1. 妖精。本項で詳しく解説。
  2. 架空の人物。トルクルトアの出版界では、発言者不明の言葉に対しては、クランテルトハランスという架空の発言者の名が記されるという習慣がある。

人に取り憑き、自分に恋人がいるかのように錯覚させる妖精。俗に言うところの脳内彼女脳内彼氏

クランテルトハランスに取り憑かれた人間は、自分の妄想する恋人について多弁となる。そのため大抵はすぐ周囲の人間に気付かれ妄想を指摘されるが、本人は決してこれを認めようとしない。また妄想の人格が強い整合性と個性を持つことも稀にあり、この場合は周囲もそれが妄想であることに気付きにくい。

この症状の治療法は主に二つが知られる。現実の恋人を得て妄想を払拭する方法(マキスティーン法)と、年の近い同性の親友と土手や夕日をバックにどつき合って友情を確認する方法(カルトス・クランディエル法)である。特に後者の方法は、クランテルトハランスだけでなく様々な霊的精神疾患の治療に対して有効である。

また強く願えばクランテルトハランスが妄想人格の姿となって顕在化し本当の恋人になるという俗説もある。
タグ

紹介サイト


カウンター

管理人連絡先

amogaataあっとまーくyahoo.co.jp

[PR]

Amazonアソシエイト

楽天

編集にはIDが必要です

メンバー募集!