放射能関連の資料を追加していきます (∂-∂*)ヨロシク〜☆ミ 『わくわく放射能ランド』『放射能 (б▽б;;)げ〜』から改名しました o(*б▽б*)oエヘヘ!

概要

チェルノブイリ原発事故後の避難区域

PR どぉぞっ♪ヽ(*б-б*)。

チェルノブイリの避難区域


”Environmental consequences of the Chernobyl accident and their remediation,” IAEA, Vienna (2006)
(25ページ)

1480-3700 kBq/m2 Confiscated/Closed Zone(居住禁止区域)
555-1480 kBq/m2 Permanent Control Zone(移住必要区域)、19万人
185-555 kBq/m2 Periodic Control Zone(移住権利区域)、58万人
37-185 kBq/m2 Unnamed Zone、438万人

555,000Bq/m2以上:居住者に30ルーブル/月支払い
37,000Bq/m2以上:居住者に15ルーブル/月支払い

チェルノブイリ事故当時の物価水準

その上,もう1つの理由で,決定事項の有効性は低かった.つまり,当時,ソ連国内で食糧供給が十分でなかったのは,単に被災した地域だけでなく,大きな都会や町も同様だったのである.そのため,チェルノブイリ事故被災者への食糧供給を改善するというソ連共産党中央委員会の決定は,実質的には実現できないものであった.共産党の決定に従い,被災住民は「非汚染」食料のために,毎月30ルーブル(住民はそれを「棺桶代」と呼んだ)を支給された.ところが,村の店には「非汚染」食料などなかった.店にはもともと品物がなかったのである.食料の総量自身が足りないのであった.
そうした状況で彼らに何ができただろうか?彼らはもっともシンプルな解決策、つまり汚染地域に戻ることを選んでいる。なぜなら、汚染地域にいれば少なくとも、ささやかなチェルノブイリ補償を受けられるからである。たとえば、立ち退き対象地域に住んでいる人々は、月に50ルーブル(現在のレートで約2ドル)が支給される。また汚染地域で働く人のには月300ルーブル(約12ドル)の賃金が保証されている。ノボジプコフの人々の平均賃金が月290ルーブルであることを考えれば、ささやかな金額がいかに人々にとって重要か想像できよう。

ニュースの深層の図


いるかちゃん所有のSOEKS-01M & オススメのDoseRAE2

レポート:
【PR】放射線測定器 SOEKS-01M RD1503 DoseRAE2 Radi 比較 【SBM-20】の有効範囲を追加した。0.14μSv/h以上で使ってください。|
【PR】SOEKS-01M 国民生活センターデータも参考に

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Wiki内検索

ツイッター

まもろう


管理人のみ編集できます