放射能関連の資料を追加していきます (∂-∂*)ヨロシク〜☆ミ 『わくわく放射能ランド』『放射能 (б▽б;;)げ〜』から改名しました o(*б▽б*)oエヘヘ!

概要

10万ベクレルの経口摂取で、生涯積算1ミリシーベルトの内部被ばくになります
タイトル ↑ かなりイイ加減な計算です (б。б;A)゛アセアセ 憶えやすいほうが、いっかなっと

【復習】内部被曝で1ミリシーベルトとは、数万ベクレルの摂取を意味しています : 安全安心とは言えません。
↑あまりに大雑把なので、もう少し詳しいブログ記事です。

内部被ばくの危険性を食品のベクレルで把握している方が多いと思います。
ニュースなどでミリシーベルトが出てくると混乱しませんか (б_б?)ハテナ?

正確な換算式より感覚的に危険性を察知するのが先だと思いタイトルでは単純化しました。

PR どぉぞっ♪ヽ(*б-б*)。

実効線量係数

超大雑把(ふつうは大雑把すぎです)

セシウム137の経口摂取なら、およそ1×10のマイナス5乗 (ミリシーベルト/ベクレル)ですよ☆〜(ゝ。б)ネ

つまり、100,000ベクレルの経口摂取で、生涯積算1ミリシーベルトの内部被ばくになります。
この10万ベクレルは、どのようなタイミングで摂取しても同じです。ベクレルから生涯積算のシーベルトへ変換しているのですから、多少の摂取タイミングの違いは関係ありません。

100,000ベクレルの食事を、1回食べる。
10,000ベクレルの食事を、10回食べる。
1,000ベクレルの食事を、100回食べる。
100ベクレルの食事を、1,000回食べる。
すべて、生涯積算で1ミリシーベルトの内部被ばくになります。

いるかちゃん所有のSOEKS-01M & オススメ放射線測定器

レポート:
【オススメ】放射線測定器 SOEKS-01M RD1503 DoseRAE2 比較映像 【SBM-20】の有効範囲を追加。0.14μSv/h以上で使ってください。|

このページへのコメント

放射線はガンマー線(レントゲンの1
種)の強さで、ベクレルは単位重量中にある放射性物質の量です。放射線の強さは放射性物質からの距離の2乗に反比例します。内部被爆で細胞の中に放射性物質が入ると、細胞の大きさは数ミクロン(1万分の1mm(0.0001でmm))ですので、この距離の2乗の逆数を求めると、放射線の強さは約8億倍の強さに成ります。こんなに強い放射線が細胞内の遺伝子に当たれば、遺伝子は壊れます。細胞は外部から得たタンパク質を細胞内に取り込み遺伝子に基づいて新しい細胞を作りこみ、古い細胞を捨てています(新陳代謝)。壊れた遺伝子に依ってどんどん細胞が出来たら、それは狂った細胞です。即ちガンの元です。

Posted by tom-j 2013年08月31日(土) 19:27:58

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Wiki内検索

ツイッター

まもろう


管理人のみ編集できます