一般社団法人 日本国際保健医療学会から国際保健医療学に関する用語集をお届けいたします。

(英語訳 : U5MR, Under 5 Mortality Rate)

出生時から5歳になる日までに死亡する確率で、出生1,000人当たりの死亡数であらわす。国際的に小児の死亡をみる指標として、乳児死亡率(IMR)と共に国際比較に用いられる。
UNICEFの世界子供白書によると2006年の世界の5歳未満児死亡数は970万人とされ史上初1000万人を割った。これは1960年に比べると60%の低下となる。日本では4であり、世界全体では72である。後発開発途上国では142、先進工業国では6ほどの相違がある(2007)。国連ミレニアム開発目標では、2015年までに5歳未満児死亡率を3分の1に減少することが掲げられている。
世界の5歳未満児死亡のうち40%近くが生後28日以内におきている。主要な原因は肺炎、下痢疾患、新生児感染症、早産、出生時窒息死、マラリア、はしかなどがある。2000年に始まった全世界的なはしかの予防接種キャンペーンで、世界全体で約68%、アフリカでは90%以上、はしかによる死亡が低下した。
MDG第4目標を達成するためには、貧困と飢餓の削減(MDG第1目標)、妊産婦保健の向上(同第5目標)エイズマラリアその他の主要疾患対策(同第6目標)▽必要な医薬品の恒常的な供給(同第7目標)―など、多分野での行動促進が必要としている。(神原咲子)

参考資料:世界子供白書 2008 Executive Summary
タグ

用語集内の検索

Counter

全部:
昨日:
今日:
Since 2008.10.23

メンバーのみ編集できます