レーベルゲートCD

ソニーミュージックが提唱した、著作権保護機能がついたメディアのことで、CCCDの一種です。
 1枚のメディアは、「ファーストセッションエリア」と「セカンドセッションエリア」に分かれています。ファーストセッションエリアは、通常のCDプレイヤーで再生することができ、カセットテープやMDにコピーすることもできますが、パソコンからデータを読み取ることができないようになっています。なお、カーオーディオなどの一部のCDプレイヤーでは再生できないものもあります。
2005年12月29日(木) 13:05:30 Modified by jpita




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。