花魁』を鑑賞される皇太子明仁親王
1953年7月30日 アムステルダム市立近代美術館訪問、ゴッホの自画像を鑑賞される皇太子明仁親王
1953年7月31日 西ドイツのフランクフルト、ライン・マイン空港に到着、雨の中傘を差し掛けられながら挨拶の言葉を読み上げる皇太子明仁親王。翌日にはボンでコンラート・アデナウアー首相との面会を控えている
1953年8月 西ドイツのデマーク製鋼所をご視察される皇太子殿下
1953年8月 デンマーク・コペンハーゲンのローゼンボーグ城を訪問される皇太子殿下
1953年8月 ノルウェー・スタヴァンゲルの宿舎の前で遊ぶ子どもたちと皇太子殿下
1953年8月 スイス・ベルンの連邦議会議事堂を訪問される皇太子殿下
1953年8月26日 エリザベス女王戴冠式で渡欧中の皇太子殿下の平安を祈念するため靖国神社を参拝する相馬野馬追の一行(「相馬野馬追」を行うのは平将門ゆかりの相馬中村神社。のちに秋篠宮紀子妃殿下の実弟・川嶋舟氏がこの神社の禰宜とご結婚された)
1953年9月10日 アメリカ・ワシントンDCにて、アイゼンハワー米大統領と会見
1953年9月 アメリカ・ワシントンDC、アイゼンハワー米大統領をホワイトハウスに訪問
1953年9月 ホワイトハウスにて昭和天皇が贈った屏風を前にアイゼンハワー大統領と歓談する皇太子殿下。右は新木駐米大使
1953年9月 アメリカ訪問中ニューヨーク郊外のルーズベルト元大統領邸を訪れ、エレノア夫人と共に墓参りをする明仁親王
1953年9月14日 訪米中ペンシルベニア州フィラデルフィアの「自由の鐘」をご覧になる皇太子殿下
1953年9月17日 ニューヨークの国連本部をご見学、明仁親王の右隣はスウェーデンの外交官で第2代国連事務総長ダグ・ハマーショルド氏(任期は1953年4月-1961年9月)
1953年9月 米国ニュージャージー州プリンストン市にある受信機メーカーRCA社ご見学、ウクレレに内蔵された機械をご覧になる明仁親王
1953年9月21日 明仁親王殿下がコプレイスクエア・シェラトンプラザでのボストン・ジャパンソサエティ主催歓迎午餐会ご出席の折、請われてメニューに英語でご署名「Akihito」
1953年9月 訪米中にNYヤンキーススタジアムでナイターをご見学になる明仁親王。試合前に記念ボールを手渡しているのはケイシー・ステンゲル監督、その右は球団オーナー。手前左から球史を飾るスラッガーとして一時代を築いたミッキー・マントル選手、キャッチャーで後に監督も勤めたヨギ・ベラ選手
1953年9月 バージニア州ウィリアムズバーグにてアメリカ産の牡蠣を賞味される明仁殿下の珍しいショット
1953年9月 米国・ロサンゼルスの日系人が多く住む地域にて熱烈な歓迎を受ける皇太子殿下
1953年9月 米国・ロサンゼルスの撮影所で俳優アン・ブライスと握手される皇太子殿下
1953年9月30日 訪米中の皇太子殿下が「ミス・ユニバース」3位入賞の伊東絹子さんとハリウッドのMGM撮影所でご対面。同所で映画人230人列席の歓迎昼食会が開かれ、ユニバーサル映画に出演した伊東嬢も招かれていた。伊東絹子(1932年6月29日生まれ、身長164cm、体重52kg、スリーサイズは各86・58・97cm)が日本人初となる入賞(第3位)を果たし「八頭身美人」が当時の流行語となった。当時の20歳代日本人女性は平均身長153.9cm、平均体重49.6kg、平均バスト80.7cm
1953年9月 米国・フィラデルフィアの飛行場で、英語の先生だったヴァイニング夫人の出迎えを受ける
1953年9月 訪米中、かつての家庭教師ヴァイニング夫人と再会された明仁親王
1953年 訪米中、ボートに乗って魚釣りを楽しまれる皇太子明仁親王殿下
1953年10月 訪英の帰路、再びハワイに到着し、歓迎のレイを首にさげ、ステートメントを読まれる皇太子殿下
1953年10月 ハワイ・ホノルル郊外のパイナップル栽培地をご視察される皇太子殿下
1953年10月 昭和28年エリザベス女王の戴冠式に昭和天皇のご名代として出席のための欧米各国親善訪問の最後、ハワイで長旅の疲れを癒された。ワイキキビーチにて肩からタオルをかけている水着姿の継宮殿下20歳
1953年10月 ハワイ・ワイキキビーチで水着姿の皇太子殿下、タオルなし画像
1953年10月10日 半年以上に亘る長旅を終え、ホノルルから帰国の途へ向かう飛行機に乗り込む、レイを首にかけタラップから手を振られる皇太子殿下
1953年10月 初の欧米ご訪問から帰国されたばかりの明仁親王を囲む天皇ご一家
「平凡」1953年6月号<エリザベス女王の戴冠式に列席される皇太子殿下>特集グラビアその1その2その3その4その5その6その7その8
乗馬をされる21歳当時の明仁親王
珍しく物を召し上がる瞬間を撮影された皇太子殿下
タバコを勧められて吸われる皇太子殿下
平凡 1954年6月号<さようなら学習院 大学ご卒業の皇太子殿下>モノクロ写真、下は皇太子妃候補と目された北白川肇子さん、島津純子・迪子さん姉妹に撮影取材を試みたエピソード紹介
継宮殿下は7ヶ月の期間に亘るエリザベス女王陛下戴冠式出席&欧州周遊のため大学の単位不足になったが、帰国後授業と試験を4回生まで受けて大学修了扱いとなり、卒業なさった模様(学位は無しと思われる)。
1954年 三田の三井倶楽部にて鏡味小仙社中による“江戸太神楽”御前公演、昭和天皇・香淳皇后に皇太子殿下ら全皇族方御出席のもとご鑑賞。画像向かって右側で随分寛いでいるのは東久邇家と三笠宮家の子供たちか
1955年 将棋をさす昭和天皇と皇太子明仁親王、二人を見守る香淳皇后
1955年3月31日 御所内のテニス競技会の準決勝でプレーする明仁親王殿下
1955年 ご学友を乗せて愛車を運転される皇太子殿下=1955年春、神奈川・箱根
1955年5月 東宮御所と皇居の職員対抗テニス大会に出場された皇太子明仁親王殿下
1955年12月 昭和天皇ご一家
1955年12月 白衣姿で研究にいそしむ明仁親王殿下
1946年4月10日 八重洲の大丸百貨店にて開催された「山下清展」にて貼り絵をご鑑賞の皇太子殿下
1956年9月10日 香淳皇后の母・久邇俔子さんご逝去、新宿区西落合の久邇邸にて弔問を終えられた皇太子殿下
1956年10月 戦後初の国賓として来日されたエチオピアのハイレ・セラシエ皇帝を鴨場にてご接待の皇太子殿下、お二人とも網を手にダンディなお姿。横におられるのは三笠宮殿下
1956年12月2日 東京・東村山の社団法人日本クレー射撃協会(JCTSA)東村山射撃場で、ベルギー王室から贈られた同国FN社傘下の米ブローニング社製16番猟銃(散弾銃「ゴールドストーカー」?)を構え、標的(クレーターゲット)を狙う皇太子殿下
1958年2月9日 葉山御用邸裏の一色海岸にて、犬を連れて散策する良子皇后と皇太子殿下。皇太子殿下が引いているのがアナスタシア、皇后陛下が引いているのがエリーで、ともに殿下の愛犬/同ロゴなし高解像度画像
1958年2月23日 秩父宮ラグビー場にて、対早大戦前、ラグビー・オールブラックスの選手らと握手される皇太子殿下
1958年4月1日 恩賜上野動物園をご訪問、ゾウとふれ合われる皇太子殿下
1958年6月 乗馬で障害飛越をする皇太子殿下
米The San Francisco Examiner紙 1958年6月18日号記事<日本の皇太子妃・最有力は元プリンセス北白川嬢>ゲラ刷り。左は故永久王第一王女で、1947年に臣籍降下した元皇族・北白川肇子嬢
1958年 兵庫県六甲山行幸で十国展望台訪問の皇太子殿下。かなり至近距離からカメラに囲まれ、落ち着いて眺望を楽しむことはできなさそうである
1958年7月 軽井沢のテニスコートで観戦する皇太子殿下と正田美智子さん
1958年7月 軽井沢のテニスコートで観戦する明仁親王殿下と正田美智子さん
1958年8月 軽井沢のテニスコートで笑顔の皇太子殿下
日テレ・みのもんたの「午後○○思いっきりテレビ」“今日は何の日2008/5/28”より、テニスの試合を通じて出合ったお二人、そして心に決めた正田美智子さんの写真を机に飾っていたというエピソードを紹介
1958年 来日したバンドリーダーのベニー・グッドマン夫妻と明仁親王、正仁親王、貴子内親王のごきょうだい
婚約〜御成婚時期
朝日新聞号外 1958年11月??日<皇太子妃決まる 正田美智子さん 皇太子殿下がご懇望 初めて民間から愛情に愛情に支えられて 壁を破った人間皇太子>
週刊明星 1958年11月23日号<内定した!?皇太子妃 その人正田美智子さんの素顔>海外報道で初めて知らされたという内容記事である
週刊明星 1958年11月23日号<内定した!?皇太子妃 その人正田美智子さんの素顔>スクープ記事と目次(残念ながら小さくて記事は読めません)
1958年11月27日 「皇太子殿下の婚姻に関する件」が皇室会議において可決された旨を通知する公式文書。皇室会議議長をつとめた内閣総理大臣 岸信介の署名あり
1958年11月27日 ご婚約内定を報じる毎日新聞と読売新聞
佐賀新聞 1958年11月27日<皇太子妃・正式内定す 御婚約者に正田美智子さん>縮小紙面部分 / 佐賀新聞拡大PDF
読売新聞 1958年11月27日<皇室会議全会一致で皇太子妃に正田美智子さんを承認>記事
朝日新聞 1958年11月28日<皇室に新しい歴史 “同感だ”と三笠宮さま/二十七日、皇太子殿下の写真を手に持ちながらご婚約を喜ぶバイニング夫人>インタビュー記事一部・写真
1958年12月6日  ご婚約内定発表後、麻布ローンテニスクラブにて初めてのテニスをなさる皇太子殿下と正田美智子嬢
1958年12月6日  ご婚約発表後テニスデートを楽しまれた皇太子殿下と正田美智子嬢
1958年12月6日  同上テニスウエア姿の皇太子殿下と正田美智子嬢
1958年12月6日  同上麻布ローンテニスクラブにてくつろがれるお二人
1958年12月21日 ご婚約時代、東宮御所で皇太子殿下のアルバムをご覧になる正田美智子嬢。百花をあしらった総柄の豪華なお振袖姿
1958年12月21日 東宮御所の庭に出られて池の白鳥をご覧になるお二人
1959年1月 東宮仮御所、同年4月にご成婚を前にしている皇太子継宮明仁殿下、和服姿の清宮貴子殿下、義宮正仁殿下のスリーショット
1959年1月20日 麻布ローンテニスクラブで、ペアを組んでテニスをする皇太子殿下と正田美智子嬢、対戦相手は猪谷千春・上野隆代組
1959年1月20日 麻布ローンテニスクラブでテニス、対戦相手と和やかな雰囲気の皇太子殿下と正田美智子嬢
1959年1月20日 テニスでダブルスを組まれる婚約時期の皇太子殿下と正田美智子嬢
1959年1月20日 同上別画像
1959年4月5日 御成婚直前に公開された結婚の儀のご装束
1959年4月10日 御成婚当日の毎日新聞朝刊。奥に御婚約内定の産經新聞も
1959年4月10日 結婚の儀・束帯と十二単姿のお二人 /
1959年4月10日 朝見の儀
1959年4月10日 朝見の儀を終えご成婚された皇太子ご夫妻と昭和天皇、香淳皇后
1959年4月10日 同上画像、皇太子ご夫妻の部分のもう少し拡大したバージョン
1959年4月10日 建物の外に現れた皇太子殿下とローブデコルテ姿の美智子妃殿下
1959年4月10日 ご結婚パレード馬車上の皇太子殿下と美智子妃殿下カラー画像
1959年4月10日 ご結婚パレード馬車上で手を振られる皇太子殿下と美智子妃殿下カラー画像、観衆が笑顔でほのぼのとした雰囲気の背景
1959年4月10日 ご結婚パレード馬車上の皇太子殿下と美智子妃殿下、やや下からのモノクロ画像。背景のメイ・ウシヤマ電柱広告に時代を感じる
1959年4月10日 同上馬車パレードでにこやかに手を振られる両殿下反対側アングル画像
1959年4月10日 ご結婚パレード馬車に投石の暴漢が現れる事件発生
ご婚約を報じる当時の読売新聞と毎日新聞第1面
ご婚約・ご成婚を報じる当時の産経新聞と毎日新聞第1面
ご婚約・ご成婚を報じる当時の毎日新聞第1面
アサヒグラフ「皇太子御婚約記念画報」の表紙を飾った一枚
『皇太子殿下御結婚記念グラフ』西日本新聞社、イラストを用いた表紙
皇太子殿下御成婚記念 昭和34年の額面5円・10円・20円・30円切手シート
恐らく海外で発売されたと思しきレコードジャケット<PRINCE AKIHITO WEDDING MARCH PRINCESS MICHIKO WEDDING SONG>by Norrie Paramor and his Orchestra
イタリアの雑誌(誌名不明)<LA PICCOLA SIGNORA DEL SOL LEVANTE>振袖姿とテニス姿の正田美智子さん写真掲載記事
LIFE 号数不明<The fairt-tale bride in a modern romance>グラビア記事一部
皇太子明仁親王殿下の御成婚(徳仁結婚1993年6月9日に比較として放映された映像)
ttp://www.youtube.com/watch?v=X70gbKhANW0

1959年4月12日 ご成婚宮中内宴。皇太子殿下ご成婚を祝福されるご一家、昭和天皇香淳皇后に、義宮(常陸宮)殿下と清宮殿下(島津貴子さん)も。美智子妃殿下の紋付振袖は、納采の儀に贈られた絹地の一巻で大啓産業株式会社謹製(現:丹後ちりめん歴史館)、銘は「駒明美縮緬」。これを雲取りと檜扇の柄に染め上げた
1959年4月16日 明治神宮外苑の聖徳記念絵画館前にて、ご成婚祝賀都民大会にご出席の皇太子同妃両殿下 / キャプ修正版
1959年4月16日 明治神宮外苑の聖徳記念絵画館前、ご成婚祝賀都民大会での皇太子同妃両殿下正面やや右寄りからの画像。群衆にお手振りされる皇太子殿下と、ミンクショールを肩にした美智子妃殿下
1959年4月18日 伊勢神宮参拝。神馬を務める元愛馬「初霜」号と再会して、懐かしむご様子の皇太子殿下。美智子妃が手袋の上からお持ちなのはニンジン。地模様入り生地のドレスで、おそらく納采の儀で受け取った白生地の1反
1959年4月18日 豊受大神宮(伊勢神宮外宮)ご参拝の皇太子同妃両殿下。妃殿下は内宮参拝時とドレス・帽子が異なっている
1959年4月18日 伊勢神宮内五十鈴川のほとりにたたずむ皇太子同妃両殿下、美智子妃殿下のドレス後ろ姿がわかる構図
1959年4月19日 伊勢神宮(内宮)を参拝される皇太子同妃両殿下
1959年4月19日 皇太子同妃両殿下伊勢神宮ご参拝動画キャプ画像
参考ようつべ:20050130皇室と伊勢神宮 ttp://www.youtube.com/watch?v=IoML_U1m2Ok

1959年 明治神宮に結婚報告のため参拝した際に御苑で花菖蒲をご鑑賞された皇太子同妃両殿下
1959年4月 ご結婚後、皇太子殿下と美智子妃殿下のご学友を東宮仮御所に招き談笑される
1959年4月 東宮仮御所のガーデンパーティーでご学友と談笑される美智子妃殿下
1959年4月 東宮仮御所前の路上で、コリーとシェパードを連れ散歩中の皇太子同妃両殿下
昭和34年(1959年)4月6日夜、赤坂プリンスホテルで開かれた学習院中等科高等科合同同窓会にて、皇太子と長話をした学友橋本明氏がその内容を同月8日共同通信で報道(別冊DELUX女性自身特別号 昭和41年11月1日発行にて再現記事)、そのことが“友情をタテに、仕事をするな”との考えを持つ皇太子の怒りを買う。同月26日東宮御所での皇太子・美智子嬢結婚披露宴に橋本氏も招待されるが、まだ怒りを解き切っていなかった皇太子と衝突することに。
別冊DELUX女性自身特別号 昭和41年11月1日発行<皇太子大いに怒る 学友という立場を利用した私の事情>今上陛下の学友であり共同通信社記者となった橋本明氏コラム
橋本氏コラム末尾には、一般庶民の正田美智子嬢を皇太子妃として迎え入れることで問題が生じる可能性に触れられ、それに対し皇太子自身が『女性自身』昭和40年(1965年)8月30日号に寄せられたご意見で締め括られている。
『女性自身』昭和40年(1965年)8月30日号に皇太子殿下(=今上陛下)が寄せられたご意見 「現在、美智子の、つねに日本国民のことを考え、自分のつとめに忠実たらんとしている姿をみて、この自分の考えが間違っていなかったと感じている」
御成婚後
1959年 この年に開館した東京・上野の国立西洋美術館を訪れた美智子妃殿下
1959年 葉山御用邸近くの海岸を散策される皇太子同妃両殿下
1959年 東京私立中学高校協会が開いた私学祭で演技をご覧になる皇太子同妃両殿下(国立競技場で)
1959年 東京・日本橋の三越で開かれた「伸びゆく電波と電気通信展」の会場でテレビ画像の記録装置を視察される皇太子同妃両殿下
1959年4月29日 宮内庁舎玄関上バルコニーでの昭和天皇誕生日一般参賀モノクロ映像からの連結まとめ画像。同月10日にご成婚されたばかりの皇太子妃美智子妃殿下初の一般参賀。清宮貴子内親王は同年3月2日20歳になり、成年記者会見で「好みのタイプは?」の質問に「私の選んだ人を見ていただきたいわ」と答え、話題となる。その直後3月19日に島津久永さんとの婚約発表
1959年4月29日  昭和天皇誕生日一般参賀に初めて加わった美智子妃殿下(右端)左へ皇太子殿下、香淳皇后陛下、天皇陛下、義宮殿下、清宮貴子内親王殿下
1959年4月29日  昭和天皇誕生日一般参賀の様子をヘリコプターから撮影した写真
1959年 奈良ホテルにより作製された、テニスコートとボールをモチーフとしたデザインの皇太子同妃両殿下結婚祝いケーキ(秋篠宮両殿下・徳仁雅子夫妻のケーキ画像もあり)
1959年 結婚の儀から約半月、里帰りされた美智子妃殿下と初めて正田邸を訪れた皇太子殿下をご一家で見送られる
1959年5月 学習院同窓会のバザーで編み物などを見て回る清宮貴子内親王殿下、秩父宮勢津子妃殿下、美智子妃殿下、牧野純子東宮女官長、皇太子殿下(明治記念館で)
1959年5月31日 東京ローンテニスクラブで、結婚後初のテニスを楽しまれる皇太子殿下両殿下結婚後初のテニスを楽しまれる皇太子殿下ご夫妻連結画像(よみうり写真館)
1959年5月31日 東京ローンテニスクラブにて、デッキチェアで休憩中の皇太子同妃両殿下
1959年5月31日 東京ローンテニスクラブ、テニスのダブルスをする皇太子同妃両殿下
ご成婚後か? テニスコートで笑顔の皇太子同妃両殿下
1959年6月24日 ご成婚後、皇太子妃を初めて伴って靖国神社に参拝する皇太子殿下。皇太子殿下はモーニング姿、美智子妃殿下は白の帽子、長袖・長裾の白の参拝服姿モノクロ画像(毎日新聞)
1959年 太平洋戦争などの遺族が迎える中、靖国神社を参拝された皇太子同妃両殿下
1959年7月6日 児童福祉を学ぼうと母子愛育会を訪れた皇太子同妃両殿下。右後ろは同会総裁の三笠宮百合子妃殿下
1959年7月6日 愛育病院設立25周年にて視察、白衣姿で幼児を抱っこされている美智子妃殿下とそれを見守る白衣の皇太子殿下。後ろには珍しく柔和な表情の牧野純子女官長もいる
1959年7月 愛育病院を視察される美智子妃殿下(同月6日との関係は不明)、左手の女性は牧野東宮女官長。美智子妃が着用されているお帽子は、告期の儀の後皇居参内時にお召しだったものと思われる。この直後の7月15日、ご懐妊報道があった
1959年7月19日 青山の国立テニス場にて日本庭球協会主催の奉祝試合縦3連結画像。この4日前の15日、一部マスコミが「美智子妃ご懐妊」を報じた後初めての外出。この2ヶ月先(妊娠5ヶ月)に宮内庁がご懐妊を正式発表。爽やかなストライプのお召し物に葉っぱのような飾り付帽子の清宮内親王、前にバラの飾りにネットを張ったトーク帽の美智子妃。妹と妻二人に交互に話をなさって気遣う皇太子殿下と、美智子妃と内親王の表情に注目
1959年7月19日 青山の国立テニス場にて日本庭球協会主催の奉祝試合、皇太子殿下と妃殿下と清宮内親王の横2連結画像
時期詳細不明、フェミニンな白いお召し物姿の美智子妃殿下と、眼鏡とソフト帽が粋な雰囲気の皇太子殿下
詳細不明 宮中晩餐会
1959年6月7日 皇太子殿下御成婚慶祝コリー祭を訪れた皇太子同妃両殿下
1959年6月24日 結婚後、皇太子妃を初めて伴って靖国神社に参拝する皇太子殿下。皇太子殿下はモーニング姿、妃殿下は白の帽子、長袖・長裾の白の参拝服姿
1959年夏? 静養先で撮影された皇太子殿下と、当時はまだ顔の輪郭がふっくらされている美智子妃殿下
1959年8月 第41回全国高校野球選手権大会の開会式にご臨席された皇太子殿下(阪神甲子園球場で)
1959年9月9日 豊島岡墓地での香淳皇后母・久邇俔子(くにちかこ、久邇宮邦彦王の妃)さんの三年祭にご出席の皇太子同妃両殿下。美智子妃は和装
1959年9月9日 豊島岡墓地での香淳皇后母・久邇俔子(くにちかこ、久邇宮邦彦王の妃)さんの三年祭にご出席された前列左から久邇朝融氏、皇太子同妃両殿下、義宮殿下、清宮貴子内親王殿下、秩父宮勢津子妃殿下
1959年10月 母校・聖心女子大学の国際バザーを訪れた美智子妃殿下
1959年10月5日 伊勢湾台風被災地となった東海地方を昭和天皇ご名代で視察・お見舞い。ヘリコプターで水害地を視察される皇太子殿下と岸信介首相。左端は桑原愛知県知事。皇太子殿下は同日午前9時15分、名城公園からヘリで約2時間、愛知、三重、岐阜のドロ沼と化した惨状を視察後、津市橋北小に着陸された
1959年10月5日 伊勢湾台風被害視察のため三重県鈴鹿市にご到着、ヘリから降りられた長靴姿の皇太子殿下
1959年10月20日 25歳の誕生日を迎え、挨拶のため皇居に向かう車中の美智子妃殿下
1959年11月 宮内庁埼玉鴨場にエチオピア皇太子を招いたカモ猟で、待ち合わせ中に談笑される皇太子同妃両殿下、義宮殿下ら皇族方
1959年11月 浩宮が誕生する4ヶ月前、葉山海岸にて静養する皇太子同妃両殿下と愛犬アナスタシア
1959年11月 葉山海岸にて身重の美智子妃殿下に手を差し伸べる皇太子殿下
1959年11月29日 新年発表用に撮影された昭和天皇・香淳皇后・皇太子・美智子妃・義宮・清宮。ご懐妊中である美智子妃の体調を慮り少し早めに撮影したと思われる
1959年12月8日 学習院馬場で開かれたご結婚慶祝馬術大会に出場された皇太子殿下
1959年12月8日 ご結婚慶祝馬術大会でポロ競技を楽しまれる皇太子殿下(ゼッケン2番)
1960年1月4日 ご一家の姿を8ミリで撮影される皇太子殿下、弟義宮(後の常陸宮)殿下と妹清宮殿下もご一緒
1960年2月23日 未明に陣痛を訴え出産のため宮内庁病院に向かう美智子妃殿下の車列
1960年2月23日 親王出産で美智子妃殿下のお見舞いに向かわれる車中の皇太子殿下
1960年2月23-24日 新宮(浩宮)ご誕生。新宮と対面し、宮内庁両院を出て来られた皇太子殿下(2月23日)、祝賀の礼装で宮内庁病院にお入りになる皇太子殿下(2月24日)
1960年2月23日 お見舞いを終え病院を出られる正田夫妻
1960年2月23日 出生前の浩宮の心音図
1960年2月24日 皇居で親王誕生の祝賀を終えた車中の高松宮殿下と喜久子妃殿下
1960年2月25日 美智子妃殿下の見舞いを終え病院を出られる天皇皇后両陛下
1960年2月25日 兵庫県宝塚市の宝塚歌劇団ではステージと観客が一体となって万歳で祝福
1960年3月12日 宮内庁病院を退院された車中の美智子妃殿下と浩宮
1960年春 テニスコート脇のチューリップをご覧になる皇太子殿下と、産後数ヵ月後で既に痩せ始めた美智子妃
1960年4月12日 生後50日を迎えた浩宮
1960年4月12日 和服姿で浩宮(生後50日目)を抱く美智子妃とソファに腰かけ見守る皇太子殿下
1960年4月12日 和服姿で浩宮を抱く美智子妃殿下とソファに腰かけ見守る皇太子殿下。賢所皇霊殿神殿に謁するの儀で宮内庁が公表したカラー写真
1960年4月12日 賢所皇霊殿神殿に謁するの儀のため呉竹寮に入られる浩宮を抱いた美智子妃殿下。左は1932年4月に公表された昭和天皇の内親王、照宮殿下の新御殿として造営された時の呉竹寮写真
1960年4月29日 天皇誕生日一般参賀。お手振りされる昭和天皇、向かって左脇に皇太子殿下、義宮殿下(後の常陸宮)。産後2ヵ月の美智子妃を気づかわれる良子皇后
1960年5月2日 貞明皇后の大宮御所跡地に4月落成した東宮御所をご訪問の皇太子同妃両殿下、16日にお引っ越し
1960年5月 完成した東京・元赤坂の東宮御所。朝日新聞社ヘリコプターから。
1960年5月16日 新居となる東宮御所に入られる皇太子同妃両殿下と浩宮。後方は山田康彦東宮侍従長と牧野純子東宮女官長
1960年5月5日 東宮仮御所の空を泳ぐ鯉のぼりを見上げる皇太子同妃両殿下と浩宮
1960年5月30日 麻布・東京ローンテニスクラブで、テニスの試合をする皇太子両殿下と島津久永夫妻
1960年7月1日 掲載誌不明<おじいちゃまボク大きくなったでしょ>モノクログラビア、改装した東宮御所をご訪問の昭和天皇・香淳皇后を出迎えられる皇太子・浩宮を抱いた美智子妃
1960年7月18日 那須御用邸静養のため黒磯駅に来賓用列車でご到着、歓迎を受けお手振りで応えられる美智子妃。小花がたくさんついた帽子と、小さなリボンつきパンプスをお召し。傍には生後5ヶ月の浩宮を抱いている女官がいる
1960年夏 那須御用邸にて浩宮を乳母車に乗せて散策されるご一家
1960年夏 那須御用邸にて生後5ヶ月の浩宮を抱く美智子妃
1960年8月6日 広島県、市共催の原爆15周年慰霊式と平和記念式典(後の広島市原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式)に初参列した後、日本赤十字社広島原爆病院(後の広島赤十字・原爆病院)を初めて訪れ、入院中の被爆者を前に説明を受ける皇太子殿下
1960年か1961年頃 東京ローンテニスクラブの紺ジャケットでペアルックの皇太子同妃両殿下。右側看板に「MEMB(ERS ONLY?)」「軽井沢会」「ご遠(慮下さい?)」の文字が見えるので軽井沢での静養か?
1960年 テニスウェアでベンチに座る皇太子殿下
1960年8月 那須御用邸にて、テニスウェアで邸内を移動中の皇太子同妃両殿下
1960年8月 ご静養先で揃って白いテニスウエア姿のお二人
1960年9月 詳細不明、皇太子殿下・和服姿の美智子妃・そしてたっちをしている浩宮一家三人の光景
1960年9月 日米修好百周年を記念して訪米される直前の、皇太子明仁親王殿下 公式ポートレート
1960年9月 日米修好百周年を記念して訪米される直前の、皇太子妃美智子殿下 公式ポートレート /
訪米関連写真は、LIFEにて「Akihito」等で検索すると高画質写真を大量に閲覧可能。
1960年9月 皇太子同妃両殿下揃っての渡米前の記者会見、美智子妃は和服姿
1960年 訪米前後のインタビューか?緊張した表情の皇太子同妃両殿下
1960年9月27日 日米修好百周年記念アメリカご訪問(1960年9月22日〜10月7日)、リヴィングストン・トールマッジ・マーチャント国務次官と飛行機タラップ下で握手される皇太子殿下、傍らの美智子妃殿下は和服姿
1960年9月27日 ホワイトハウスでアイゼンハワー米大統領夫妻と会われる皇太子両殿下。大統領は美智子妃の美しさをしきりに絶賛 / 高画質 / 同カラー画像
1960年9月28日 アメリカのディズニーランドにてディズニー夫妻直々の案内で回転ティーカップに乗る皇太子両殿下(当時)。生後7ヶ月の浩宮をおいての渡米に沈んだ表情の美智子妃
1960年9月28日 ディズニーランドにてミニカーのようなものに乗られる皇太子同妃両殿下
1960年9月28日 ディズニーランドにて、舟のような遊具(ピーターパンか?)に乗られる皇太子同妃両殿下
1960年9月 訪米時、ワシントンDCのポトマック川を航行するマウント・ヴァーノン号にて
1960年9月 ワシントンで、オープンカー上で立ち上がる美智子妃殿下(降車する瞬間か)
1960年9月 同上時期、ハーター米国務長官夫妻によるレセプションにて。お里帰りの時と同じお着物をお召しの美智子妃 高画質
1960年9月 ニューヨークのウォルドルフ=アストリア・ホテルにて、お二人とも正面を向いた構図 / 同美智子妃殿下が横を向いた構図 / 同ややアップ
マコオタ掲示板より本文訳「ロイヤルビジターのフォーマルな瞬間」
皇太子明仁と美智子妃、日米修好百周年を記念して訪米中、ニューヨークのウォルドルフ=アストリア・ホテルにて写真撮影。プリンセスは白い足袋と金の草履を履いていた。
明仁と美智子はチャーミングだが全く正反対のパーソナリティを示し、皇太子はシェルターのような長年の皇室暮らしの産物である、抑制されたフレンドリーな威厳を見せている。美智子は平民の生まれで、暖かい格式張らない雰囲気を持っている。ロイヤルカップルの性格は、この稀な公式ポートレイトにキャッチされている。ライフ誌は両殿下がニューヨーク滞在中、撮影の独占許可を与えられた。美智子妃は特にアメリカ人女性に人気で、その人形のような美しさとエキゾチックな日本の衣装でうっとりとさせた。この写真の衣装は、伝統的な帯を結んだモダンなデザインの着物である。
1960年9月 サンフランシスコのミュアウッズ国定公園(Muir Woods National Monument)ご訪問の両殿下、優美な姿で歩かれる美智子妃
1960年9月 シカゴの科学産業博物館をご訪問の皇太子同妃両殿下
1960年9月30日 ニューヨークのザ・ウォルドルフタワーズホテルをご訪問の皇太子同妃両殿下
1960年9月 ロサンゼルスの皇太子同妃両殿下
1960年9月 ロサンゼルスにて、お茶目な表情の美智子妃殿下
1960年10月3日 シカゴのミッドウェイ空港、シカゴ市長リチャード・J・デイリー氏夫妻と皇太子同妃両殿下。美智子妃は大きな花束を抱えた和服姿。現在国内で猛繁殖をしている外来魚「ブルーギル」は、この米シカゴ市長から贈られた15匹の子孫。陛下が2007年11月12日「全国豊かな海づくり大会びわ湖大会」で「ブルーギルは50年近く前、私が米国より持ち帰り、水産庁の研究所に寄贈したものであり、当初、食用魚としての期待が大きく養殖が開始されましたが、今このような結果になったことに心を痛めています」とあいさつしたというニュースが伝わったシカゴでは、日本に謝るかどうかで論議が起きたという後日談あり
1960年10月 両殿下訪米、ヤンキーススタジアムを再訪問、試合前にボールを投げる皇太子明仁殿下。左はケイシー・ステンゲル監督
1960年10月 アメリカ公式訪問の両殿下、ハワイの海岸にて撮影。皇太子殿下は白いスーツ、美智子妃殿下は和服姿
1960年10月 ホノルル?の皇太子同妃両殿下(サンフランシスコのようだが、キャプションはホノルルとなっている)
1960年10月 ホノルルご訪問、何かの式典か礼装姿の皇太子同妃両殿下
1960年10月 ホノルルにて、美智子妃殿下の横顔
1960年 「4週間ぶりで」とキャプションのついた雑誌グラビア。外国訪問からご帰国、浩宮を抱き上げる美智子妃殿下
1960年 浩宮誕生記念写真展においでの両殿下、眼鏡をかける途中?の皇太子殿下の表情がお茶目である
1960年 詳細不明 籐椅子に腰かけ海外の雑誌を手にして笑顔の皇太子殿下
1960年ごろ 劇場ご台覧の両殿下、紅葉柄着物姿の美しい愛妻を愛おしそうに見つめる皇太子殿下
1960年 エチオピアご訪問で狩猟地域を案内される両殿下。エチオピア王妃と手をつながれる美智子妃殿下
1960年11月 エチオピア帝国(当時)のハイレ・セラシエ1世皇帝陛下との晩餐会に臨まれる、正装姿の皇太子同妃両殿下
1960年11月 イランご訪問、閲兵隊の歓迎を受けているらしい皇太子同妃両殿下。美智子妃殿下は和服姿
1960年11月15日 イランご訪問でパーレビ国王主催の晩餐会。皇太子殿下はホワイトタイにコート、美智子妃殿下はご成婚時の純白ローブデコルテとストールを着回し。9月渡米後にイラン他4カ国一度にご訪問と超多忙。浩宮出産後9ヶ月でこのドレスが着られるまでお痩せにローブデコルテ
1960年11月 皇太子同妃両殿下インドご訪問映像キャプチャあり、<天皇皇后両陛下、インド公式訪問のため羽田空港を出発される>2013/11/30 FNNニュース連結画像
1960年11月 皇太子同妃両殿下インドご訪問映像キャプチャあり、<両陛下がインドへ出発 公式訪問は53年ぶり>2013/11/30 ANNニュース連結画像
1960年11月 皇太子同妃両殿下インドご訪問映像キャプチャあり、<両陛下、インド訪問に出発>2013/11/30 TBSニュース連結画像
1960年11月 皇太子同妃両殿下インドご訪問映像キャプチャあり、<天皇皇后両陛下、53年ぶりとなるインドへの公式訪問にご出発>2013/11/30 FNNニュース連結画像
1960年11月 インドを訪問された皇太子同妃両殿下、タージマハルをご見学。美智子妃殿下は和装
1960年11月 インドを公式訪問し、訪れた農村でいっぱいの花輪と花束で歓迎を受けられる皇太子同妃両殿下。額にヒンズー祝福の赤い印チラク(ティラカ)を塗られている(共同)
1960年11月 インドご訪問、グラスからチャイのような飲み物を召し上がる皇太子殿下と、同じくグラスを手にされている二重襟つきの白いシフォンワンピースとお帽子をお召しの美智子妃殿下
参考ようつべ:Visit of Crown Prince and Princess of Japan to India in November 1960 MEAIndia MEAIndia ttp://www.youtube.com/watch?v=LGLnBBrtSNM

1960年 立山で
軽井沢にてテニスのお二人
時期不明 東宮御所の池の鯉に餌を与える皇太子殿下と和服姿の美智子妃殿下
時期不明 植樹祭?イベントにて、木の根元にシャベルで土をかけられるスーツ姿の皇太子殿下と、和服とミンクショール姿の美智子妃殿下
週刊サンケイ 1961年1月臨時増刊号<皇太子ご夫妻親善旅行>表紙グラビア
1961年1月? 玩具のトラックにつかまり立ちしている浩宮と、それを見守る昭和天皇・香淳皇后・皇太子同妃両殿下・常陸宮殿下
1961年1月19日 皇太子殿下、浩宮とともに正田家にお里帰りされた美智子妃殿下
1961年頃 美智子妃殿下に支えられてソファーの上に立つ、歩き始めの頃の浩宮を囲んで見守る昭和天皇、香淳皇后(あやすための玩具を手にされている)、皇太子殿下、常陸宮殿下
1961年 詳細不明、鑑賞公務のような場にお出ましされた和服姿の美智子妃殿下モノクロ画像
1961年 田園コロシアムにて開催のデビス・カップ東洋ゾーン準決勝日本対フィリピンご観戦の皇太子同妃両殿下。美智子妃殿下は濃紺に細いストライプ生地のツーピース、淡いオレンジ色コサージュつき濃紺お帽子をお召し
1961年6月24日 葉山海岸にて浩宮に長靴を履かせる美智子妃殿下とそれを見守る皇太子殿下(当時)
1961年6月24日 葉山御用邸静養の海岸にて、ご両親(現在の両陛下)に足を洗ってもらう浩宮
1961年8月28日 軽井沢ご静養に向かう駅での皇太子ご夫妻とご両親と両手をつないで歩く浩宮、真ん中後方に義宮(後の常陸宮)さまも
1961年7月 天皇陛下の長姉・東久邇成子さんが23日癌のため逝去、享年35歳。画像は葬儀場面
1961年8月28日 同上軽井沢ご静養に向かう列車内の美智子妃殿下と浩宮
1961年夏? 軽井沢ご静養での軽井澤基督教書店前にて謹写、テニスウエア姿の皇太子同妃美智子両殿下
1961年 剣道大会ご観戦、貴賓席から拍手を送る皇太子同妃両殿下。美智子妃殿下はレース付きの華やかな帽子をご着用
1961年 剣道大会ご観戦、手にパンフレットのようなものを携えているスーツ姿の皇太子殿下と、濃い色のトップスと光沢のあるスカートが美しい着こなしの美智子妃殿下
1961年10月 京都・奈良ご訪問。神社(場所不明)に参拝される皇太子同妃両殿下。妃殿下は水色のドレスを着用
1961年10月 京都〜富山ご訪問。立山黒部貫光鋼索線(立山ケーブルカー)にご試乗、美女平ヘ向かわれる皇太子同妃両殿下(立山駅ホーム)
1961年10月 立山連峰・天狗平にて絵画の様にお美しい両殿下
1961年10月17日 富山県立山・弥陀ヶ原にてがきの田をを散策される皇太子ご夫妻。美智子妃殿下は定番の開襟ブラウスに青色Vネックセーター、ベージュのタイトスカートとパンプス、グレーのコートを手に
1961年10月17日 立山にて、カメラのレンズを覗き込み「殿下こちらをお向きになって」と声をかけ撮影しようとなさる美智子妃殿下。皇太子殿下はビシッとした凛凛しい後姿
1961年11月5日 「朝萩号」にて馬術障害競技にご出場の皇太子殿下と、ニンジンを手にした美智子妃殿下
1962年1月1日 新年ご一家写真
1962年1月 東南アジア歴訪インドご訪問、カルカッタ(現コルカタ)の動物園にてゾウの背中に乗られる皇太子同妃両殿下(THE HINDUヒンズー紙1962年1月24日付第1面)
1962年1月29日 東南アジア歴訪パキスタンご訪問、首都カラチにてアユブ・カーン大統領の歓迎を受ける皇太子同妃両殿下、美智子妃殿下は和服姿
1962年1月31日 東南アジア歴訪インドネシアご訪問同上大統領官邸、皇太子同妃両殿下とスカルノ大統領(左)、手前の鉢のランには美智子妃殿下の名前がつけられた
1962年1月31日 東南アジア歴訪インドネシアご訪問、大統領官邸での晩餐会に向かうところと思しき皇太子同妃両殿下
1962年1月31日 東南アジア歴訪インドネシアご訪問、カリバタ英雄墓地をご参拝の皇太子殿下
1962年2月? インドネシアご訪問にて、スカルノ大統領とハルティニ第二夫人と美智子妃殿下のスリーショット、美智子妃殿下は軽やかな半袖ショート丈ドレス姿
1962年2月? インドネシアご訪問?白スーツ姿の皇太子殿下と、和服姿の美智子妃殿下
1962年2月 インドネシアご訪問された際の写真。インドネシア側は少年少女合唱団が日本の「サクラサクラ」を歌って歓迎したとのこと
1962年2月23日 2歳の誕生日、ご両親の皇太子夫妻に手を引かれ、皇居に誕生日のあいさつに向かう浩宮
1962年2月24日 国鉄東京駅ホームか、葉山に向かう列車にご乗車前の美智子妃殿下と手をつないだ浩宮
1962年3月2日 葉山御用邸静養でのご一家、ナルちゃんを先頭にして手もつながずに歩いているところに注目
1962年3月2日 葉山御用邸静養の一式海岸にて、浩宮と手をつながれる皇太子殿下と美智子妃殿下
1962年4月 大阪市ご訪問。茶色のストライプスーツの皇太子殿下と淡い黄色のお召し物の美智子妃殿下
1962年4月19日 美智子妃殿下の兄・巌さんと浜口淑さん(元国際電電公社総裁浜口雄彦氏次女)の結婚式へ
1962年4月29日 天皇誕生日一般参賀、斜めに顔を向けられている昭和天皇、香淳皇后・皇太子同妃両殿下は横から。美智子妃殿下の白いドレス姿が優美な一枚
1962年 森林総合研究所九州支所をご視察の両殿下
1962年5月? 東京都千代田区立錦華小学校(現・千代田区立お茶の水小学校)創立90年記念式典御臨席の昭和天皇と香淳皇后
1962年5月2日 宮崎県の青島海岸、棕櫚の木の下で記念撮影の皇太子ご夫妻
1962年5月2日 宮崎県宮崎市青島海岸をご訪問の皇太子同妃両殿下カラー画像
1962年6月6日 上野動物園ご訪問、フラミンゴをご覧になっている皇太子同妃両殿下
1962年8月3-8日 静岡県御殿場市にて、「第3回日本ジャンボリー」開会式にご臨席の皇太子殿下・美智子妃殿下
1962年8月3-8日 静岡県御殿場市にて「第3回日本ジャンボリー」ご視察の皇太子殿下・美智子妃殿下
1962年8月3-8日 静岡県御殿場市にて「第3回日本ジャンボリー」ご視察の皇太子殿下、白いノースリーブワンピース姿の美智子妃殿下
静養への移動電車、父皇太子殿下に横抱っこされている浩宮にエレガントなお帽子とワンピース姿の美智子妃殿下
1962年夏? ご静養先へ移動する駅にて、先を歩く皇太子殿下、そして手つなぎで歩く母美智子妃殿下と浩宮
1962年8月4日 沼津御用邸での散策で石から降りようとする浩宮と手を繋ぐ美智子妃、それを見守る皇太子殿下
1962年8月4日 沼津御用邸での散策にて、枝にからまった美智子妃の髪を皇太子殿下が丁寧に取られる有名な写真の全体。皇太子殿下の傍には、帽子を手にしている浩宮が。美智子妃のワンピースには大きなポケットがついており、ハンカチなど子供に必要な物がたくさん入るよう工夫されています
1962年8月 軽井沢で皇太子殿下運転の車でドライブ中の美智子妃殿下と浩宮
1962年 軽井沢静養にて皇太子殿下が運転、助手席に美智子妃殿下が座りドライブ
1962年 昭和37年志賀高原、どこか初々しいご夫婦の姿(皇太子殿下28歳、美智子妃殿下27歳)
1962年 志賀高原、双眼鏡で遠くを眺める皇太子殿下と、同じくその方向を見つめる美智子妃殿下
1962年9月17日 大原美術館で収蔵作品を鑑賞される両殿下
1962年10月 昭和天皇が名古屋を訪れた際浩宮に贈るため買い求めた日本陶器のメラミン樹脂製の食器。当時の値段で600円
1962年10月 東宮御所にて、皇太子殿下、和服姿の美智子妃殿下、浩宮のご一家写真
参考:2008年10月25日 「皇后さまと子どもたち」写真展鑑賞の東宮一家
1962年10月27日 野球観戦をされる皇太子同妃両殿下
1962年10月30日 秋の園遊会。左から美智子妃、皇太子、昭和天皇、香淳皇后、義宮。香淳皇后と話をしているのは島津貴子さん
1962年11月5日 東宮御所車寄せにて、フィリピンご訪問からご帰国、両殿下を出迎えた浩宮を抱きあげる美智子妃殿下(よみうり写真館)
ダンディーなコートとマフラー姿の皇太子殿下と、ファッショナブルなコートとお帽子姿の美智子妃殿下
1962年12月23日 皇太子殿下の29歳のお誕生日用に東宮御所の庭で撮影された浩宮との写真。浩宮が体のバランスをうまくとり、階段を怖がることのないようにとハシゴや丸太を皇太子殿下が用意されたという
1963年1月1日 庭園に出したデッキチェアでくつろがれる真冬の格好の昭和天皇・香淳皇后・皇太子同妃・浩宮・義宮。香淳皇后と美智子妃はこの時代流行だった毛皮のマフラーをご着用
1963年1月1日 新年ご一家写真として「三度目のお正月」と見出しが添えられたグラビア。小さな体がソファに沈み込み、足が浮き上がったちょっとお行儀の悪い格好になっている浩宮。常陸宮と香淳皇后と美智子妃はにこやかに見守っているが、昭和天皇と皇太子(当時)はやや硬い表情である
世界画報 1963年2月号<ナルちゃんいくつ 浩宮さまを中心にいつも楽しい皇太子ご一家/パパと背中の流しッコ>表紙目次記事一部
スーツ姿の皇太子殿下・和服姿の美智子妃殿下・幼児用スーツ姿の浩宮一家3人記念写真ポスター、「平凡2月号第4付録」と記載があり、おそらく1963年浩宮誕生日発表された画像が雑誌付録に利用されたものか
  • 1963年3月4日美智子妃第二子ご懐妊発表されるも胞状奇胎のため同月22日流産。この後バッシングもあり三ヶ月の静養生活に入られる。
1963年 美智子妃殿下を見舞うため宮内庁病院を訪れた皇太子殿下
1963年4月17日19:00、美智子妃は両陛下に挨拶をされてから皇太子殿下と共に葉山御用邸へ移動、翌日皇太子殿下は帰京され美智子妃は一人ご静養に。7月2日に一旦帰京後、同月8日に軽井沢静養へ出発。
1963年 皇太子殿下・浩宮と一緒に美智子妃殿下が正田家に里帰り、母方祖父母ら実家の方々に子供らしいお辞儀でご挨拶する浩宮
1963年4月 米軍統治下の沖縄から上京中の公立中学校の教員、生徒たちからなる「豆記者」たちが東宮御所を訪問、ご接見される皇太子殿下
1963年 科学警察研究所の投影拡大器で偽千円札をご覧になる皇太子殿下
1963年 苗が植えられたばかりの水田を視察している皇太子同妃両殿下、美智子妃殿下の静養先でか?
1963年7月8日 国鉄上野駅構内にて、ご静養先の軽井沢に向かう皇太子ご一家
1963年7月8日 静養のため上野駅から軽井沢に向かう皇太子ご一家
1963年7月8日 ご静養へ向かう軽井沢駅での皇太子ご一家。どこか弱々しい笑顔の美智子妃殿下
1963年8月6日、戸隠高原のガールスカウトのアジア大会のお別れキャンプ・ファイヤーにご参加。前日より軽井沢プリンスホテル→野尻湖ホテルにご夫婦で投宿、8ヶ月ぶりのご公務。その後8月末に帰京。
1963年9月 下関市の赤間神宮を訪れた皇太子殿下
1963年10月23日 皇太子殿下のご提案による二泊三日の奥日光旅行、少年時代の殿下にとって思い出深い学習院光徳小屋でお過ごしになり、美智子妃殿下は流産後の心身を癒された
1963年10月 学習院光徳小屋の簡素なテラスにてお二人揃って記念写真
1963年10月23日 奥日光の光徳小屋で二泊三日のご静養、紅葉の中を散策される両殿下
1963年10月23日 奥日光で二泊三日のご静養、木立の中を散策される両殿下
1963年11月26日 聖イグナチオ教会にてケネディ大統領追悼ミサにご出席の皇太子ご夫妻、この頃美智子妃殿下も公務に復帰されている
1963年12月20日 東宮御所にて愛犬とご一緒に撮影された皇太子殿下30歳お誕生日画像。犬はオーストラリアから贈られた野生犬「ディンゴ」と思われる。後年病気が心配で姉上池田厚子さんの動物園に引き取られたとのこと
1963年12月20日 東宮御所庭園にて、愛犬であるオーストラリア野生犬「ディンゴ」と、スーツ姿に自転車で散歩の皇太子殿下
1963年 正田家にお里帰りされた美智子妃殿下と皇太子殿下と浩宮
1964年1月10日 宮中歌会始(お題は“紙”)。現在よりも皇族の出席者は少ない
1964年1月26日 箱根の駒ケ岳スケートリンクにて第19回冬季国体スケート競技ご観戦の皇太子同妃両殿下、美智子妃殿下は防寒フードつきのお召し物
1964年2月22日 浩宮4歳誕生日画像として撮影されたお父様と腕相撲をする浩宮、笑顔で見守る母美智子妃殿下
1964年3月 二泊三日の房総半島巡り家族旅行で地元の子どもたちから花束を受け取っているところ
1964年3月 皇太子(=今上陛下)ご一家房総半島旅行の宿泊先旅館で、スリッパを出されたもののどうしていいか分からず長いこと立ち竦んでいた浩宮徳仁親王ことナルちゃん。ご両親に質問してみるとか真似をしてみるとかの知恵が働かないごゆっくり風味エピソードである(2007/11/7 TBS皇室特番より)
1964年頃 おそらく浩宮幼稚園入園日かと推測される写真
1964年5月10-17日 メキシコご訪問、紙吹雪の舞う中、沿道に集まった歓迎の人達に手を振って応えるオープンカー上の皇太子殿下。左はロペスマテオス・メキシコ大統領
1964年5月 皇太子同妃時代に公式訪問された時の写真(写真提供=タイ字紙マティチョン)
1964年5月 タイご訪問にて、プミポン国王およびシリキット王妃にカーティシーでご挨拶なさる美智子妃殿下 / 同連結画像
1964年 <総天然色 皇太子ご夫妻タイ国の旅 美しい南国風景、日・タイをつなぐ親善のご旅行記>東宝映画ポスター
1964年7月23日 東久邇成子さんの三回忌、昭和天皇・香淳皇后(席は確認できるがお姿は写っていない)もご出席。秩父宮妃は洋装、美智子妃は黒無地和装姿
1964年8月 八方尾根に登山される皇太子ご夫妻
1964年8月 軽井沢でテニスの際、ベンチで休む両殿下。美智子妃殿下は肩にハンカチをあてていらっしゃる。野次馬が大量にいるからか、皇太子殿下も苦笑い
1964年8月 同上、ダブルスを組む両殿下
1964年8月 同上、フェンスに手をかける美智子妃殿下
1964年9月 東京五輪のメーン会場となる国立競技場をご視察される皇太子殿下。左はオリンピック委員会の竹田恒徳委員長
1964年10月3日 学習院幼稚園運動会にて、ネクタイ姿でとんがり帽子をかぶり父親ペア競走に参加する皇太子殿下
1964年10月4日? 学習院幼稚園運動会に参加される皇太子ご一家。しかし浩宮は「カゼをひかれたあと」とかで、ござの上にごろりと一人だけ寝転がったりも
1964年10月 東京オリンピックでレスリングをご覧になる皇太子同妃両殿下
1964年10月 射撃競技・フリーピストルを観戦される皇太子殿下。朝霞射撃場で。
1964年10月 水泳競技大会をご台覧の皇太子同妃両殿下。妃殿下の御席の左横には無造作に取材陣のカメラが。貴賓席で足を組む婦人にも注目
1964年10月26日 東京オリンピック閉会式、皇太子殿下とファーをあしらった華やかな印象のコート姿の美智子妃両殿下、お二人の間に常陸宮殿下
参考ようつべ:映画「東京オリンピック」 開会式入場行進 ttp://www.youtube.com/watch?v=iL2Yymyb-yk

週刊平凡 1964年10月29日号<特集・オリンピックの顔と顔/ロイヤル・ボックス>皇太子同妃両殿下と常陸宮同妃両殿下ご臨席のモノクログラビア
1964年11月 国際身体障害者スポーツ大会(東京パラリンピック)。左:選手を激励される皇太子両殿下。右:場所不明。同大会の通訳奉仕団結成式で挨拶される美智子妃殿下
1964年11月 障害者スポーツ大会(東京パラリンピック)開会式、車イスを連ねた選手達の入場行進を貴賓席からごらんになる名誉総裁の皇太子両殿下
1964年11月 障害者スポーツ大会にご臨席された皇太子同妃両殿下と香淳皇后
1965年4月 羽田空港でラオス皇太子ご夫妻をお見送りのお二人
1965年4月 羽田空港でラオス皇太子ご夫妻をお見送り別画像。この後美智子妃の礼宮様ご懐妊が発表される
1965年5月5日 ご成婚祝いで全国から寄せられた御祝金で横浜こどもの国を設立、開園式典光景(JNN2009/12/19より)
1965年5月 生花展をご覧になるお二人
1965年6月13日 神奈川の吉田茂・元首相邸を訪問、皇太子同妃両殿下と吉田茂のスリーショット
1965年7月15日 渋谷区の東京都児童会館を訪れ、ロボットを見学する美智子妃殿下と浩宮。美智子妃殿下の左に立っている和服の女性は、皇籍離脱前に同所の宮邸に住んでいた梨本伊都子さん(朝日新聞社)
1965年7月15日 東京タワーの展望台から、白くかすむ都心の風景を眺める浩宮さまと美智子妃殿下。浩宮を抱くのは浜尾実侍従(朝日新聞社)
1965年7月 登山をされる皇太子殿下と浩宮=1965年8月、長野県の小浅間山山頂
1965年7月26日 静養先の軽井沢で、野道をサイクリングする皇太子殿下と浩宮、見守る美智子妃殿下(朝日新聞社)
1965年8月 本土・沖縄豆記者親善運動の一環で、軽井沢滞在中の皇太子ご一家を訪ねた沖縄の中学生たちと琉球舞踊を鑑賞する皇太子殿下、美智子妃殿下、浩宮(朝日新聞社)
1965年8月17日 軽井沢ご静養にて、散策をなさる皇太子ご一家。美智子妃殿下は礼宮殿下をご懐妊中
1965年8月17日 軽井沢・峯の茶屋にて美智子妃(礼宮様ご懐妊中)手作りお弁当を広げる皇太子ご一家。茶屋休憩でもガラスコップに草花を活け飾ってある所ときちんと隙なく揃えられている美智子妃殿下のおみ足に注目
1965年10月 東宮御所の庭にて撮影された美智子妃殿下お誕生日用写真の皇太子同妃両殿下
1965年秋 東宮御所の居室で読書される皇太子殿下と、ご出産を間近に控え編み物をされる美智子妃殿下
1965年10月10日 東京五輪から1年が経ち、オリンピックの感激を新たにするスポーツの日(現体育の日)に開かれた国立競技場での中央大会にご臨席された皇太子殿下。隣りは佐藤栄作首相。
1965年11月21日 日本武道館にて、第13回日本学生剣道優勝大会を観戦した皇太子殿下と浩宮
毎日新聞朝刊 1965年(昭和40年)11月30日<第二男子をご安産 美智子さま 今晩零時22分>記事
1965年11月30日 新宮(礼宮)ご誕生。美智子妃殿下と礼宮をお見舞いされるため宮内庁病院に到着された皇太子殿下
1965年11月30日 宮内庁病院での新宮(礼宮)とのご対面と美智子妃殿下のお見舞いを終え、車に乗り込む前に関係者に会釈をする皇太子殿下と浩宮
1965年11月30日 新宮(礼宮)ご誕生。美智子妃殿下をお見舞い、新宮とご対面のあと、車で宮内庁病院を後にされる皇太子殿下と浩宮
講談社『ヤングレディ』1965年12月13日号<美智子妃殿下、親王さまご出産秘話特集 ぼくのかわいい弟が生まれた!無事ご出産の美智子妃殿下と浩宮さまのお喜び>記事その1 / 『ヤングレディ』同号記事その2
1966年 「美智子さま愛と慈しみの40年 貴重な写真で綴る愛の“年輪」より、カラーグラビア
1966年3月5日 学習院幼稚園の園児たちと一緒に横浜市の「こどもの国」に遠足。屋外スケートリンクでの模範滑走を見学する美智子妃殿下と浩宮(中央)
1966年3月 ご誕生から92日目を迎えた礼宮殿下の皇居での「賢所、皇霊殿、神殿に謁(えっ)するの儀」(一般の「お宮参り」)当日、赤坂御用地の東宮御所で礼宮殿下をあやす浩宮と、それを見守られる皇太子同妃両殿下=1966(昭和41)年3月、宮内庁提供
1966年3月 ナルちゃん学習院幼稚園卒園式、ご両親である皇太子殿下と美智子妃殿下揃ってご出席
1966年3月29日 横浜マリンタワーと氷川丸をご見学の皇太子ご一家。第2子礼宮様ご出産後4ヶ月で既にこのスタイルの美智子妃
1966年3月29日 同上横浜港にて、氷川丸の甲板の望遠鏡で港を見学する浩宮とそれを見守る美智子妃殿下と皇太子殿下
1966年3月30日 前年11月に誕生した礼宮をベビーカーに乗せ浩宮が押す係となって東宮御所庭を散策されるご一家カラー画像。皇太子殿下はビシッとスーツ姿、美智子妃殿下は和服姿であるところも注目
1966年3月30日 礼宮の乳母車を押す浩宮、スーツ姿の皇太子殿下と着物姿の美智子妃殿下一家4人のモノクロ画像。生後130日のこの日、礼宮お食い初めの儀が行われた
1966年3月30日 礼宮の乳母車を押す浩宮、スーツ姿の皇太子殿下と着物姿の美智子妃殿下一家4人のモノクロ画像
1966年7月 長野県の松代大本営跡に造られた気象庁松代地震観測所で、西沢長野県知事(左)、竹花所長(手前)とともに地震計をご視察される皇太子殿下。知事の後ろは鈴木菊男東宮大夫。
1966年7月25日 国鉄上野駅ホームにて、軽井沢ご静養に向かうために臨時急行「浅間高原号」にお乗りになる皇太子ご一家。礼宮殿下は女官が抱いていて、その後ろには牧野純子東宮女官長の姿も
1966年8月7日 岡山県日本原の高原にて第4回日本ジャンボリーにご出席。欧州外遊仕込みのスマートさで、車から降りられる美智子妃の手を取られる皇太子殿下
1966年8月7日 第4回日本ジャンボリーにご出席、白いお召し物がファッショナブルな皇太子ご夫妻。強い日差しから目を守るためのサングラスと青い大きな帽子に手袋も見事に身につけられる美智子妃殿下
1966年8月7日 岡山県の日本原高原で開かれた第4回日本ジャンボリーで、ボーイスカウトの大行進を見守られる皇太子同妃両殿下
1966年8月13日 皇太子ご一家団欒風景。ライオンのぬいぐるみを背にしている礼宮
1966年8月 鳥取県お成り。第8回国立公園大会ご臨席を前に鳥取県庁に立ち寄られ、歓迎の人達に手を振って応えられる皇太子同妃両殿下
1966年8月 鳥取での第8回国立公園大会ご臨席後の帰路に、米子空港で乗り込まれる飛行機のタラップから見送りの人達に帽子を振って応えられる皇太子殿下と美智子妃殿下
女性自身 1966年8月22日号<皇室特集 愛と喜びの21年史 幸せのきずな>表紙・グラビア
1966年9月 ご静養先の葉山から東京へ戻られる車中の皇太子ご一家
1966年9月 皇太子殿下と美智子妃殿下のツーショットポートレート。完璧としか言いようの無い美しい和服姿の美智子妃殿下。雲取りの中に雪持ちの露芝を描いた模様、皇室の副紋でもある桐模様の帯、着物や帯の色と同じ赤い草履
1966年12月 鎌倉にてテニスをなさる皇太子同妃両殿下
1966年12月 葉山にてテニスをなさる皇太子同妃両殿下
1967年5月9日 南米3カ国(ペルー、アルゼンチン、ブラジル)ご訪問に出発される皇太子同妃両殿下を、東宮御所玄関で見送る長男浩宮と次男礼宮(1歳6ヶ月)
1967年5月9日 南米ご訪問に出発されるご両親を見送りに手をつないで東宮御所玄関前に登場する浩宮礼宮兄弟。後ろにご両親皇太子同妃両殿下の姿が見える。玄関前で迎えているのは浜尾実東宮侍従浜尾実
1967年5月9日 南米ご訪問に出発されるご両親を見送る浩宮7歳と礼宮2歳
1967年5月9日 南米3ヶ国ご訪問へ出発、羽田空港飛行機タラップ上から帽子を持った手を振られる皇太子殿下と微笑んでご挨拶される美智子妃殿下
1967年5月 ペルーご訪問、ベラウンデ大統領のお出迎えを受ける皇太子同妃両殿下
1967年5月 ペルーご訪問の皇太子同妃両殿下
1967年5月 ペルーの公式晩餐会で出席者と握手をされる皇太子同妃両殿下
1967年5月 ブラジルにて、スタジアムで大勢の人々からの奉迎を受ける皇太子同妃両殿下
1967年7月25日 乗鞍岳登山をされる皇太子ご一家。まだ2歳にもならない礼宮殿下はお留守番。珍しく長い髪を三つ編にして後ろへ垂らしている美智子妃殿下
1967年7月25日 同上乗鞍岳登山のご一家
1967年10月 島根県ご旅行中、古寺の石段を寄り添って降りられるお二人
皇太子殿下と水玉模様のお召し物とターバン姿の美智子妃殿下
1967年11月 皇太子殿下ご一家と2匹のリクガメ
1968年1月 昭和天皇ご一家元旦発表映像撮影、昭和天皇のいちばん近くに礼宮が。昭和天皇は「アーヤちゃん」と呼んで特に可愛がっていらした(1967年12月撮影)
1968年1月 <“おめでとう”ってアーヤもいえたよ これが礼宮さまのお正月>元旦皇室ご一家画像を利用したとある雑誌掲載カラーグラビア
1968年1月28日 上野動物園を家族そろって訪れ、新幹線型お猿電車に乗られた皇太子同妃両殿下と浩宮と礼宮殿下=1968年(昭和43年)1月撮影
時期不明 昭和天皇と将棋をする浩宮、それを傍らのソファに座って見守る皇太子殿下(当時)と香淳皇后、その間にちょこんと座って絵本を見ている小さな礼宮
1968年 江の島マリンランドへおでかけの皇太子ご一家、チンパンジーを前にして嬉しそうな笑顔の礼宮
1968年4月5日 羽田空港にて、九州ご旅行へ出発される皇太子ご夫妻を見送りする浩宮8歳
1968年6月3日 横浜こどもの国へお出ましの皇太子(当時)ご一家、水遊びする浩宮と礼宮(よみうり写真館)
1968年7月 福島県の国立公園大会にて談笑される皇太子ご夫妻。Vネックのインナーを合わせるのは美智子妃の定番スタイル。皇太子殿下は黒白チェックのチーフを胸に
1968年7月 福島県裏磐梯にて、手に手をとり歩まれるお二人の仲睦まじい光景
1968年8月 「美智子さま愛と慈しみの40年 貴重な写真で綴る愛の年輪」」より、カラーグラビア
1968年8月5-10日 奥浜名湖ご静養(画像キャプションは7月だが浜松市HP動画で8月と確認できる)西気賀保養所でご滞在。5日午後、これから海水浴に出かける皇太子ご一家。地元の子供達と一緒に水泳を楽しまれた。この翌日6日に礼宮殿下はナマズと初めての出会いをされる
1968年8月5-10日 奥浜名湖ご静養別画像
1968年8月5-10日 奥浜名湖ご静養別画像
1968年8月5-10日 奥浜名湖ご静養にて手ずから舟の櫓をこがれる皇太子殿下
1968年8月5日 奥浜名湖ご静養、船からゴムボートに乗り移ろうとする皇太子殿下と浩宮。それを船から見守る美智子妃殿下と礼宮
1968年8月7日 西気賀の宿舎近くで行われた花火大会をご一家で見物。浴衣を着た浩宮と礼宮。花火の大きな音にビックリして美智子さまに抱きつかれる礼宮殿下
参考ようつべ:皇太子殿下ご一家奥浜名湖の休日 (浜松チャンネル) ttp://www.youtube.com/watch?v=RHrDMquelcw

奥浜名湖で過ごされた6日間の休日を詳しく紹介(1968年8月5日〜)
1968年8月 静岡県引佐郡三ヶ日町の佐久米海水浴場(浜名湖)、この時は美智子妃殿下も水に入り一家で海水浴
1968年8月 長野県軽井沢町にて沖縄豆記者とお話をされる皇太子同妃両殿下と、隣で顎を上げた後ろ手の格好で話を聞く浩宮(8歳6ヶ月)。恐らくご静養途中に入っていたご公務
1968年頃 ご静養中海水浴を楽しまれる皇太子ご一家
1969年1月2日 新年一般参賀、美智子妃はこの時同年4月ご誕生の紀宮さまをご懐妊中
1969年3月1日 「着帯の儀」の前。皇室では、懐妊5ヶ月目に行う「内着帯の儀」と9ヶ月目に行う「着帯の儀」がある。東宮御所にて皇太子殿下にご自分で縫われた産着などをお見せする美智子妃。ひな祭りに合わせ桃と菜の花が花瓶に活けてある。机の上にはデンデン太鼓やお人形など。ベビードレスを着せた籐製トルソーの頭部にはバラが飾られている
1969年5月8日 ご出産された紀宮さまを抱いて退院される車中の美智子妃殿下。皇太子殿下も付き添われた
参考ようつべ:皇太子殿下浩宮さま奥浜名湖へ (浜松チャンネル) ttp://www.youtube.com/watch?v=XOOIX551WaU

皇太子殿下の奥浜名湖での休日の様子を紹介(1969年7月25日〜)
1969年夏 軽井沢の牧場を一家でご訪問、白ウサギを抱っこする美智子妃殿下と礼宮さま。後の佳子さまデコポンタンにつながるおでこちゃんぶりが確認できる連結画像
1969年7月 「美智子さま愛と慈しみの40年 貴重な写真で綴る愛の“年輪」より、カラーグラビア
女性自身 1969年9月6日号<東宮ご一家この夏のすべて>皇太子殿下&紀宮を抱かれている美智子妃殿下表紙
1966年10月11日 東宮御所をお訪ねになった昭和天皇・香淳皇后を玄関前でお出迎えする皇太子ご一家。出迎えた礼宮の顔を嬉しそうに覗きこむ香淳皇后/同画像
1969年11月28日 礼宮4歳お誕生日画像。東宮御所で団欒の皇太子ご一家
1969年12月 昭和天皇ご一家元旦映像撮影、紀宮さま初正月、昭和天皇と同じ椅子に座るアーヤ
1970年2月13日 東宮御所でのマレーシア・シンガポール親善訪問前記者会見をされる皇太子同妃両殿下
1970年2月 マレーシア・シンガポールご訪問。車から降り、手を振られる白スーツ姿の皇太子殿下と、桜柄の着物をお召しの美智子妃殿下
1970年2月20日 マレーシアの王宮にてムアザム副王主催の夕食会。前国王令息のラジャ・ムダご夫妻と歓談される皇太子同妃両殿下。果物がはっきり映るほどに磨かれたテーブルに注目。美智子妃と語らうラジャ・ムダ氏は嬉しそうなご表情
1970年 葉山でご静養、砂浜で紀宮様を膝に乗せ子供と犬が遊ぶ様子をご覧になる美智子妃殿下
1970年3月 千葉県白浜お成り、足場の悪い岩場で美智子妃殿下の手をとりエスコートなさる皇太子殿下
1970年3月 新潟県苗場スキー場にてスキーを楽しむ皇太子ご一家(当時)。左上:スキーを楽しむ浩宮殿下と美智子妃殿下。左下:スキー場に到着し、挨拶をされている。右:リフトに乗られる美智子妃殿下
1970年3月 行川アイランドに一泊ご旅行の東宮ご夫妻と礼宮さま
1970年4月17日 オランダ・ベアトリクス王女(当時)とクラウス殿下が訪日、和服姿の東宮ご一家とご歓談
1970年7月24日 静岡県に静養を兼ねご訪問、地元の子供たちとご対面
1970年7月24日 父皇太子殿下と浩宮と礼宮がお揃いの白甚平姿で浜名湖へ、礼宮は青白浮き袋を手にしている。後方にカジュアルなストライプシャツの母美智子妃殿下 
1970年7月24日 静岡県浜名湖で和船に乗られる皇太子ご一家と鷹司和子さん(昭和天皇の第三皇女)。和子さんは夫・平通氏と死別しており、皇太子ご一家の思いやりが感じられる。水中から船縁に手をかけた後ろ姿が皇太子殿下か、逞しい腕に注目
1970年7月24日 浜名湖ご静養、ご家族で和船に乗り海水浴を楽しまれる皇太子ご一家と鷹司和子さん。船からジャンプして湖に飛び込む浩宮
1970年8月 岐阜県長良川の鵜飼いを見物する、紀宮を除く皇太子ご一家(朝日新聞夕刊 2012年10月13日<鵜飼いの「技」を42年ぶり披露へ皇太子殿下、長良川訪問>記事より)
1970年8月31日 ご静養を終えて帰京、国鉄上野駅に到着された皇太子ご一家。浩宮が紀宮を抱いている。浩宮と礼宮はお揃いの半袖白シャツに灰色半ズボン。美智子妃が紀宮ご出産前からお召しのスーツは膝上丈スカート
1970年8月31日 ご静養を終えて帰京、上野駅改札を小さな紀宮の手を引いて通る美智子妃
1970年11月8日 子供用テーブルセットで折り紙を折る礼宮と紀宮、浩宮は読書。子供たちを見守られる両殿下(当時)。兄弟お揃いのシャツとセーターに注目
1970年12月14日 東宮御所の和室にて歌留多競技大会に向けて浩宮を相手に札取りの練習をされる皇太子殿下。読み人(朗詠役)の美智子妃は着物をお召し
1971年1月 昭和天皇ご一家画像、チョークのようなものを手に悪戯っ子の表情をしている礼宮が昭和天皇の傍らに
1971年1月 ご一家別Ver.画像、アルバムのようなものを見て楽しんでいる光景
1971年ごろ 昭和天皇ご一家画像
1971年1月1月 昭和46年正月、新年祝賀の儀でお揃いの皇族方
後列左から、宜仁親王、寛仁親王、高松宮、秩父宮勢津子妃、高松宮喜久子妃、三笠宮、三笠宮百合子妃。
前列左から、常陸宮華子妃、皇太子(=今上陛下)、美智子皇太子妃、常陸宮。
1971年3月 新潟県苗場スキー場にご到着の皇太子ご一家
1971年3月29日 新潟県苗場スキー場。サングラスをしてスキーを楽しまれる皇太子ご一家
1971年3月29日 新潟県苗場スキー場、スキーを楽しまれる皇太子(当時)ご一家
1971年4月25日 上野動物園でおさるの電車にご乗車の美智子妃殿下、礼宮殿下、紀宮殿下
1971年4月25日 同上、上野動物園にご来場、ラマ、ウサギ、ゾウなどさまざまな動物たちと触れ合われる美智子妃殿下、礼宮殿下、紀宮殿下
1971年6月3日 東京都港区元赤坂で、3人のお子さまたちに見送られアフガニスタンへ出発される両殿下
1971年6月 アフガニスタンのバーミヤン遺跡をご訪問された皇太子両殿。足元が非常に悪いのにローヒールとはいえパンプスでエレガントな所作の美智子妃
1971年6月 アフガニスタンのバーミヤン遺跡をご訪問された皇太子両殿下。歩くだけでも大変な巨大遺跡なことがよく分かります
1971年7月 長野県と山梨県ご訪問。上:場所不明。お話をお聞きになる両殿下/下:長野県八ヶ岳農場にて。長靴を履いておられる美智子妃の珍しい写真。暑いので顔が汗で光っている。美智子妃はピンクのブラウスにお揃いのエプロンをお召しか?(チュニックかも)。上写真では後ろにリボンが見える
1971年? 軽井沢での皇太子同妃両殿下と礼宮殿下と浩宮
1971年10月5日 椅子に腰かけ書物を手にしたポーズで撮影された皇太子殿下
1971年11月10日 京都大学白浜水族館ご訪問の皇太子同妃両殿下
1971年11月 来日したタイのラチワロンコン皇太子とご歓談される皇太子ご夫妻と同席のお子様三人。今上・浩宮・礼宮・紀宮は着物姿、美智子妃殿下は恐らくタイシルクを用いたお召し物を身に着けている
1971年11月12日 東宮御所の砂場で遊ぶ3人のお子様達と、見守る皇太子同妃両殿下。お揃いのセーターとズボンの浩宮と礼宮、バケツを持って座っている紀宮。この砂場は両殿下自らシャベルで掘って作られたそう
1971年11月12日 赤坂御用地の東宮御所の庭でバドミントンに興じる礼宮とそれを見守る皇太子同妃両殿下、浩宮、父皇太子殿下に抱っこされている紀宮
1972年2月 苗場スキー場にてさりげないペアのスキーウェアでスキーを楽しまれる皇太子両殿下
1972年4月5日 ご成婚記念で作られた横浜こどもの国にお出ましする皇太子ご一家五人
1972年4月5日 こどもの国にてポニーと触れ合う皇太子ご一家5人
参考ようつべ:水と緑の夏休み〜皇太子ご一家〜 (浜松チャンネル) ttp://www.youtube.com/watch?v=KThEVa3Xi_o

奥浜名湖で夏休みを過ごされた皇太子ご一家の様子(1972年7月24日)
1972年5月? 東京都千代田区立錦華小学校(現・千代田区立お茶の水小学校)創立100年記念式典へと御臨席あそばされた皇太子同妃殿下
1972年7月24日 静岡県浜松市・平野社団西気賀保養所ご滞在中の皇太子ご一家。静岡県浜松市北区細江町役場の大会議室に飾られている、ご一家の写真の一枚
1972年8月31日 群馬県の浅間園へと御一家で行かれた時の皇太子同妃両殿下の2ショット写真
1972年9月 徳之島にて、磯辺で皇太子殿下が見つけられた物を一緒にご覧になる美智子妃殿下。籠をお持ちの美智子妃は長靴姿、魚類学がご専門の皇太子殿下はジャンパーがずり上がっているのも気にならないほど夢中なご様子
1972年9月 大相撲九月場所千秋楽、皇太子同妃両殿下と浩宮礼宮殿下の台覧相撲観戦光景連結画像。初代・貴ノ花と輪島の好取組があった(2013年10月16日「マツコ&有吉の怒り新党」より)
参考ようつべ:1972【伝説の名勝負】貴ノ花vs輪島【Legend game】 ttp://www.youtube.com/watch?v=JtroLpOB9BM

1972年冬 雪道で尻もちをつかれる皇太子殿下と心配そうな美智子妃殿下と手を差し出す礼宮と突っ立って見ているだけの浩宮
1973年元日 新年ご一家画像(撮影は前年12月)。カーペットの床上にてピンボールゲームで遊んでいる浩宮礼宮紀宮
1973年5月 オーストラリアの高官を揃って和服姿でご接待される皇太子殿下と美智子妃殿下。お子様方も一緒に
1973年5月 オーストラリアのビクトリア州総督主催歓迎晩餐会に皇太子同妃両殿下ご出席、一同で記念撮影。美智子妃殿下はティアラに大綬にドレス姿の盛装
1973年5月8日 オーストラリア・キャンベラのレークサイドホテルにて、パーティ出席者と歓談される皇太子同妃両殿下。美智子妃殿下は髪に王冠のアクセサリー、黄色の大きな花柄レースのドレス、ドレスと同じ花のモチーフをつけたお揃いのバッグ / 同別画像
1973年5月 メルボルンの晩餐会ご出席の皇太子同妃両殿下、美智子妃殿下はプラチナ色に輝く生地?を随所にあしらった凝った作りのスクエアネック白ドレス
1973年5月6〜23日 オーストラリア、ニュージーランド訪問。オーストラリア・メルボルン市で「ミチコ」と名づけられたコアラと皇太子同妃両殿下
1973年6月 神奈川県の福祉センターをご訪問
1973年8月1日 三重県伊勢市で開催された全国高校総体の総合開会式、放鳩式で貴賓席に迷い込んだハト一羽を保護し机上に乗せている美智子妃殿下
1973年8月 軽井沢ご静養、テニスコートで審判役を務める浩宮と、それをクラブハウスからご覧になる皇太子同妃両殿下とご両親の正田夫妻。冨美さんは珍しく洋装姿
週刊明星 1973年10月14日号<あのガロが皇太子夫妻の前で歌う!>表紙
1973年12月18日撮影 1974年新年ご一家画像。吹上御苑花蔭亭にて、ピアノを弾く紀宮殿下(当時4歳8ヶ月)を囲む昭和天皇ご一家モノクロ画像
1973年12月18日撮影 同上カラー画像、今度は礼宮殿下がピアノに触れる。紀宮さまは美智子妃殿下に抱っこされている
1973年? 皇太子殿下(当時)誕生日画像か? ソファに腰かけて一家で本を見ている光景、浩宮と礼宮はお揃いの白い編み込みセーター
1974〜1976年 詳細不明、東宮御所玄関にて皇太子両殿下とそれぞれ制服姿の浩宮・礼宮・紀宮
時期、掲載誌不明 <父、英三郎氏を訪ねた日>モノクログラビア記事、群馬県館林市の日清製粉工場を訪問された皇太子同妃両殿下。この翌日は軽井沢静養にご出発
1974年 宮内庁の正式依頼を受けて作成された宮永岳彦画伯による皇太子・皇太子妃両殿下の肖像画(ブラジル・サンパウロ市日本文化協会所蔵)
1990年に全国の松坂屋で開かれた宮永岳彦画伯展覧会のパンフレットより。明治以降、宮内庁に正式に許可された肖像画はこの作品のみで、この展覧会が日本での初里帰り公開だと説明書き。
1974年 翌春のネパール国王戴冠式に出席するための勉強をしている両殿下
1974年 野口英世記念館をご訪問の皇太子・皇太子妃両殿下
1974年2月10日 第32回全日本学生・児童発明くふう展を訪れ、礼宮殿下と一緒に受賞作品について製作した小学生から説明を聞かれる皇太子同妃両殿下=1974年(昭和49年)2月10日撮影
1974年11月 来日したベルギー国王・王妃両陛下の前でピアノを弾く浩宮(14歳)と皇太子ご一家。楽譜はブルグミュラー練習曲2番「アラベスク」。紀宮様がお持ちなのはベルギー王室からプレゼントされた水色ワンピースを着た大きなクマのぬいぐるみ
1975年1月 池の畔で撮影された新年のご一家、やんちゃそうな礼宮と池の水を触ってみる紀宮
1975年1月12日 高島屋日本橋店で開催の中国「漢唐壁画展」にて、中国古代壁画をご覧になる皇太子殿下と浩宮
1975年3月22日 全国発明工夫展授賞式にて
1975年5月7日 エリザベス女王来日、美智子妃殿下がカートゥシーでお出迎えされる場面
1975年5月9日 イギリス・エリザベス女王来日を東宮御所前にて出迎える皇太子ご一家、6歳になった紀宮殿下がお車に向かってカーティシーをされる
1975年5月9日 車から降りられたエリザベス女王陛下と歓談される皇太子ご一家
1975年5月9日 来日したエリザベス女王と皇太子ご一家画像
1975年5月9日 東宮御所庭でのエリザベス女王と皇太子ご一家、紀宮殿下がカーティシーをしながらエリザベス女王に花束を手渡している場面
1975年 父昭和天皇がアメリカご訪問中、国事行為代行として署名する皇太子殿下(当時41歳)
1975年 昭和天皇・香淳皇后の訪米土産を手に笑顔の礼宮と紀宮、それを見守る皇太子同妃両殿下と常陸宮両殿下と浩宮
1975年7月17日 沖縄海洋博覧会の開会式に名誉総裁としてご臨席のため沖縄県行啓、慰霊碑前で献花される皇太子同妃両殿下。戦後初めての皇族の沖縄ご訪問となった
1975年7月17日 沖縄海洋博覧会の開会式に名誉総裁としてご臨席のため沖縄県行啓。島尻郡豊見城(現・豊見城市)に残る旧日本帝国海軍沖縄方面根拠地隊司令部の地下壕で参謀室をご視察される皇太子殿下(当時)と美智子妃殿下
1976年 16歳のナルちゃんと皇太子同妃両殿下
1976年4月9日 紀宮の学習院初等科入学式。保護者たちの中で並んでいらっしゃる皇太子殿下と美智子妃殿下、少し離れた新入生席に紀宮殿下(「昭和50年」と書かれているのは誤り)
1976年6月8日 東宮御所車寄の皇太子同妃両殿下
1976年6月 ユーゴスラヴィアご訪問の両殿下、民族衣装の女性から花束を受けとられた美智子妃殿下
1976年6月12日 レセプション?の会場で出席者の一人クロアチアの俳人ウラディミール・デビデ氏から本を贈られる美智子妃殿下
1976年6月16日 イギリス・タトム大臣主催の晩餐会に出席された皇太子同妃両殿下
1976年6月 イギリスご訪問、マンスフィールド伯爵家晩餐会で音楽会を鑑賞される皇太子同妃両殿下ら一同、まるで一幅の絵画のような光景
1976年6月 イギリスご訪問、ウェールズのディープ・ネビゲイション炭鉱を視察される皇太子殿下
1976月6月18日 英国ご訪問アスコット競馬場にて女王陛下と乗馬を楽しまれたのち歓談される乗馬服姿の皇太子両殿下。左から皇太子、一人おいて美智子妃、エリザベス王太后、エリザベス女王、ケント公
1976年6月 スコットランド・エディンバラ城を訪問された皇太子両殿下
1976月6月25日 東宮御所玄関前にて、ヨーロッパ3カ国歴訪から戻られた皇太子両殿下を迎える、半月ぶりの再会となる浩宮礼宮紀宮。礼宮は腕時計を、紀宮は可愛らしいデザインの若草色ワンピース着用
1976年7月5日 多摩御陵ご参拝、この当時すっかりやつれてしまった美智子妃
1976年7月27日 第18回自然公園大会ご出席で高知県行啓、足摺海底館を視察される皇太子殿下同妃殿下
1976年10月 ピアノを弾かれる紀宮内親王殿下とそれを傍らから見守られる皇太子妃殿下と礼宮殿下=東京・元赤坂の東宮御所、宮内庁提供
1977年3月22日 全国発明工夫展授賞式、受賞学生とともに展示をご覧になる両殿下
1977年6月 イギリス大使館開催のエリザベス2世女王陛下在位25年記念レセプションパーティにご出席の皇太子同妃殿下。美智子妃殿下の着物は水色のぼかし地に金糸銀糸刺繍入り笹竹と流水模様、ダイヤの帯留で華やかな雰囲気に
1977年8月 浜名湖にて静養のご一家。皇太子殿下と浩宮はお揃いの袴和装、美智子妃殿下は大きな花模様をあしらったフリルロングスカート、礼宮は半ズボンで紀宮はサロペット姿
1978年1月 庭園にて撮影された新年ご一家画像、浩宮を身長で追い越しそうな半ズボン姿の小学生の礼宮
1978年5月15日  国賓として来日したネパールのビレンドラ国王同妃アイシュワリャ両陛下の歓迎式典に昭和天皇のご名代としてご出席の皇太子両殿下。ビレンドラ国王とアイシュワリャ王妃の二人は'01年6月1日王族銃乱射虐殺事件の犠牲者となった
1978年5月 ネパール国王両陛下を迎えての宮中晩餐会、風邪を引かれた昭和天皇のご名代を務められる両殿下
1978年6月20日 ブラジル移民百年を記念してのブラジル訪問、カイゼル大統領夫妻と皇太子同妃両殿下
1978年6月27日 ブラジルから帰国された皇太子同妃両殿下、それを出迎える浩宮礼宮紀宮、紀宮はお母さまに抱きついて嬉しそう
1978年7月 那須へご静養に向かわれる皇太子ご一家
1978年8月 静岡県御殿場市で開催された第7回日本ジャンボリーにご一家でご臨席。会場を歩く皇太子同妃両殿下、浩宮、礼宮殿下、紀宮内親王殿下
1978年8月10日 静養先の那須御用邸の庭を散策される天皇ご一家
1979年1月1日 新年ご一家画像、紀宮を抱きしめる格好の礼宮の仲良し兄妹、浩宮は叔父常陸宮に尻を向けた格好に(1978年12月12日撮影)) 
1979年1月1日 新年ご一家画像、池の畔で撮影されたもの(1978年12月12日撮影)
1979年4月10日 ご成婚20周年をお迎えになった皇太子同妃両殿下
1979年4月 紀宮10歳誕生日発表用と思しき画像、桜の木の下で撮影された母美智子妃と礼宮紀宮兄妹
1979年5月6日 国際児童年記念フェスティバルにて
1979年8月 軽井沢の石尊山に登山される皇太子ご一家。皇太子ご夫妻と紀宮は登山靴、浩宮と礼宮はスニーカー。母娘はチェック柄シャツでお揃い。皇太子殿下は非常に珍しいTシャツ姿
1979年10月5日? オランダの空港でベアトリックス王女殿下から歓迎のハグを受ける美智子妃殿下、奥に皇太子殿下も
1979年10月5日 オランダ公式ご訪問でユリアナ女王陛下(当時)・ベアトリクス王女殿下(当時)・クラウス殿下と。ブラックタイの皇太子殿下と優美な白いケープドレス姿の美智子妃殿下/同高解像度別ショット 同モノクロ画像
1979年10月 オランダ公式訪問、ヘットアウデローの庭園を馬車で散策されるベアトリクス王女・ヨハン・フリーゾ王子そして美智子妃
1979年10月7日 ルーマニア公式訪問、ブカレストの無名戦士の墓(国家英雄記念碑)に献花される皇太子殿下
参考:2009年5月20日 ルーマニア公式訪問、ブカレストの無名戦士の墓碑に献花される秋篠宮同妃両殿下
1979年10月8日 ルーマニア公式訪問、ブカレストにて、ニコラエ・チャウシェスク大統領およびエレナ夫人に迎えられる皇太子同妃両殿下
1979年10月8日 ルーマニア公式訪問、ブカレスト市北部の農村博物館をご訪問、入り口で塩とパンの伝統的歓迎を受けられる皇太子同妃両殿下
参考:2009年5月20日 ルーマニア公式訪問、ブカレスト農村博物館にて、民族衣装の女性から歓迎のパンの供応を受ける秋篠宮同妃両殿下
1979年10月8日 ルーマニア公式訪問、ブカレスト市北部の農村博物館をご視察、民族舞踊や民族音楽のパフォーマンスを楽しまれる皇太子同妃両殿下
参考:2009年5月20日 ルーマニア公式訪問、ブカレスト農村博物館にて、民族衣装の女性たちによる民族舞踊を楽しまれる秋篠宮同妃両殿下 / 同ブカレストの農村博物館にて、民族舞踊・民族音楽を楽しまれる秋篠宮同妃両殿下
[[1979年10月9日 ルーマニア・マルジネア市の陶器工場見学前に、当地の伝統的な陶器ボトルからワインを試飲される皇太子同妃両殿下
ttp://blogimg.goo.ne.jp/user_image/26/5d/ec49d0764cb579d7d4f96775848c33e3.jpg
1979年10月10日 ブルガリア公式訪問、ヴァルナ市で市民らと手をとり、民族舞踊を楽しまれる皇太子同妃両殿下
1979年10月10日 同上、ブルガリア公式訪問、ヴァルナ市で市民らと民族舞踊を楽しまれる皇太子同妃両殿下
参考:2009年5月15日 ブルガリア公式訪問、民族衣装の市民らと一緒に民族舞踊を楽しまれる秋篠宮同妃両殿下
1979年12月 大相撲を観戦される皇太子両殿下・礼宮・紀宮
1980年 昭和天皇・香淳皇后と皇太子・同妃両殿下、常陸宮同妃両殿下、浩宮・礼宮・紀宮
1980/1981/1982年 新年ご一家画像
1980年2月23日 浩宮成年式の祝宴、浩宮と父皇太子殿下はピンズ形式の略綬をご着用。祝辞を受けられたのか、客人にお辞儀をされる母美智子妃殿下。浩宮のもみあげと撫で付けた髪型に注目。下は成年式記念扇の銀製ボンボニエール
1980年3月 東宮御所内、パナマ大統領の宮中晩餐会に臨まれる皇太子両殿下、前月成年式を迎えた浩宮も正装で参加。当時すでに家族内で身長が最も高くなっていた礼宮(14歳4ヶ月)は階段下に
1980年4月15日 スウェーデン国王ご夫妻を東宮御所に迎えおもてなし。秩父宮妃勢津子殿下もご同席、浩宮が不在の理由は不明
1980年5月20日 伊豆大島をご訪問。若者たちが披露する歓迎の御神火太鼓をお聞きになられる皇太子同妃両殿下
1980年10月28日 スペインのカルロス国王・王妃両陛下が国賓として来日。迎賓館での歓迎式典で国王陛下にカーティシーなさる美智子妃殿下ガッテシー
1981年頃 皇太子ご一家画像
参考ようつべ:英国皇太子結婚式ご参列 ttp://www.youtube.com/watch?v=UZ7VxfsMUDU

1981年9月24日 インドネシアの子ども使節団とお言葉を交わされる美智子妃殿下
1981年10月 美智子妃殿下お誕生日用写真と思われる。東宮御所の庭で植物を観察される皇太子同妃両殿下と浩宮
1981年11月 礼宮16歳誕生日発表画像、庭園水辺橋の上での皇太子ご一家五人
1982年1月1日 新年皇室ご一家画像、昭和天皇香淳皇后を真ん中に横並び
1982年 詳細不明、写真展を鑑賞されている皇太子両殿下と礼宮殿下
1982年1月17日 蔵前国技館にて相撲ご観戦のため力士らの出迎えを受けられる皇太子ご一家。浩宮の髪型に注目
1982年2月 浩宮22歳誕生日発表映像撮影で乗馬・古式打毬をする皇太子ご一家(当時)、浩宮の後ろは美智子妃殿下当時47歳
1982年2月 浩宮22歳の誕生日発表画像として撮影された乗馬光景、左からサラブレッドに乗っている礼宮殿下・浩宮・皇太子殿下(当時)・美智子妃殿下引き馬
1983年1月1日 新年皇室ご一家、昭和天皇香淳皇后を真ん中に横並び正面画像
1983年1月1日 新年皇室ご一家、昭和天皇香淳皇后を真ん中に横並び斜めからの画像
1983年2月21日 市川市新浜鴨場のご一家、放鳥される礼宮殿下と紀宮殿下
1983年2月21日 新居浜鴨場、ご一家部分アップ(魚拓)
1983年3月13日 ベルギーご訪問の皇太子同妃両殿下
1983年6月 茨城県筑波学園都市をご視察される皇太子同妃殿下と、後ろから背伸びして覗きこんでいるような浩宮
1983年10月19日 来日したノルウェー国王オーラフ5世陛下をお迎えしての宮中晩餐会
1983年10月22日 来ノルウェーのオーラフ国王陛下答礼晩餐会が迎賓館にて開催、オーラフ国王の案内を受ける皇太子同妃両殿下
1983年11月9日 レーガン大統領歓迎式典に向かわれる両殿下
1983年12月 聖心女子大学のクリスマスコンサートを鑑賞される両殿下
1984年1月 新年ご一家画像
1984年4月10日 銀婚式を迎えられ記者会見でお互いに「努力賞」「感謝状」と語るお二人
美智子妃殿下が右胸につけられているのは麦の彫金ブローチ。デザイナー植田いつ子氏と親交のあった彫金作家藤原友彦氏作で、「実り」を象徴するものとして美智子妃殿下より依頼されたもの。後に結婚50周年金婚式記者会見でも身につけられることになる。
1984年4月10日 銀婚式を迎えられた皇太子ご夫妻
1984年4月22日 皇太子ご夫妻銀婚式のお祝いのため昭和天皇と香淳皇后が東宮御所を訪れる。画像は庭園散策のご一家(浩宮は英国留学中で不在)
1984年8月17日 軽井沢散策のご一家
1984年10月4日 伊勢神宮の神馬「狭霧号」と皇太子同妃殿下
1984年11月 今上陛下(当時の皇太子殿下)もご執筆された『日本産魚類大図鑑』をご覧になるご一家
1985年1月 新年ご一家画像
1985年2月 スペインご訪問、カルロス国王夫妻主催の歓迎晩餐会にご臨席の両殿下
1985年3月16日 科学万博つくば’85。開会式にご臨席、ロイヤルボックスに向かわれる皇太子同妃両殿下(当時)と礼宮殿下(19歳)
1985年3月16日 科学万博つくば’85。開会式にご臨席の皇太子同妃両殿下と礼宮殿下
1985年3月16日 科学万博つくば’85。開会式にご臨席。壇上でお言葉を述べられる皇太子殿下 
1985年5月5日 地下鉄で「こどもの国」開園20周年式典へ向かう皇太子両殿下と紀宮殿下、皇太子両殿下はそれぞれ車窓からお手振り
1985年6月1日 北欧ご訪問、ノルウェーのハーラル皇太子(当時)、ソニア皇太子妃と共に、船のデッキに立っておられる皇太子同妃両殿下。英国留学中の浩宮も合流。皇太子殿下はベージュのトレンチコート、徳仁は黒?のトレンチコート、美智子妃は青いケープコート
1985年6月1日 同上ノルウェーの水族館でペンギンをご覧になる皇太子同妃両殿下と浩宮
1985年6月? ノルウェー訪問での歓迎晩餐会に向かう場面と思われる光景、完全正装姿のノルウェーのオーラフ5世国王陛下にエスコートされる美智子妃殿下、ホワイトタイ姿の皇太子殿下がマルタ王妃陛下をエスコート
1985年6月 北欧ご訪問、デンマーク・コペンハーゲンの人魚像前で取材を受けられる皇太子同妃両殿下
1985年8月 石川県行啓、皇太子ご夫妻と福祉施設視察をされる紀宮
1985年8月27-31日 軽井沢ご静養、朝の散歩を楽しまれる皇太子同妃両殿下と紀宮殿下、散策される礼宮殿下
1985年 英国留学を終え、皇太子(現・天皇陛下)ご一家のお出迎えを受ける浩宮モノクロ画像。なお浩宮は帰路米国に立ち寄り、女優ブルック・シールズ嬢と会いにプリンストン大学訪問などをしている浩宮徳仁伝説
時期不明、テニスでラリーをされる皇太子殿下(天皇陛下?)と美智子妃殿下連結画像、美智子妃殿下のスコートは黒い横ストライプのおしゃれなデザイン
1985年10月20日 美智子妃殿下51歳御誕生日用画像。庭を散策される皇太子同妃両殿下
1985年11月24日 東京都千代田区・キャピタル東急ホテルにて、外国特派員協会結成四十周年祝賀パーティにご出席、にこやかな表情でワルツを踊られる皇太子同妃両殿下(当時)
1985年12月11日 礼宮殿下成年式の茶会。未成年の妹紀宮はジュースをお持ち。下は成年式記念円形お印「栂」の銀製ボンボニエール
1986年1月 新年ご一家画像
1986年1月 大相撲を観戦される皇太子両殿下・浩宮・紀宮
1986年2月 ボストンフィルハーモニー交響楽団のパーティーにご出席の皇太子同妃両殿下。皇太子殿下の茶色ネクタイと、美智子妃殿下の茶&白で斜めに切り替えた大量のタックやドレープを取ったドレスで色合わせ
1986年4月8日 3月に子宮筋腫の手術を受け入院されていた美智子妃殿下が退院されるため宮内庁病院へお迎えになられた皇太子殿下と紀宮殿下
1986年4月8日 子宮筋腫手術を終え退院される美智子妃殿下と迎える皇太子殿下と紀宮殿下
1986年4月8日 子宮筋腫手術を終え退院される美智子妃殿下と迎える皇太子殿下・礼宮殿下・紀宮殿下
1986年4月29日 場所不明、政府主催の天皇陛下御在位60年記念式典で、万歳三唱にお応えになる昭和天皇。左側には皇太子殿下、右側には常陸宮両殿下。美智子妃殿下はおそらく子宮筋腫の手術後(同月8日退院)でご欠席と思われる
1986年5月10日 来日したチャールズ皇太子とダイアナ妃を東宮御所玄関で出迎えられる皇太子ご一家
1986年5月10日 ダイアナ妃と共に来日の英国のチャールズ皇太子がお二人にご挨拶。影に隠れてしまっているが赤い着物姿の紀宮もご同席
1986年5月13日 来日したチャールズ、ダイアナ英皇太子両殿下を招いての宮中晩さん会で
1986年8月7日 テニスのダブルスを組む両陛下
東京競馬場ご観戦 左:1986年10月エジンバラ公皇太子妃殿下とともに 右:1987年10月
1986年10月6日 福井県小浜市小浜漁港にて開催の「第6回全国豊かな海づくり大会」にご臨席の皇太子同妃両殿下
1986年12月5日 三原山噴火で東京都老人医療センターに収容された老人たちを見舞う美智子妃殿下
1986年12月6日 昭和天皇ご在位60年祝宴のため東宮御所に到着された昭和天皇と、出迎えられる皇太子殿下、美智子妃殿下、浩宮、礼宮。このほか常陸宮両殿下、三笠宮両殿下ら皇族方と、鷹司和子、池田厚子、島津貴子さんや、お孫さんら28人が出席したとのこと/同カラー版
1986年12月23日 皇太子殿下(当時)53歳お誕生日写真、庭園に横並びの浩宮・皇太子同妃両殿下・紀宮殿下・礼宮殿下。浩宮の足元が坂で少し高くなっているところに注目
1987年2月10日 文京区豊島岡墓地にて、2月3日に薨去された高松宮殿下の斂葬の儀に参列された皇太子ご一家
1987年2月10日 高松宮殿下斂葬の儀にて、祭壇に玉串をささげ拝礼される皇太子同妃両殿下
1987年2月10日 高松宮殿下斂葬の儀にて、祭壇に玉串をささげる皇太子ご一家
1987年6月5日 日光・旧田母沢御用邸を42年ぶりに再訪され、美智子妃殿下に疎開当時の思い出を語られる皇太子殿下
1987年6月5日 日光・旧田母沢御用邸ご訪問、別カットカラー画像。側近や案内係が遠くで控えている
1987年6月7日 日光・戦場ヶ原を散策される皇太子両殿下・浩宮・礼宮殿下カラー画像、紀宮殿下も同行しているがこの画像には写っていない
1987年6月7日 日光・戦場ヶ原散策の皇太子ご一家、浩宮だけがカメラ目線モノクロ画像
1987年8月9日 軽井沢でご静養の皇太子両殿下。どこにいらしても原爆が投下された時刻は黙祷をされるということお慎みの日
1987年8月9日 軽井沢ご静養の皇太子両殿下カラー版画像
1987年 札幌インターハイを視察される皇太子同妃両殿下と紀宮殿下
1987年10月1日? アメリカ公式訪問、ANA飛行機タラップ上に現われた皇太子同妃両殿下
1987年10月1日 27年ぶりの公式訪米ホワイトハウスにて、レーガン米大統領とナンシー夫人主催のステイトバンケットに臨む皇太子同妃両殿下。美智子妃殿下のドレス肩には、ハナミズキ佐賀錦刺繍入りアップリケ。1912年東京市(当時)からワシントンD.C.へソメイヨシノを贈った時に、1915年に返礼としてハナミズキを贈られたことにちなむ
1987年10月1日 公式訪米のホワイトハウス前にて、レーガン大統領と並ばれた皇太子殿下
1987年10月3日 レーガン大統領夫妻のご招待によって皇太子同妃両殿下御訪米、ホワイトハウスでヨーヨー・マのチェロ演奏あり
1987年10月4日 公式訪米、ボストンにて両殿下を歓迎する群衆に笑顔でお応えになる皇太子同妃両殿下。気さくなお人柄でアメリカ中を魅了なさった
1987年 ベルギー・ボードワン国王・ファビオラ妃両陛下来日、東宮御所で出迎える皇太子ご一家
1987年11月6日 開腹手術後で療養中の昭和天皇の代行として、竹下登首相(第74代内閣総理大臣)親任式に臨まれる皇太子殿下。奥は、前首相・中曽根康弘。昭和最後の首相親任式となった
1987年11月 ご一家で演奏を楽しまれる皇太子同妃両殿下と徳仁と礼宮殿下と紀宮内親王殿下=東京・元赤坂の東宮御所、代表撮影
TOUCHタッチ 1987年12月1日号<皇太子「訪沖」で起きた乱闘現場 沖縄で皇太子が目にしなかった「横断幕」と「暴力」>表紙目次
1988年1月1日 前年12月22日に撮影された昭和天皇を中心に横並びの新年ご一家画像。昭和天皇・皇太子ご一家・常陸宮ご夫妻がいるが、香淳皇后は欠席
1988年2月3日 文京区大塚の豊島岡墓地にて、故高松宮殿下の「墓所一周年祭の儀」で拝礼される皇太子同妃両殿下
1988年2月27日 岩手県八幡平スキー場にて父と息子並んでスキーリフトに
1988年2月27日 岩手県八幡平スキー場にてスキーをされる皇太子殿下と浩宮
1988年4月8日 野球のセントラルリーグ開幕戦を観戦される皇太子同妃両殿下、浩宮、桂宮殿下、高円宮夫妻
1988年5月19日 春の園遊会、赤坂御用地庭園に昭和天皇と皇族一同勢ぞろい場面
1988年6月4日 青山葬儀所で正田富美子さんの本葬、皇太子ご一家(当時)お揃いでの参列
1988年8月4日 日光戦場ヶ原をご訪問の皇太子ご一家
1988年9月3日 那須御用邸にてご静養中の昭和天皇のお見舞い訪問を終え、那須塩原駅より帰京される皇太子同妃両殿下と鷹司和子さん連結画像
1988年9月24日 昭和天皇の御容態が急変、駆けつけられる皇太子同妃両殿下。皇太子殿下のお顔にうっすらヒゲが見られ、緊急事態であることがわかる
TOUCHタッチ 1988年11月1日号<「天皇」を定めた法律「皇室典範」を読む>表紙目次
1989年(昭和64年)1月1日 皇居正殿松の間での新年祝賀の儀にて、昭和天皇に代わり挨拶を受けられる明仁皇太子殿下と皇族の皆様
1989年1月7日 未明、昭和天皇ご危篤。皇居・半蔵門を入る皇太子(当時)同妃両殿下と礼宮殿下
1989年(昭和64年)1月7日、昭和天皇崩御。継承順位に従い、皇太子明仁親王殿下が即位。
1989年1月7日 皇太子殿下がご即位、第125代天皇に=1989年(平成元年)1月7日撮影
1989年1月7日 昭和天皇崩御。御料車で赤坂御所を出て、皇居半蔵門に入られる新天皇陛下
1989年1月7日 昭和天皇崩御の当日、剣璽等承継の儀。「平成」は翌日8日からでこの時点ではまだ昭和。出席男性皇族の表情に注目
1989年1月7日 剣璽等承継の儀。剣と璽が置かれた後、礼をする一同。腰より低く頭を深々と下げた最前列の方に注目
時期不明 ブレイアー城内に展示された両陛下お写真

Wiki内検索

リンク

過去ログは、ブログ版新ドス子の事件簿の左端のリンクからどうぞ。
2ちゃんねる既婚女性板

フリーエリア





2006/8/26カウンター設置




Wikiをはじめる

マイページ