放射能関連の資料を追加していきます (∂-∂*)ヨロシク〜☆ミ 『わくわく放射能ランド』『放射能 (б▽б;;)げ〜』から改名しました o(*б▽б*)oエヘヘ!

概要

ICRPは、「外部被ばく」と「内部被ばく」を区別していないと思われます。
ECRRは、「内部被ばく」ではICRP リスクモデルの100〜1000倍としています。

日本政府や専門家と称する人々は、ICRPに沿っていますからセシウムによる健康被害は発生しません。
わたしは、ECRRが参考になると考えています。

PR どぉぞっ♪ヽ(*б-б*)。

ECRR 2010年勧告 第11章 被ばくに伴うガンのリスク、第2部:最近の証拠

第 11.1 節 核施設とその周辺



セラフィールドの研究では、ICRPのリスク係数の300倍。

第 11.7 節 チェルノブイリ後の白血病

次の理由で、チェルノブイリ事故のデータから解析するのは困難。


第 11.8 節 チェルノブイリ後のスウェーデン北部におけるガン

その研究は、汚染量 100 kBq/m2あたり 11%の統計的に有意なリスクの増加を見出した。外部被ばくだけを使うと、これは ICRP モデルが 650 倍の誤差を持っていると解釈されるが、もし内部被ばくも加えると、セシウム Cs-137 だけを使った場合でも誤差はおそらく 400 倍まで減少する。

第 11.10 節 議論の余地のない証拠


いるかちゃん所有のSOEKS-01M & オススメ放射線測定器

レポート:
【オススメ】放射線測定器 SOEKS-01M RD1503 DoseRAE2 比較映像 【SBM-20】の有効範囲を追加。0.14μSv/h以上で使ってください。|

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Wiki内検索

ツイッター

まもろう


管理人のみ編集できます