今までのホットスポット(公衆無線LANエリア)行脚を記録

東京地下鉄(東京メトロ)
 http://www.tokyometro.jp/houjin/w_lan/index.html

もともとはNTT DoCoMoとの共同事業によるもの。現在はNTT-BPに管理が委譲されている。

・整備対象外駅
・・日比谷線北千住駅(管理は東武鉄道 NTT-BP(旧無線LAN倶楽部)で整備済)
・・有楽町線和光市駅(管理は東武鉄道 NTT-BP(旧無線LAN倶楽部)で整備済)
・・半蔵門線渋谷駅の西半分(管轄は東京急行電鉄?→2008年に完全移管)
・・南北線目黒駅(管理は東京急行電鉄 NTT-BP(旧無線LAN倶楽部)で整備済)
・・副都心線渋谷駅(管轄は東京急行電鉄)

・整備完了
 2004年12月
 (http://www.tokyometro.jp/news/2004/2004-m25.html )
 (http://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/page/... )
 ただし、表参道駅は駅耐震工事の最中だったため1APのみしか整備できなかった経緯があり、実際に実用的整備が終わったのは2006年3月。

・対象サービス事業者
・・Mzone
・・無線LAN倶楽部(〜2005年12月)
・・HOTSPOT
・・フレッツ・スポット(2005年12月〜 ただし副都心線は非対象)
・・Mフレッツ(2005年12月〜 ただし副都心線は非対象)

・使用機器
 CISCO Aeronet 1200+アンテナAIR-ANT5959
  六本木駅日比谷線ホーム(駅改良工事時)
  

  国会議事堂前駅丸の内線ホーム(アンテナ)
  

  綾瀬駅千代田線ホーム
  


 設置当初からAIR-ANT5959はカバー脱落が多かったためか、後に金属受けが付けられている。
 また、整備当初は802.11bのみだったが、2006年7月に802.11g対応。


・上位回線
 基本的に光回線だが、北綾瀬駅だけ回線速度から推測するとADSLの模様。
 (理由は北綾瀬だけに鉄道事業者のダークファイバが無いためと思慮される)

・その他参考記事

 東京メトロ駅構内における無線LANサービスの共同事業について基本合意書を締結
 http://www.tokyometro.jp/news/2004/2004-m02.html
 http://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/page/...
 
 東京メトロ駅構内における無線LANサービスの提供を開始
 http://www.tokyometro.jp/news/2004/2004-m19.html
 http://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/page/...



都営地下鉄
 http://www.kotsu.metro.tokyo.jp/subway/kanren/lan....

・経緯
 東京都「公共施設で無線LANインターネット接続サービス実験」(2002年7月12日)が発端。

 2005年2月2日に「都営地下鉄全駅構内における公衆無線LANサービスの開始」により事業を開始。サービスイン順位からすると当時はNTT-BPが整備したものと思慮される。NTTグループ公衆無線LAN事業者再編後もNTT-BPが整備。
# この時にはNTT DoCoMoは共同プレスリリースを出さなかった

・整備完了
 2007年2月竣工(2007年5月エリア化発表)

・整備対象外駅
・・新宿線新宿駅(管理は京王電鉄)
・・浅草線押上駅(管理は京成電鉄)
・・三田線目黒駅(管理は東京急行電鉄 NTT-BP(旧無線LAN倶楽部)で整備済)
・・三田線白金高輪駅,白金台駅(管理は東京メトロ)

・対象サービス事業者
・・Mzone
・・HOTSPOT
・・無線LAN倶楽部(〜2005年12月)
・・フレッツ・スポット(2005年12月〜)
・・Mフレッツ(2005年12月〜)
・・NTT-BP 無線LANタイムチケット(2006年12月以降整備準備中の模様)

・使用機器
・・第一期(2005年3月エリア化分(新宿線新宿三丁目駅〜浜町駅、浅草線東銀座駅以南(五反田駅は駅工事の影響で2006年9月整備))
・・第二期(2006年1月エリア化分(新宿線森下駅以東))整備
  →CISCO Aeronet 1200+AIR-ANT5959
  802.11bのみの対応(実際にはa,gも対応可能だが、アンテナ(AIR-ANT5959)が802.11a非対応。ただし、浅草線新橋駅は802.11aが出ている。)。

  五反田駅改札外コンコース(アンテナ)
  


・・第三期(2006年3月エリア化分(三田線(内幸町駅,高島平駅以西は10月整備)))
・・第四期(2006年9月エリア化分(大江戸線新宿駅〜光が丘駅))
・・第五期(2006年12月エリア化(2007年3月公式発表)分(大江戸線代々木駅〜大門駅))
  →Panasonic WINDIO(?(AP実画像から突き合わせるとES-7HD4では無い(TELEC認定から推測すると「デュアルバンド無線LAN基地局装置」か?))+ES-7HD4ANT2)
 設置当初から802.11a,b,g対応、ただし11aは使用できるが実際には使用しない設定になっている模様。

  西高島平駅三田線ホーム(一体型)
  

  巣鴨駅三田線ホーム(ホーム改良工事中時)
  


・・第六期(2007年2月エリア化(2007年4,5月公式発表)分(大江戸線汐留駅〜新宿西口駅 うち六本木駅,飯田橋駅は5月発表))
  →Panasonic WINDIO?+ES-7HD4ANT2

  飯田橋駅大江戸線ホーム(一体型)
  


・上位回線
 基本的に光回線。

・おまけ
 エリア化の優先順位
 Mzone→HOTSPOT→フレッツ・スポット,Mフレッツ の順が定番。
 (もともとフレッツ・スポットの整備は共用であっても概して遅いのだが・・・、概ね最大3〜4ヶ月遅れ)

 ちなみに、無線LAN倶楽部があった頃は・・・
 無線LAN倶楽部→Mzone→HOTSPOT の順。

コメントをかく


画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

ついったー

編集にはIDが必要です