ポケモンカードゲーム(ポケカ)のwiki。

過去に存在したポケモンカードゲームのゲームルールのひとつ。
このルールはその後、プラスル・マイナン タッグバトルへとルールが変更された。

以下は詳細ルール

ルールは、デッキ60枚+タッチ交代!(ファンクラブvol.5)4枚とプレイヤーを2名ずつ(以下チーム)用意すること。

対戦の準備として、以下の手順をする。
  1. 手札となるカードを引く前に、対戦プレイヤー(子)は自分のチームのデッキをよく切ってから、相手チームの対戦プレイヤー(子)にも切ってもらいます。それがすんdなら、まず対戦プレイヤー(子)がデッキからカードを5枚引いて手札にして、次に待機プレイヤー(親)が5枚引いて手札にします。
  2. チーム内の2人の手札に「たねポケモン」のカードがないときは、2回まで、手札の取り直しができます。取り直しは2人とも行います。1人だけが取り直しをすることはありません。
  3. 手札が決まったら、サイドカードを6枚セットします。
  4. 最初のポケモンに出すときは、チーム内のどちらの手札から出してもかまいません。対戦プレイヤー(子)の手札からバトル場ポケモンを出して、待機プレイヤー(親)の手札から控えポケモンを出しても構いません。
  5. 最初にに出すことのできるポケモンの数は、対戦ポケモン1匹と、控えポケモン1匹だけです(控えポケモンは、出さなくてもかまいません)。
  6. じゃんけんをして先攻後攻を決めたら、ゲーム開始です。

対戦とタッチ交代のルールは以下のようになっていた。
直接の対戦は、1対1で、対戦プレイヤーどうしが行います。待機しているプレイヤーは、それを見ていることしかできません。待機プレイヤーが、対戦プレイヤーにアドバイスなどをしてもいけません。(どんなときでも、待機プレイヤーが対戦に直接かかわることはありません。待機プレイヤーにできるのは、対戦プレイヤーと手札を見せ合うことだけです)
タッチ交代
●どちらかのポケモン1匹「きぜつ」するごとに、両チームの対戦プレイヤーは、それぞれ、自分のチームの待機プレイヤーと「タッチ交代」します。(タッチ交代は、必ず、両方のチームが同時に行います。片方のチームだけがタッチ交代することはありません)。タッチ交代とは、それまで対戦プレイヤーだった人が待機プレイヤーとなり、それまで待機プレイヤーだった人が対戦プレイヤーになることをいいます。なので、対戦する組み合わせ(親対親、子対子)はかわりません。
相手ポケモンが「きぜつ」したとき、サイドカードをとるのはチーム内のどちらのプレイヤーでもかまいません。また、自分ポケモンが「きぜつ」して、ベンチからバトル場ポケモンを移動されるとき、移動するポケモンを決めるのはチーム内のどちらのプレイヤーでもかまいません。
●一度に2匹以上のポケモンが「きぜつ」したとき(対戦ポケモンベンチポケモン)でも、タッチ交代は1回しか行いません。
●トレーナーカード「タッチ交代」を使ったときも、タッチ交代が行われます。


関連項目:
用語集 / 新ガルーラルール / プラスル・マイナン タッグバトル / タッチ交代!(ファンクラブvol.5)

関連リンク:
なし

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Wiki内検索

どなたでも編集できます