ドールハウス

著者 姫野 カオルコ 
出版社 角川書店  (1997/07)
内容紹介   たとえば、姉の食べ残しに弟が躊躇なく手を出せる―そんなふつうの生活を理加子は夢みている。軍隊にも劣らないほど強権な父親と、一度も家族を愛したことのない母親のもと、理加子は大屋敷家ただひとりの子供として“石の歳月”を過してきた。“不良になるから”という理由で、映画、読書はもちろん電話、手紙に至るまで禁止されてもなお、理加子は両親に逆らえない。そんな彼女の前に粗暴で強引な男性江木が現れ、次第に心を開いてゆくが…。子供から大人へ。集団から個へ。誰もが通過する家=家族との決別を綴った切ない物語。   (Amazonより)  
感想






.
2007年02月24日(土) 09:02:24 Modified by hinoki_21




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。