アーケード・家庭用で展開している、ギルティギアシリーズに関する攻略・知識の集積地。

2日目

基本的な狙い

ソルは相手を画面端に追い詰めるとリターンが跳ね上がるので、最終的な狙いは「画面端で崩す」こと。
立ち回りで取る全ての行動を画面端に追い詰めることと結びつけることを意識しよう。

基本的に遠距離戦よりも近距離戦を得意とするキャラなので、いかにして近づくかも課題となる。

画面中央

遠距離

この距離ではソル側のやることは特にない。
GVやRSをぶっぱなしても見てから反応されやすく効果は薄いので、とっととダッシュで近づいてしまおう。
ただし遠距離からのダッシュは人間の反応で簡単に止められるので、FDブレーキも混ぜること。

端まで届く飛び道具(カイのスタンエッジ、ヴェノムのスティンガーエイム等)には気を付けよう。

中距離

この間合いでいかに相手を揺さぶり近距離戦に持ち込めるかがソルの難しさであり、面白いポイントでもある。

相手に近づく為にはダッシュで一気に駆け寄ってしまうのが一番手っ取り早いのだが、相手もダッシュで近づこうとしたソルに対して牽制技を当てることで阻止しようとしてくる。
そこで、
  • こちらの牽制技で相手の牽制技を潰す
  • 前ジャンプで飛び込み、相手の牽制技を飛び越える
  • GVやBBをぶっぱなす
などで相手に牽制技を振らせないようにしてからダッシュする、というのが基本的な流れとなる

バックステップなどで間合いを離されても、ダッシュで最低でも中距離はキープし続けたい
それを積み重ねていけば相手を画面端に追い詰めることができるため、本命の強力な端攻めに持ち込める

また、ファフニールも積極的に振っていこう。
ガードさせるだけでそのまま近距離戦に持ち込むことができ、当たれば大幅に相手を端まで吹っ飛ばすこともできるため非常に強力。
ダッシュと同じように止められたらそのけん制と読みあいをしよう。

近距離

ソルの得意な間合い。
発生の早い小技、判定の強い6Pや足払い、無敵のあるVVなどを駆使して相手を押さえ込んでいく。

ガシガシ技をガードさせて有利を作り、すぐにアクションを起こす相手か、おとなしく我慢する相手か見極めよう。
こちらが先に動ける状況で相手の行動に合わせてお仕置きを用意すればいい。

画面端

遠距離

変わらず、ダッシュで間合いを詰めていく。

端が近くなるとこの距離でも相手も後ろにスペースを作ろうと自分から近づいてくる事が多いので、間合い調節を誤らないように。

中距離

相手に端を背負わせると、ガンフレ・ファフ・BBといった技に対して安定かつ有効な対策となる「後ろに下がる」という選択肢を封印させることができるため、相手を飛ばせやすくなる。
ファフ・BBはヒット時はそのまま追撃もできてリターン面でも優秀。

空ダで反対側へ逃げようとする相手にはBRによるJ逃げ潰しや対空を決めたいところ。
空投げで端側へ投げられるとなおよし。

近距離

ソル側のチャンス
6P・ガンフレ・ファフなどヒット時にコンボに繋げられる技を積極的に使い、相手にプレッシャーをかける。

また、2K(>6P)、足払い(>タイランレイブ)、ぶっきら、ダスト、投げ赤RCなどガード崩しの択からも高ダメージのコンボを決めやすいので果敢にガードを崩しにいきたい。
上記した中距離の時と同様、相手の位置入れ替えは常に警戒しよう。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

メニューバーA


SIGN家庭用版追加キャラクター
REVELATOR追加キャラ
REVELATOR家庭用追加キャラ
REV2追加キャラ

家庭用(情報募集中)

家庭用モード
家庭用その他

「GGXX」シリーズ

家庭用

Wiki内検索

フリーエリア

Wiki内検索

編集にはIDが必要です

メンバー募集!