『あるようにあり、なるようになる 運命論の運命』(講談社、2015年7月刊)
タイトル英訳:
Everything is as it is, and everything will be as it will be --- The fate of fatalism

◎ 月刊『本』(講談社PR誌)(BOOK倶楽部のページ)で2年ほど連載をした
「あるようにあり、なるようになる ―運命論とその周辺」は、修正加筆をして註なども加えて単行本(講談社)にする予定で、今はその作業中です。2015年7月頃の刊行を目指します。
これから担当編集者の上田哲之さんと相談のうえ決めていくことになりますが、現段階で私が考えている全体像は、以下の通りです。

タイトルは、私としては、
『あるようにあり、なるようになる ─運命論の運命』
にしたいと思い始めています。略称『ある、なる』ですね。
タイトルは、これに決定。

【追記】
・ 装幀などデザインを、希望通り古田雅美さんに担当していただけることになりました。
・ 現在のところ(2015年4月13日)では、7月10日あたりの刊行を目指しています。タイトルも、ほぼ『あるようにあり、なるようになる ─運命論の運命』できまりと言っていいと思います。
・ 『ある、なる』の刊行予定日は、2015年7月28日に決定(6月4日現在)。
『あるようにあり、なるようになる ─運命論の運命』(講談社)

プロローグ 概念を動かしてみる

第一部 論理からはみ出す現実性
第1章 神秘としての運命
第2章 解釈・因果・論理
第3章 排中律と現実
第4章 排中律と無
第5章 現実性は横溢する

第二部 現実の未来
第6章 アリストテレスの議論(1)
第7章 アリストテレスの議論(2)
第8章 運命論批判の失敗
第9章 運命論側の不完全さ
第10章 現実性と様相(1)
第11章 現実性と様相(2)

第三部 不可能な未来
第12章 マスター・アーギュメント(1)
第13章 マスター・アーギュメント(2)
第14章 マスター・アーギュメント(3)
第15章 二つの時間原理(1)
第16章 二つの時間原理(2)
第17章 過去の深さ

第四部 輻輳する現在
第18章 「海戦」版の議論(1)
第19章 「海戦」版の議論(2)
第20章 「オズモの物語」版の議論(1)
第21章 「オズモの物語」版の議論(2)

第五部 拮抗を生きる
第22章 「ロンドン空襲」の議論
第23章 「族長の踊り」と「遡及的な祈り」
第24章 反復する<中間>
第25章 運命論と自由

エピローグ 運命に乗る

・註・索引など

書影


<カバー+オビ 立体>

<カバー立体>

<カバー+オビ 平面>
)
<カバー 平面>
)
<表紙、平面>
【2014年8月30日記, 2015年4月1日追記, 2015年7月10日書影追加】

フリーエリア






※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません


著書


2017『香山リカと哲学者たち 明るい哲学の練習 最後に支えてくれるものへ』(ぷねうま舎)


2017 『現代哲学ラボ 第4号: 永井均の無内包の現実性とは?[Kindle版](哲楽編集部・編)


2016 『現代哲学ラボ 第1号: 入不二基義のあるようにありなるようになるとは? 』[Kindle版](哲楽編集部・編)


(カバー+オビ 立体)
2015『あるようにあり、なるようになる ─運命論の運命』(講談社)

(カバー 立体)
2015『あるようにあり、なるようになる ─運命論の運命』(講談社)


(カバー+オビ 平面)
2015『あるようにあり、なるようになる ─運命論の運命』(講談社)

(カバー 平面)
2015『あるようにあり、なるようになる ─運命論の運命』(講談社)

(表紙 平面)
2015『あるようにあり、なるようになる ─運命論の運命』(講談社)


2013『子どもの難問』(野矢茂樹編著、中央公論新社)<私の執筆は二編>


2013『英語で読む哲学』(編著、研究社)


2012『哲学の挑戦』西日本哲学会・編、春風社)


2011『Q〜わたしの思考探究〜 (共著、NHK出版)


2010『<私>の哲学を哲学する』(共著、講談社)


(カバー 帯なし)
2009 『足の裏に影はあるか?ないか? 哲学随想 』(朝日出版社)

↑(帯をとると上のようになります)


(カバー+帯)
2009 『足の裏に影はあるか?ないか? 哲学随想 』(朝日出版社)



2009 ちくま学芸文庫版『相対主義の極北』(筑摩書房)



2007 『哲学の誤読 入試現代文で哲学する!』(ちくま新書)



2007 『時間と絶対と相対と 運命論から何を読み取るべきか』(勁草書房)



2006 『ウィトゲンシュタイン 「私」は消去できるか』(NHK出版, シリーズ・哲学のエッセンス )






2002 『時間は実在するか』(講談社現代新書)




2001  『相対主義の極北』(春秋社)



1993  『<思考する>英文読解』(駿台文庫・絶版)

Wiki内検索

管理人/副管理人のみ編集できます