熊本のダイビングサービス『よかよか』のガイドで、自然写真家の中野誠志が世界各地の海で撮影した魚の水中での生態写真を用いたWeb図鑑です。



こんにちは!

世界の海の魚図鑑にお越し頂きありがとうございます。

著者のはごろもマリンサービス大瀬崎のガイドで、
駆け出しネイチャーフォトグラファーの中野誠志です。
山頂から海底、朝から晩まで自然の様々な写真を撮影しており、
図鑑・雑誌などに写真を発表しています。
よろしくお願いいたします。

このウィキ図鑑は現在進行形で作成されており、
全て著者の中野誠志が撮影した写真を使用しています。
よって、良い写真が撮れれば随時差し替えてより良い図鑑にしていきます。

日頃撮影した身近な伊豆の魚たちのみならず、
世界中で撮影した魚たちや様々な海洋生物を公開しようと作成しています。
WEB図鑑としてどうぞご利用下さい。


<著者からのお願い>
写真の無断転載は固くお断りいたします。
出版関係の方、研究者の方などでWEB上での写真のレンタル、
雑誌への貸し出しなどをご要望の方は、
お手数ですが著者宛にメールお願いします。

sayseanakano@@gmail.com
↑スパム対策です。@をひとつ消して下さい

ウィキ全体で200MBの制限があるので、
掲載した画像は低解像度に圧縮してあります。

出版物用・ポスターなどの御用途の画像をお求めでしたら、
350dpi高解像度の原板をご提供することができます。
どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。


<撮影機材>
【キヤノン】
5Dmark2(現メイン機材)
・タムロン90ミリマクロ
・シグマ15ミリフィッシュアイ
・Kenko デジタルテレプラス300

・アンティス 5Dmark2ハウジング
・ストロボ INON Z-240 ×2灯
・ライト fisheyeダークバスター

画像処理環境
・Adobi photoshop CS3
・SILKYPIX Maline Photography


【オリンパス】
E-3 (旧メイン機材)
E-410 (旧々メイン機材)
・zuiko digital 14-42mm
・zuiko digital 50mm
・zuiko digital 8mm fisheye
・zuiko テレコンバーター×1.4

コンデジ:
C-750UZ
C-770UZ
μ750


【ニコン】
F90
F4
ニコノス


<2009年度実績>

スタジオグラフィックス「水中写真テクニック講座」 講師担当
 序章:水中からのメッセージ
 01:水中写真の魅力
 02:水中写真用機材の選び方
 03:水中写真の基本のダイビングテクニック
 04:マクロ撮影のテクニック
 05:露出のテクニック
 06:構図のテクニック
 07:ワイド撮影のテクニック

・毎日小学生新聞 「海のともだち」 記事・水中写真提供
 9/21号 「大きな口でぱくり!」 アンコウ
 11/2号 「卵を育てるならどこが安全?」 キンセンイシモチの卵の口内保育
 12/21号 「どこに隠れたら安全?」 ガラスハゼの幼魚
 3/1号 「ヤリイカの産卵」 ヤリイカ



同定ミスなどのご指摘ありがとうございます。
不明種は魚類分類学の生命の星・地球博物館の瀬能先生、
甲殻類は千葉県立海の博物館の奥野先生に相談しておりますが、
図鑑を見て自分なりに済ませているものもあります。

間違えているところはご指摘よろしくお願いします。
(どうぞお手柔らかに〜)
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

生物リスト

魚類リスト


甲殻類リスト


無脊椎動物リスト


利用してお世話になっている
各地のダイビングサービス

管理人のみ編集できます