風俗Wikiは風俗店利用者が、自らの体験をもとに書かれた風俗体験レポートで作られたクチコミ風俗サイトです。 池袋 新宿 渋谷など都内主要ターミナル周辺の風俗店から横浜 川崎 西川口 千葉といった東京近郊の風俗店まで1都3県の風俗店情報を掲載しています。

ソープランド(ソープ)とは?

風呂のある個室で女性が男性客に対し、サービスを提供する「個室浴場」のこと。
ソープランド法律上の位置づけ
風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(風適法)に定める店舗型性風俗特殊営業である。 風適法第2条第6項1号では「浴場業(公衆浴場法 (昭和二十三年法律第百三十九号)第一条第一項 に規定する公衆浴場を業として経営することをいう。)の施設として個室を設け、当該個室において異性の客に接触する役務を提供する営業」と定義されており、公衆浴場としての条件も満たす必要がある。その為保健所の検査も行われる。風俗営業のため18歳未満は立ち入り禁止である(風適法第18条)。
かつては「個室付き特殊浴場」と呼ばれた。特殊とは特別なサービスを行うという意味ではなく、かつての公衆浴場法において銭湯など=普通浴場に対して「サウナ=特殊浴場」と規定されていた。「トルコ風呂」は個室サウナという位置づけで、個室には必ずサウナ施設が付けられていた。現在は公衆浴場法が改正され、特殊浴場という規定はなくなっている。(引用:wikipedia)

ソープランドの一般的なシステム

  1. 予算や場所など希望に合ったソープを風俗サイトや専門誌、情報喫茶などで選ぶ。
  2. お店に電話して店舗の場所、料金システムを確認します。女性コンパニオンの指名がある場合は、この時に申し出て出勤や予約状況を確認する。
  3. 店舗に足を運び、受付で入浴料(部屋の使用料という名目で、これが店の収入になる)を支払う。お店によっては、総額料金を受付で支払う場合もある。(ソープランドは最寄り駅まで車で迎えに来てもらい、コンパニオンのサービスが終われば最寄り駅まで送ってくれるという送迎というサービスを無料で行っているお店がほとんどである。)
  4. 待合室に案内され、案内されるまで待機する。
  5. コンパニオンに案内され、部屋に入り時間内にサービスを提供される。
  6. 部屋を出る前に女性コンパニオンにサービス料を支払う。
  7. 上がりの部屋に案内され、送迎の準備ができるまでしばらく待機する。(送迎を希望しない場合は、そのまま退店する、また大衆店や中級店には上がり部屋が存在しない場合がある。)
サービス内容については店舗によって若干全く異なります。

一般的な個室内の様子

ソファーや鏡台などが置いてあるスペースにベッド(マッサージ台)が置いてある。そのとなりに洗い場と浴槽があり、マットが置いてあることが多い。スペースの関係でマットを壁に立てかけて置いてある場合も多い。かつては個室付き特殊浴場であるため必ずサウナ設備(ボックス)が置いてあったが、現在では設置されていない店も見られる。また、都道府県条例の規定により部屋を密閉できないよう、ドアに大きなのぞき窓(ガラスや柵など、遮断するようなものは付けていない)をつけたり、ドア自体がなくカーテンで仕切るところもある。(引用:wikipedia)

ソープランド利用上の注意点

  1. ソープランドの料金は、入浴料とサービス料に分かれています。入浴料はお店に入った際に支払う入浴料金の事を言い、サービス料はサービス料は女性コンパニオンのサービスに対する対価で、入浴料のだいたい2〜3倍となっている。このように料金が分かれている理由としてソープのサービスは女性コンパニオンと客の自由意思の範疇で行われているということになっているからである。よって雑誌や風俗サイトの料金表示で入浴料○○円と表記されている場合でも、別途サービス料がかかるということを注意しなければならない。(総額○○円と表記のある場合は、それ以外に掛かる料金は基本的にはない。)総額料金は、お店に電話をすれば確認できるので、事前に確認しておく必要がある。
  2. 客が女性コンパニオンや店に迷惑をかけた場合には、入店禁止措置(出禁)となるある。例えば引き抜き行為をしたりストーカー行為をした場合などである。
  3. 俗に「駅前ソープ」というものがある。ソープの集中する地域以外で、駅前にある店で、ファッションヘルス同様なサービスを受けられる、総額料金1万円前後が多い。
  4. 一部振り替え行為を確信犯的に行っているお店も存在する。現実に女性コンパニオンが体調不良で突如として欠勤することもあるので振り替え店を見極めるのは難しいが、確認の電話を入れた際には何も言われなかったのにもかかわらず、待合室でコンパニオンの体調不良を伝えられた場合は怪しいと思ったほうがいい。
  5. 在籍アルバムのコンパニオンの写真を明らかに修正しているお店も存在するので注意が必要である。(関連用語:パネマジ、写真詐欺)

ソープランドの料金とサービス

料金は店の格式によって多様で、サービス内容も異なる。一般に、高級店大衆店(中級店)・格安店に分類されることが多い。値段の違いは、接客時間、女性の質、店舗の雰囲気のほか、仕事的な感じを与えないかどうかの違いがある。
  • 高級店
一般的に総額60,000円以上のお店を指す
店内は高級クラブを思わせる造りと雰囲気で、ソープ嬢も美貌とスタイルを兼ね備えていることが多い。ベテランが多く在籍し、アワ踊り潜望鏡やその他個々のソープ嬢の持っている技術で、ソープランドの技を堪能させてくれるタイプの店や、ベテランと若い女性を両方用意している店もある。風俗という事務的な要素をお客側に感じさせない為に、部屋に案内され雑談もそこそこに、風呂に入らず即時サービスを開始するといったお店も多い。店の方針によっては、言葉遣いなどの応対や、接客技術にも一定の水準が求められるため、若い女性だとなかなか勤まらない場合も多く、必ずしも若い女性ばかりとは限らない。接客時間も120分以上と長い。またほとんどの高級店は、待合室の入り口と待合室から個室へ向かうために出る場所は異なり他の客との鉢合わせを避けている。
  • 大衆店(中級店)
一般的に総額30,000〜40,000円前後のお店を指す
ソープ嬢の質は中〜上程度。接客時間は90分程度のお店が多い。
  • 格安店
一般的に総額20,000円前後のお店を指す
比較的安い分、ソープ嬢の容姿が劣っていたり、年齢が高めだったりするが、店によっては、ファッションヘルス並みに高い回転率のために、稼ぎを重視した若くて美しい子がいる場合もある。接客時間は45〜60分程度と短い。

ソープランドの用語

  • 風俗Wiki風俗用語 - お茶をひく2輪車フラワータイムダブルスケベ椅子アワ踊り潜望鏡つぼ洗い花時計NS中出し
  • 部屋持ち - 指名の多いソープ嬢に専用の部屋を充てること。高級店の場合、月収も数百万円を超える場合もあり、当然指名も取りにくい。大衆・格安店でも部屋持ちのソープ嬢を置く場合もある。
  • 上がる - 女性がソープ業界から離れること。一度やめても戻ってくる(「下がる」)女性が多いといわれる。その日の仕事が終わる事も上がるとも言う事もあるが、これはソープランド業界に限った言い方ではない。
  • 飛ぶ - 女性が辞める事を店に連絡せずに、店を辞めること。
  • くぐり椅子 - スケベ椅子の座高を更に高くしたもので、ソープ嬢が下に潜る形になる。スモーク色のアクリル板など薄く強度のある材質を折り曲げた形をしており、仰向けになったソープ嬢が寝そべって通過できる。男性客をこの椅子に座らせ、ソープ嬢が通過しながら男性客を股間を舌で舐め上げて洗うことができる。
  • ゴールドチェア - スケベ椅子の発展形であり、円筒形の椅子で上部にはソープ嬢が腕を通すための開口部分がある。ゴージャス感を出すためにゴールドマイカメタリック塗装を施してあることから「ゴールドチェア」と呼ばれる。同じ椅子を色違いで「ピンクチェア」と呼ぶものもある。岐阜の金津園をはじめ、広く使われるようになった。 (引用:wikipedia)

地域別 ソープランド風俗店

地域別 ソープランド体験レポート


ソープランドの


最新デリヘル体験レポート店

横浜痴女性感フェチ倶楽部

04/23レポUP
横浜発:
横浜痴女性感フェチ倶楽部
【マニア・フェチ系】【待ち合わせ型】


小悪魔女教師

04/22レポUP
新宿発:
小悪魔女教師
【制服・コスプレ】


ポアゾン倶楽部

04/20レポUP
渋谷発:
ポアゾン倶楽部
【24時間営業】


風俗体験レポート更新情報

風俗特報

女の子の写真指名は、
風俗情報サイト 風俗特報
画像の加工修正は一切行っておりませんのでご安心下さい。
風俗特報

記事を投稿する。

wikiの編集が苦手な方は以下のフォームから管理人までご連絡ください。 荒しや業者の方は投稿をご遠慮ください。
投稿頂いたレポの不掲載理由

体験レポアクセスランキング

デリヘルお得情報

毎週金曜更新

AD by 風俗特報(店名リンク:風俗特報)

Wikiをはじめる

マイページ