画像・映像・音声

2016年8月12日「日経ビジネスオンライン」のインタビューにおいて撮影した写真。



,400

レスリング練習後の疲労がうかがえる一枚。練習仲間のライ・インロンさんが撮ってくれました。





2016年全日本マスターズレスリング選手権大会 (一枚目:青のシングレット・IRIFUJI AGUのロゴが入不二/二枚目:赤のシングレット・左が入不二)


2016年全日本マスターズレスリング選手権大会 (フォール勝ちのシーン)




2016年全日本マスターズレスリング選手権大会/フォールのシーンを時系列で3枚(レフリーの位置の移動に注目)と相手と対峙したシーンを1枚






2013年全日本マスターズレスリング選手権大会



2011年全日本マスターズレスリング選手権大会




2007年8月31日(金)〜9月2日(日)山口で科研の研究合宿(夏の山口ワークショップ)の写真より
入不二・上野・郡司
青山・永井・古荘・入江
地ビール園
五重塔
上野邸

2005年度大阪大学文学部・文学研究科での集中講義風景(写真4枚・大きいです)

2005年度大阪大学文学部・文学研究科での集中講義での一コマ(音声)

茂木健一郎氏とのトーク・セッション(2004年池袋ジュンク堂)(音声)

日本科学未来館・時間旅行展(2003年)での講演(動画)

(今では懐かしき)時間学研究所の立ち上げ講演会(2000年4月)

小学校3年生のときのクラス写真:最前列右から3番目が私で、左から3番目が妻。小学校1年生からの同級生なので。

フリーエリア






※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません


著書


2017『香山リカと哲学者たち 明るい哲学の練習 最後に支えてくれるものへ』(ぷねうま舎)


2017 『現代哲学ラボ 第4号: 永井均の無内包の現実性とは?[Kindle版](哲楽編集部・編)


2016 『現代哲学ラボ 第1号: 入不二基義のあるようにありなるようになるとは? 』[Kindle版](哲楽編集部・編)


(カバー+オビ 立体)
2015『あるようにあり、なるようになる ─運命論の運命』(講談社)

(カバー 立体)
2015『あるようにあり、なるようになる ─運命論の運命』(講談社)


(カバー+オビ 平面)
2015『あるようにあり、なるようになる ─運命論の運命』(講談社)

(カバー 平面)
2015『あるようにあり、なるようになる ─運命論の運命』(講談社)

(表紙 平面)
2015『あるようにあり、なるようになる ─運命論の運命』(講談社)


2013『子どもの難問』(野矢茂樹編著、中央公論新社)<私の執筆は二編>


2013『英語で読む哲学』(編著、研究社)


2012『哲学の挑戦』西日本哲学会・編、春風社)


2011『Q〜わたしの思考探究〜 (共著、NHK出版)


2010『<私>の哲学を哲学する』(共著、講談社)


(カバー 帯なし)
2009 『足の裏に影はあるか?ないか? 哲学随想 』(朝日出版社)

↑(帯をとると上のようになります)


(カバー+帯)
2009 『足の裏に影はあるか?ないか? 哲学随想 』(朝日出版社)



2009 ちくま学芸文庫版『相対主義の極北』(筑摩書房)



2007 『哲学の誤読 入試現代文で哲学する!』(ちくま新書)



2007 『時間と絶対と相対と 運命論から何を読み取るべきか』(勁草書房)



2006 『ウィトゲンシュタイン 「私」は消去できるか』(NHK出版, シリーズ・哲学のエッセンス )






2002 『時間は実在するか』(講談社現代新書)




2001  『相対主義の極北』(春秋社)



1993  『<思考する>英文読解』(駿台文庫・絶版)

Wiki内検索

管理人/副管理人のみ編集できます