一般社団法人 日本国際保健医療学会から国際保健医療学に関する用語集をお届けいたします。

(英語訳:IDA, Iron Deficiency Anemia)

鉄欠乏は単一の栄養欠乏症の中では最も高い頻度でみられる、世界で最も一般的な栄養障害である。IDAは世界中で8〜9億人いるとも言われ、臨床的には貧血の症状を示す。貧血は、多くの国で40%以上の出産可能年齢の女性と、同程度の就学前児にみられる。貧血の妊婦の割合は、先進国では18%であるのに対し、途上国では56%にのぼる。学齢期の児童や妊娠していない女性、青少年や成人男性の貧血の割合はもっと低いが、途上国では25%の男性が鉄欠乏であると言われる。深刻な鉄欠乏性貧血により、仕事や学習能力の低下、乳幼児の場合は知能発達の遅れ、妊産婦の場合は分娩時の出血による死亡や敗血症、低体重児の出産、周産期の感染症等による死亡の危険性が増加し、IDAが克服できれば妊産婦死亡が20%減少するとも言われている。
IDAの主な要因は、鉄分が少ないまたは吸収されにくい食事や、妊娠による需要増加、寄生虫症による消耗などである。レバーなどの赤身の肉類、牛乳、卵、緑黄色野菜などには鉄分が多く含まれる。食物に含まれる鉄のうち、実際に吸収されるのは5〜15%で、吸収率は食物中の鉄の形態や他の食事性因子に左右される。吸収を促進するのはビタミンCやB12、阻害物質はフィチン酸やタンニン酸などであることが良く知られている。鉄欠乏の対策には、重度の鉄欠乏や妊婦などのリスクが高い集団への鉄の補給(supplementation)、国や地域などの集団全体の食事中の鉄の量を増加させる食品への鉄の添加(fortification)、長期的に住民の行動変容を促す栄養教育などを組み込んだ食物ベースのアプローチ(food-based approach)がある。効果を上げるためには、単独で行うよりも複数の対策を組み合わせ、現行の健康政策や食品加工、農業開発等の枠組みに統合させていくことが肝要である。(西田美佐)

参考資料・URL:
調査研究「母子保健改善のための微量栄養素欠乏に関する援助研究」報告書
『母と子の微量栄養素欠乏をなくすために −小さじ一杯で育まれる母子の健康−』
http://www.jica.go.jp/kokusouken/enterprise/chosak...
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

用語集内の検索

Counter

全部:
昨日:
今日:
Since 2008.10.23

メンバーのみ編集できます