Amazon Web Services の使い方

アクセスキーに関する設定

環境変数設定

export AWS_ACCESS_KEY='【アクセスキー文字列】'
export AWS_SECRET_KEY='【シークレットアクセスキー文字列】'
export AWS_CREDENTIAL_FILE=【クレデンシャルファイルの場所/PATH】

クレデンシャルファイルの中身

AWSAccessKeyId=【アクセスキー文字列】
AWSSecretKey=【シークレットアクセスキー文字列】

リージョンに関する設定

AWS用コマンドラインで使用する環境変数設定をマトメたものを記載しておきます。
この例では Tokyo Region (ap-northeast-1) を設定しています。

## region
export AWS_REGION='ap-northeast-1'

## EC2 - CElastic Computing Cloud
export EC2_REGION=${AWS_REGION}
export EC2_URL=ec2.${AWS_REGION}.amazonaws.com

## SNS - Simple Notification Service
export AWS_SNS_URL=http://sns.${AWS_REGION}.amazonaws.com

## ELB - Elastic Load Balancing
export AWS_ELB_URL=https://elasticloadbalancing.${AWS_REGION}.amazonaws.com

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人のみ編集できます