人物

リクシャマー帝国において、魔術師師団の創立に関わった人物。
その間名が示すとおり、魔術師であり、ゴズリング・ダゥ・グロシェの養子である。
ステアトの出身で、父親はバキスタの戦いで戦死した騎士であった(異説あり)。

ゴズリング・ダゥ・グロシェの考案したビーンズ式詠唱法を改良し、初級の魔術であれば習得が簡単なウォン派の魔術にこれを応用して使用することを考案する。
この考案が財務大臣だったマグドゥール・ドゥ・ギボンに見出され、当時再編の進んでいた軍に応用されることになる。

北方帝国制圧戦争時には、魔術師として初の軍務副大臣に抜擢された。

しかし、第二次建国戦争前夜に北方帝国の駐留軍訪問時に、独立派の旧北方帝国領主により暗殺された。(ユハ・ダリンの乱)

ゴズリングとの関係

ゴズリング・ダウ・グロシェの養子として迎えられたヴォイグナンであるが、あくまで死期を悟ったゴズリングによる弟子たちが以後研究を継げるように財産と研究成果を残すために行われた書類上の養子縁組であり、実際には二人の間の年齢差は10も離れてなかったという。
また、ゴズリングは晩年、当時ロズゴール王国領となっていた故郷で静養していたため、ヴォイグナンと殆ど顔を合わせていない。
まだ当時は魔術の研究を行うことの価値が認められておらず、余計な小銭を貯めていると死後、その遺産が軍費として国に徴収されてしまうことはよくあることだったので、そのことからも彼が国がゴズリングの遺産に手を出せない立場の関係者であったことが伺える。

人となり

ゴズリングの死の直前に養子となったことから、ゴズリングの生前からの弟子達からのうけは良くなかったようである。
また、その放蕩な性格や生き様から、「自身の放蕩のためにゴズリングの遺産を国へ切り売った」という非難が存命中つきまとった。
しかしながら、豪奢な生活や交友関係は、結果論から言えばゴズリングの研究成果を社会に、特にマグドゥール・ドゥ・ギボンの財政改革により軍の再編の進んでいたリクシャマー帝国に知れ渡させ、研究のさらなる資金を得るための手段であったと言えるため、言いがかりのレベルだったとも言える。

紹介サイト


カウンター

管理人連絡先

amogaataあっとまーくyahoo.co.jp

[PR]

Amazonアソシエイト

楽天

編集にはIDが必要です

メンバー募集!