すばらしい 記事!
  かいじゅう を さがす!
★ ↓【タグ】 から さがす!

東宝
東宝 ゴジラ シリーズ
ゴッドマン グリーンマン
流星人間ゾーン メガロマン
日本沈没 グランセイザー
ジャスティライザー セイザーX

大映 角川
ガメラ シリーズ
大魔神 シリーズ

円谷プロ
ウルトラQ df ネオ
ウルトラマン
ウルトラセブン 平成セブン X
帰ってきたウルトラマン エース
タロウ レオ 80 アンドロメロス
グレート パワード ゼアス
ティガ ダイナ ガイア ネオス
コスモス ネクサス マックス
メビウス 大怪獣バトル ゼロ
ギンガ X オーブ ジード
その他のウルトラ
ブースカ マイティジャック
怪奇大作戦 チビラくん
ミラーマン トリプルファイター
10-4・10-10 ファイヤーマン
ジャンボーグA 猿の軍団
ボーンフリー アイゼンボーグ
スターウルフ コセイドン
グリッドマン 生物彗星WoO

ピープロ
マグマ大使 怪獣王子
スペクトルマン

東映
ナショナルキッド 悪魔くん
赤影 キャプテンウルトラ
ジャイアントロボ 大鉄人17
宇宙からのメッセージ
ジャスピオン

宣弘社
光速エスパー
シルバー仮面 アイアンキング
レッドバロン

松竹 日活

新東宝 国際放映
魔人ハンター ミツルギ

サンダーマスク
マッハバロン ガンバロン
Xボンバー
MM9


海外作品

            【↑トップへ】


★ ↓【リスト】から さがす!

ウルトラ怪獣一覧
東宝怪獣一覧

全怪獣一覧

映画リスト
映画  テレビ番組

キャスト スタッフ


            【↑トップへ】



★ ↓【怪獣】以外から 探す!

防衛チーム
隊員 ヒロイン 一般人 博士

兵器 超兵器 メーサー
通常兵器 銃火器 小物

敵兵器 自動車 他の乗物

怪獣・特撮などに使われる用語

            【↑トップへ】


★ ↓【こんなモノ】 まで!

都道府県別:全国怪獣地図
関東甲信越:怪獣地図

着ぐるみの転用 鳴き声の流用

怪獣・キャラクターの名前の由来

特撮年表

未公開怪獣
パチモン(=バッタもん)怪獣


            【↑トップへ】


フリーエリア

大魔神

写真
「■■■:▲▲▲▲▲」より

ご注意:他人の著作物を引用する場合は、このように引用元明記をお願い致します。(...【ウィキの書き方】より抜粋) 


阿羅羯磨(あらかつま)
大魔神


【INDEX】

大魔神データ
大魔神プロフィール
大魔神ストーリー
大魔神ウンチク
大魔神アイテム
大魔神メモリー

◆【大魔神データ】


◇呼称:大魔神(だいまじん)
◇登場作品:大魔神(1966)
        大魔神怒る(1966)
        大魔神逆襲(1966)
◇別名:武神、荒神様、神様、石造怪人
◇身長:4.5m ◇体重:50t
◇出身地:八雲の湖
◇他 共演怪獣:『大魔神逆襲』で大鷹登場

◇演:橋本力

(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ   

◆【大魔神プロフィール】


普段は武神像となっている魔神。怒ると顔を変化させ、悪人たちを皆殺しにする。
目から殺人光線を発射することが可能。火の玉のような姿になって空を飛ぶ。

(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【大魔神ストーリー】




(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【大魔神ウンチク】


  • トヨタスターレットのCM「かっとびスターレット」に登場している。

  • 天才・たけしの元気が出るテレビ!!で、Ζガンダムと相撲をとったことがある

(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【大魔神アイテム】 


アイテムにあたるかはわからないが、これも商品には違いない。小説ではなく、脚本として大魔神の本がある。これは徳間に版権があったときに映画企画が持ち上がり、小説家、筒井康隆先生が人間のエゴを懲らしめる為の大魔神としてシナリオを書いた物を雑誌に掲載後、本にしたもの。今から20年以上前のガレージキット創世記に、ポピーからプラスチックと硬質ゴム?で出来た組み立てキットが発売された。これが大魔神のガレージキット第1号か...?さて、大魔神のアイテムで、一番有名なのは、VOLKS(ボークス)製、圓句昭浩氏 原型の30cmスタンダードサイズのモノ(レジンキャスト製と、ソフビ製あり、レジンキャスト製は高価)。それより大きいサイズでは、エステル製、40cmサイズのレジンキャストキット、またパラダイス製、村上寛氏 原型の50cmビッグサイズ(=ソフビ製)がある。このパラダイスのソフビアイテムは現在でも購入可能。ただしこれは、逆襲版である。さらに大きいモノとなると、○○○○製、80cm?サイズ、コールドキャスト製台座付きの塗装済み完成品がある。1/6の武士の人形(=フィギュア)と並べられるほど大きい。また、ミドルサイズでは、X-PLUS(エクスプラス)のブリスターパック入りの塗装済み完成品がある。大きさは20cm程度。「大魔神」・「大魔神(怒る版)」・「大魔神(逆襲版)」の3種あり。それぞれ、磔(ハリツケ)の人形や、鎖、大鷹などの小物が付属する。さらに小さいサイズでは、アペンディックス製の、武人像と一体となっている、ベース付きレジンキャストキット1/35サイズという珍品がある(1/35サイズといっても、人差し指程度の大きさしかない)。マルサン製、リモコン電動シリーズのモノや、同社製のソフビ人形などあり。現在、双方とも高値で取引されている。




  • トミー 大映特撮シリーズ2 1.大魔神
  • トミー 大映特撮シリーズ2 2.大魔神(武人像バージョン)
  • トミー 大映特撮シリーズ2 3.大魔神
  • 海洋堂 大魔神アラカツマ モノクロver(大館左馬之助 付属)
  • 海洋堂 特撮リボルテック 大魔神
  • X-PLUS 大怪獣シリーズ原色怪獣怪人大百科 大魔神
  • X-PLUS 大怪獣シリーズ大映特撮編 大魔神
  • X-PLUS 大怪獣シリーズ大映特撮編 大魔神 少年リック限定版(特典:鎖、鎖を掴む右腕)
  • X-PLUS 大怪獣シリーズ大映特撮編 大魔神 大魔神怒る
  • X-PLUS 大怪獣シリーズ大映特撮編 大魔神 大魔神怒る 少年リック限定版(特典:早百合)
  • X-PLUS 大怪獣シリーズ大映特撮編 大魔神 大魔神怒る 宮沢模型流通限定カラー
  • X-PLUS 大映30cmシリーズ 大魔神
  • X-PLUS 大映30cmシリーズ 大魔神 少年リック限定版(特典:鶴吉、武神像顔パーツ、鎖、碇紐)
  • セガ 大魔神ハイグレードフィギュア
  • M1号 マルサン復刻シリーズ 大魔神
  • キャスト ガメラ・大魔神特撮大百科EX 大魔神 八雲國出現版

食玩
  • トミー 大映特撮シリーズ 大魔神
  • コナミ SFムービーセレクション大魔神〜ダイモン・バラモン・トラウマガメラ〜 大魔神 1966大魔神より
  • コナミ SFムービーセレクション大魔神〜ダイモン・バラモン・トラウマガメラ〜 大魔神 1966大魔神逆襲より
  • オリオン ガメラ・ガッパ・ギララ特撮大百科 Ver.2 大魔神プロトタイプ牙付ver.
  • イワクラ ガメラ・ガッパ・ギララ特撮大百科mini 大魔神

プラモデル
  • マルサン商店 大魔神
  • バンダイ パロチェンマン 大魔神

ガレージキット
  • エステル 大魔神
写真
「■■■:▲▲▲▲▲」より 

ご注意:他人の著作物を引用する場合は、このように引用元明記をお願い致します。(...【ウィキの書き方】より抜粋) 

(…ご自由に編集をどうぞ!)               このページのトップへ

◆【大魔神メモリー】

 
●↓以下は、このサイトの管理人(=野良医者 ebatan )の、大魔神体験記である。数年前、京都映画祭の1イベントで、大魔神特集が催された。京都駅構内の特設ステージには、等身大の!巨大な大魔神フィギュアが設置され、その横で、京都大学の吹奏楽部のフルオーケストラが、大魔神のテーマなど、伊福部昭氏の音楽を随時、演奏する...という、信じられないほどゴージャスな企画であった。同時に、祇園祭りで有名な京都、八坂神社のナナメ横の映画館「祇園会館」で、「大魔神(1966)」・「大魔神怒る(1966)」・「大魔神逆襲(1966)」の3本立てが上映された。丁度、東京から出張していたオレ(=管理人:野良医者 ebatan )が、当日の早朝、「祇園会館」に一番乗りをしていた時のこと(オレ以外、他には誰もいなかった)......映画館の入口で一人しゃがみ込んでいるオレに声をかけてくれた人がいた。その方が、誰あろう、かの大魔神俳優、「橋本 力」氏であった。(※ 参考 ブルース・リー主演「ドラゴン怒りの鉄拳」で、リーと戦う日本人武道家を演じているのが、「橋本 力」氏である。)氏は、このイベントの特別ゲストで招待されており、東京から一番乗りでやって来た「野良医者」の このオレに、舞台上の大魔神のフィギュア(駅構内から移築した等身大のモノ)を触らせてくれたり、記念撮影に応じてくれたり、喫茶店でアイスコーヒーを御馳走したりして下さった。その時にうかがった、氏の「大魔神」の想いで......氏は、この大魔神というキャラクターを、「眼だけで」演じきるのに、非常に神経を使ったとのお話であった。とにかく、一言も口をきかずに大魔神の喜怒哀楽を表わさねばならず、しかも大映映画の主役を担っている、という重圧の中、その点が、大変に苦労をされた、とのこと。氏は、その後、この大魔神映画の無料チケットをオレに譲ってくれ、さらに最前列の席を確保してくれた。もちろん、その後の、大魔神3本立ての映画を鑑賞した後の、特別トークショー(ゲスト=橋本 力氏、小笹役の高田 美和 氏)などにも参加させて頂いた。もう6〜7年前の話であるが、特撮フリーク、大魔神フリークにとっては、まさに夢のような経験をすることが出来た(今でもまだ信じられない)。大魔神俳優「「橋本 力」様、素晴らしい至福の時を、本当に有難う御座いました。 by 管理人:野良医者=ebatan

●先述の通り大魔神の企画は持ち上がっているが映像化はなかなか出来ない。 大魔神がニューヨークに出没して自由の女神とのツーショットをしようとした作品から、筒井康隆脚本で江戸時代のネズミ講の腐敗を暴く作品まで幻の作品があったがいずれも実現していない。

●大魔神のキャラは結構アニメ、もしくは漫画の方で使われることが多い。怪物くんでは物語で登場するモンスターの一人にされているし、さすがの猿飛では兵器として、ゲゲゲの鬼太郎ではシーザーと鬼太郎が出会うのに重要なトラブルキャラとして出ている。ゆきというアニメ映画では、悪役のラストボスとして大魔神が登場している。(大魔神本作がアニメになることはないと思うが・・・)その他、名前や変身シーンのパロディとしてなら、もう数えられない。

●朝の連続テレビ小説「オードリー」では大魔神がセットとして登場している。いわば、京都映画の代表としてNHKが認めたのだろうか?

●昔から芸人とかが大魔神の変身や歩き方などを真似て、『芸』として流通しています。おそらくそれを見て喜んでいる女性や若い客は、大魔神の映画を見た事は無いでしょう。『雨に唄えば』濡れながら唄い踊るシーン、『コマンドー』顔面迷彩シーンなどを見ても分かる通り、本編を知らないが場面は分かると言うのは、本当に人々の間に浸透したキャラクター、ならではです。

●京都大映の大特撮時代劇。3つの物語があるがいずれもわずか1年の間に制作されている。タイトルのイメージと実際は・・・もっとも逆襲ぽいのが2作、最も怒って大暴れしているのが1作である。制作ヒントになったのが『ゴーレム』それを埴輪の武人像と組み合わせたのが大魔神の構想だった。『大魔神怒る』では『十戒』やキリストのはりつけ等宗教的な奇跡から映像のアイデアが見られる。なお、同じ荒神信仰でも出発点となる3つの立場はそれぞれ違う。1作目は荒神が武神によって封じられている封神型、2作目は周囲をも守護する守護神型、3作目は厄災の原因と信じられ、祭られた祟神型となっている。3作以降も新作の大魔神の企画は度々持ち上がったがガメラと違って実際に公開にこぎつけた事はない。

(…ご自由に「 おもいで 」をどうぞ!)           このページのトップへ
2016年09月17日(土) 08:17:41 Modified by ID:HFII1BWP9g




スマートフォン版で見る