一般社団法人 日本国際保健医療学会から国際保健医療学に関する用語集をお届けいたします。

(英語訳: USAID, United States Agency for International Development)

1961年、ケネディ大統領は対外援助法に署名し、米国の非軍事の海外援助を 1つの機関にまとめる行政命令を出した。これにより、それまでの国際協力局(ICA)、開発借款基金(DLF)、米国輸出入銀行業務の一部など、米国の非軍事海外援助を一つにまとめる機関としてUSAIDが設立された。援助の実施は政治的な意味合いを持つ経済支援基金 (ESF) と低開発国向けの開発援助 (DA) の形をとり、冷戦下には友好国を優先して行われた。
当初は大統領直属の連邦部局であったが、1998年以降国務省の指導下に置かれ、米国の外交政策をより強く反映させることになった。USAID長官は国務長官に報告義務を負っている。 
USAIDの使命は、経済的、社会的な発展をめざして努力している発展途上国や移行国の人々を助けることにあるとされ、その活動はアメリカ政府の海外援助の主要な一翼を担っているが、反面、CIAと深い関係があるとの批判もされている。
USAIDの援助方針は政権によって変更されるが、現在の主な援助分野は以下の3つである。(1)経済成長、貿易振興、農業開発分野 (基礎教育、環境保護も含む)、(2)HIV/AIDSや他の感染症を含む健康・保健分野、(3)紛争予防や人道援助分野 (災害緊急援助も含む)。
なお、米国では、ミレニアム開発目標に対応するため、2004年ミレニアム挑戦公社(MCC)が新設されたが、その理事長は国務長官で、USAID長官は理事の一人となっている。
(清水利恭)

参考URL:USAIDホームページ http://www.usaid.gov/
タグ

用語集内の検索

Counter

全部:
昨日:
今日:
Since 2008.10.23

メンバーのみ編集できます