1. GOYURAの一人。本項では彼女について記述する。
  2. 「黒魔術の奥義者」を意味する称号。
魔法少女きゆらの、魔法少女全体のイメージ低下につながりかねない
血みどろの狼藉に業を煮やし、かつての魔法少女たちが結集した。
それがGOYURAである。そしてム・ムーは九人の元魔法少女を
率いる長老であり、得意料理は闇鍋である。

ちなみに一人称は「妾(わらわ)」。

魔類抄シリーズにおけるム・ムー

神官皇帝ラ・ムーの娘で、休眠状態にて王家の墓で永い時を過ごしてきた。魔類抄シリーズ第一部・魍魎魔類抄靴砲けるムー大陸の再浮上の際に、元ハイアラーキーのアセンデッド・マスターヌアランダーラの手で運び出された。第二部・地獄魔類抄では秘密結社イルミナティにより眠りから目ざめさせられることになる。

イルミナティは彼女に無断で八人のクローンが生み出しており、クローンの体には裏の世界で名をはせた魔女たちの霊魂が憑依させられている。ム・ムーは彼女たちを統率するリーダーにさせられている。
彼女らはGOYURAと呼称される。これはムー文化の流れを汲むポリネシアの部族の伝承に登場し「美しく戦う九人の魔女」と称される白き魔女(ゴユラ)たちに由来する。

紹介サイト


カウンター

管理人連絡先

amogaataあっとまーくyahoo.co.jp

[PR]

Amazonアソシエイト

楽天

編集にはIDが必要です

メンバー募集!