受難

著者 姫野 カオルコ 
出版社 文藝春秋  (1997/04)
内容紹介   修道院育ちの処女フランチェス子と彼女のオマンコに棲みついた人面疽"古賀さん"との奇妙な共棲。一読驚嘆、新しい性の文学誕生。ある日、あなたの肉体に人面瘡ができたら、あなたはどうしますか?フランチェス子の場合は…彼女は人面瘡を「古賀さん」と名づけて共同生活をはじめ、「ダメ女!」と日夜罵られていましたが、ひょんな事から思いついた新ビジネスで運命はさらに急転回…極北の笑いを奔放な筆致で描く新しい純文学。   (Amazonより)  
感想












.
2007年02月25日(日) 21:57:54 Modified by hinoki_21




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。