魔術師。中二病。決め台詞は「殺すと子宮がびくびくするよ」。

ザリスも天才ではあるが、妹のアリスの方が全てにおいて圧倒的に凄い。
アリスが影だとするとザリスは光らしい(アリスとザリスが同一人物であるという説も確固として存在する)。
第一次地獄開放収束後の、混乱と復興の時代に生きた。

エピソード

ロワスカーグ討伐戦

1回目は矛盾竜ロワスカーグとの話し合いの結果、倒した事にして頂いたらしい。
2回目はポルガーラエジロス・ケネルアルセス=アルスタと共に討伐に出掛け、途中ポルガーを犠牲にしようとして仲違いになったりしながらロワスカーグの居る山に着き、主にアルセスの活躍で美事に打ち倒した。

星見の塔トーナメントに参戦

星見の塔トーナメントには、トーナメントへの勧誘に来たワレリィに安いプライドを挑発されて乗り込んだ。
1回戦でガラドリウス=レムナ=ウリャンヴァスクに敗退、敗者復活戦第一ラウンドを辛くも突破するも、第二ラウンドで少年狂いのレーラリラに倒され、敗退する。

結婚

魔女ザリスは魔路神群と契りを結んだという。
ザリスの子は半神半人である。
ザリスの子供を、アリスという。

そして神話へ……

ザリスは娼婦から信仰を受ける神となった。
聖句は「殺すと子宮がびくびくする」で唱えると客が増えるとか。

その様な聖句に不快感を感じるものもおり、
聖句が娼婦達以外に知られてから、ザリスへの信仰を弾圧する流れが起こった。
ザリス信仰の弾圧期においては多数の娼婦たちが火刑にされたが、娼婦たちは口々に聖句を唱えながら死んでいったという。

関わり

ザリスとヴェルフレイは師弟関係にある

魔法

イフリータルバーン

ゲヘナ・ブレイズ
 呪文は「燃え滾る熱き紅・・・煉獄の彼方より熱き紅の炎よ燃え滾れ!!煉獄の炎ゲヘナ・ブレイズ!!」

イフリータル・フレイム

異説

冥王アリスの未知数な側面。
即ちもうひとつの人格。
天才魔女アリスがときに見せる己の暗黒面こそザリスである。

想像図

眠い目のザリス by うと
ザリス by うと
タグ

紹介サイト


カウンター

管理人連絡先

amogaataあっとまーくyahoo.co.jp

[PR]

Amazonアソシエイト

楽天

編集にはIDが必要です

メンバー募集!