94 名前:才気煥発才色兼備の君たちへ 1/7[sage] 投稿日:2009/06/27(土) 00:15:09 ID:pMUnxbO20
メーカー:あっぷりけ-妹-

登場人物
天野ゆうき…主人公。背が低い。打たれ強い。
守宮七夏(ななつ)…総理大臣を目指す、完璧超人な幼馴染。東栄峰学園生徒会長。
薙島瑠璃…武道家の娘で、すでに免許皆伝の腕前。七夏を主君と仰ぐ。
橘才華…巨大企業橘グループの令嬢。西栄峰学園生徒会長。
光原零子(ぜろこ)…西学の特待生で、理系のスペシャリスト。人心には疎い。
天野まみる…主人公の義妹。半ひきこもりで、部屋から出てこない(学園には通っている)。
主人公とはネット上で会話を交わすのみ。

加納リンゴ…東学生。AGバトルの司会をつとめる。司会の時はハイテンションだが、普段は控え目な性格。
風鳥香織…東学生。レズっ子で、瑠璃のことを慕っている。
橘凜花…才華の母親。変人。
熊沢美希…西学生。AGバトル管理委員。

共通ルート
栄峰学園は庶民が通う東と、上流階級が通う西に分かれていた。
両校にはAGバトルというシステムがあり、
学生間で揉め事が発生した場合、決められたルールに則って戦わせることで諍いを収めている。

主人公の友人二名と零子は、以前からAGバトルを快く思っていなかった。
AGバトルが争いの火種になっていると感じた彼らは、
秘密組織WELPを名乗り、AGバトル廃止を訴えはじめる。
WELPの変装はバレバレだが、なぜか誰も正体に気付かない(七夏を除く)。

七夏や瑠璃のおかげで、AGバトルは東学側が圧勝することがほとんどだった。
業を煮やした才華は、ボクシング世界チャンピオンのジェイソンを招聘する。
七夏は、無理して勝ちに行く必要があまり無いと考え、瑠璃に出場しないよう言う。

95 名前:才気煥発才色兼備の君たちへ 2/7[sage] 投稿日:2009/06/27(土) 00:17:18 ID:pMUnxbO20
七夏ルート
主人公は勢いあまって、自分がジェイソン戦に出ると言い出す。
同時期、主人公は才華から七夏との関係について問われる。
主人公は改めて二人の関係を見直すうち、七夏に対する自分の気持ちに気付く。
そしてまみるの入れ知恵により、ジェイソン戦に勝って告白しようと意気込むのであった。
ジェイソン戦ではボコボコにされるものの、生来の打たれ強さで耐え、反撃の機会を狙う。
すると、その場にジェイソンの生き別れの母が登場。
ジェイソンは母を追っかけていって試合放棄、主人公の勝利となる。
主人公が七夏に告白すると、七夏は驚くほどあっさりと受け入れた。
実は七夏はまみるから事前に話を聞いており、ジェイソン母の登場も七夏が仕組んでいたのだ。
二人は結ばれる。

二人はつきあいだしたものの、恥ずかしいからという理由で周りには秘密にしていた。
そんな頃、リンゴが主人公に告白してくる。
告白を受ける→そのまま勢いでリンゴとヤッてしまう。
主人公が後悔してるところに、不穏な臭いをかぎつけた七夏がやってきて…(即バッドエンドで終了)
告白を断る→今後こういうことが無いよう、二人の関係をおおっぴらにすることに。

96 名前:才気煥発才色兼備の君たちへ 3/7[sage] 投稿日:2009/06/27(土) 00:18:39 ID:pMUnxbO20
才華から、才華が勝てばAGバトル廃止という挑戦を受け取る。
七夏は受けて立つが、橘グループの者が独断で行動し、主人公が人質にされてしまう。
防戦一方の七夏。主人公はなんとか脱出しようとするものの、囲まれてピンチに。
だがその時、瑠璃達が到着して事なきをえる。
時間稼ぎする必要のなくなった七夏は、才華をあっさりと倒すのだった。

勝利した七夏は、学生達に向かってAGバトルの歴史を語る。
元は一つだった学園が経営陣のいざこざで分裂した時、
学生達が元に戻そうと反対運動を起こしたのがAGバトルの起源であった。
そしてまた、AGバトルは両校の学生が交流するいい機会にもなっている。
だが今では、むしろ争いを生む土壌にもなっていることから、
今後みんなで改善案を考えていこうと語りかける七夏。
学生らは拍手で七夏を称えるのだった。

七夏が総理大臣を目指すようになったきっかけは、主人公にあるらしい。
だが主人公にはさっぱり心当たりが無い。
七夏は、過去はきっかけに過ぎず、大事なのは今だからと、あまり気にしなかった。
そして今後も、七夏と主人公による総理大臣への道は続いていく。

97 名前:才気煥発才色兼備の君たちへ 4/7[sage] 投稿日:2009/06/27(土) 00:19:54 ID:pMUnxbO20
瑠璃ルート
瑠璃は自分がジェイソン戦に出ると強弁。主人公もそれに同調し、七夏もついには折れて出場を認める。
瑠璃の特訓につきあううち、二人の仲が急接近していく。
ジェイソン戦は結局両者ノックダウンの引き分けに終わる。
その夜主人公は瑠璃に告白。二人は結ばれる。

風鳥は二人の仲を引き裂くため、媚薬を主人公に盛ろうとする。
しかし二人とも媚薬の影響を受け、怪しい雰囲気に。
雰囲気に流される→風鳥とヤッてしまう。そこに瑠璃がやってきて、風鳥は主人公に犯されたと主張。
怒った瑠璃は主人公のモノをぶったぎってバッドエンド。
風鳥を拒否する→勢いあまった風鳥は瑠璃に告白するが、普通にフラれる。
七夏が傷心の風鳥を慰めると、風鳥はあっさり七夏に乗り換えるのでした。

才華の一言で、瑠璃は七夏の想い人が主人公であり、それを横取りしてしまったと思い込む。
七夏は否定するが、瑠璃は正式に主人公を取り合いたいと、決闘を申し出る。
一方主人公は、七夏が総理大臣を目指すようになったきっかけを思い出す。
それは幼少時のとても些細なことで、七夏が総理大臣になったら主人公が守るというものだった。
それからずっと総理大臣を目指している七夏に、主人公は苦悩する。
瑠璃と七夏の決闘がはじまる。戦いの中、お互いの攻撃で双方大ダメージを負う。
その時主人公は真っ先に瑠璃に駆け寄り、それを見た七夏は負けを認めて試合を放棄する。
七夏は、過去のことはきっかけに過ぎず、今は総理大臣になって人々を笑顔にするのが目標だと語る。
こうして三人は仲直りするのだった。

99 名前:才気煥発才色兼備の君たちへ 5/7[sage] 投稿日:2009/06/27(土) 00:21:26 ID:pMUnxbO20
才華ルート
主人公は、ジェイソンを引っ込めてもらうよう才華に頼む。
その代わりとして才華の頼みを聞いたり、一緒に弁当を食べたりしている内、
いつしか二人は両想いになって結ばれる。

ある日主人公は、橘家へと呼ばれる。そこにはヤのつく人々が揃っていた。
橘グループは、元は橘組というヤクザであったのだ。
主人公は、才華との仲を認めてもらうため、才華の祖父・父・凜花からの試練を受けることになる。
七夏のアドバイスで、才華父との博打対決に勝利する主人公。
その次は凜花から試練と称して、ホテルに誘われる。
誘いを受ける→凜花の体に溺れた主人公は失格と判断され、海に沈められれてしまうバッドエンド。
誘いを断る→凜花に認められる。

最後の才華祖父の試練は、剣道対決だった。主人公はなす術もなく、竹刀でボコボコにされていく。
だがその場に敵対勢力の鉄砲玉が乱入、主人公は才華をかばう。鉄砲玉は祖父や凜花らが撃退する。
祖父は防戦一方の主人公にやや不満だったが、一応合格ということにする。
ところが、才華がそれを合格とは言い難いと異議を申し立ててきた。才華と主人公はAGバトルで戦うことに。
戦いがはじまるが、両者とも相手を攻撃できないでいた。
才華は、主人公を危険な目にあわせたりしたことで、自分は主人公にはふさわしくないと考えていた。
主人公はそんなの関係ねえ!と何より才華が必要なことを告白。二人は仲直りする。

こうして橘組の杯を受けた主人公は、その後グループに就職。幸せな二人であった。

100 名前:才気煥発才色兼備の君たちへ 6/7[sage] 投稿日:2009/06/27(土) 00:23:08 ID:pMUnxbO20
零子ルート
WELPに頼んでジェイソンをなんとかしてもらおうと考えた主人公。
ひょんなことから、零子らがWELPの正体だと知ることに。
WELPの仲間に加わった主人公は零子との交流を重ねていく。
その一方、零子と熊沢さんが主人公萌え萌え同盟を結成したり、
ジェイソンが熊沢さんに一目ぼれしたり、
まみると零子がネット友達(互いに相手の正体は知らない)になったりしていた。

零子は徐々に主人公のことが気になりはじめていた。
相手が誰か知らないまみるは、告白するよう零子をはやし立てる。
そんなネット上のやりとりを知ってしまった主人公は、どうしようか対処に困る。
結局、流されるままに零子と付き合うことになった主人公。
主人公は零子の独特な感情表現に戸惑いつつも惹かれてゆく。

熊沢さんは零子が主人公とつきあいはじめ、しかももうヤッたと知って驚く。
同盟仲間の自分に一言あってもよかったのでは、と怒る熊沢。
すると零子は、熊沢も主人公のことが好きなら告白すればいい、
それで主人公が受けるなら自分は身を引くと返答。唖然とする熊沢さんと主人公。
理解できない→熊沢さんと共にその場を逃亡、そのまま勢いでヤッてしまう。
零子は事の次第をまみるに相談。何も知らないまみるは、爆弾で吹っ飛ばせと冗談まじりの返答。
零子はその通りにし、主人公は爆弾の餌食となるのだった。バッドエンドで終了。
理解できる→主人公は熊沢さんの気持ちを確かめ、別に恋心は抱いていないことを確認。
また、零子はロジカルなものの考え方を優先しただけで、本心はそうではなかったことを確認。
三人は仲直りするのだった。

結局、ジェイソンは熊沢さんの説得で出場をとりやめることに。
七夏が主人公を試そうと、WELPを内部から潰すよう命令したりするが主人公は拒否する。
零子も徐々に真っ当な感情表現を覚え始める。最後は零子の誕生日をみんなで祝って〆。

101 名前:才気煥発才色兼備の君たちへ 7/7[sage] 投稿日:2009/06/27(土) 00:24:10 ID:pMUnxbO20
まみるルート
実はまみるは主人公と同室で、それでもネット上でしか会話しようとしないのだった。
そんなまみるを更正しようと頑張る主人公。まみるはその代わりとしてスキンシップを要求。
一緒にお風呂に入ったりしている内、主人公はいつしかまみるを一人の女性として好きになっていた。
そして結ばれる二人。

凄腕ハッカーであるまみるに、「バ=アル」と名乗るクラッカーが挑戦を仕掛けてきた。
まみるは挑戦を受けるが、バ=アルのボットネットによる物量攻撃に敗北してしまう。
その後、またバ=アルが再戦を申し出てきた。次の標的は橘グループだという。
まみるは主人公のアドバイスを受け、一人で戦うのではなくみんなの助けを借りることにする。
こうして集まった他ヒロインズの協力により、バ=アルに勝利するまみる。
勝利を祝して橘家で宴会。七夏はバ=アルの正体が凜花であると推察していたが、
他の者がそのことに気付くことは無かった。
まみると他ヒロインズとの交流が広がり、また主人公とまみるの仲も深まり、
良かった良かったと思う主人公であった。

102 名前:名無しさん@初回限定[sage] 投稿日:2009/06/27(土) 00:27:13 ID:pMUnxbO20
以上です。
バッドエンドが陰惨に見えるかも知れないけど、
ギャグチックに描写&すぐ終わるのでそういう方面の期待はしない方が吉

あと、残暑お見舞い申し上げますを予約。

おのれディケイド!残暑お見舞いの世界も破壊したな!

Wikiをはじめる

マイページ