Lineageの海外情報のまとめWIKIです





ラスタバド - Lastavard

1 ダークエルフの起源

最初に創造神アインハザードの祝福を受けて神聖な種族 エルフが誕生した。彼らはどんな生物より優れた容貌と高い知性を持っていたし、自然を愛して精霊と対話を交わすなどすべての創造物の中でも、まさに神が作りあげた最高の生命だった。

時間が経って創造主の作った生物たちがこの世の中果てまで広がって社会を形成して暮すようになった。エルフたちのなかには自分たちがこの世の中の生命体の頂点に立っているという傲慢さが生じ始めた。

150年前、エルフと人間の戦争が勃発した。 創造物の頂点に立ったという傲慢の結果、 団結することができなかったエルフたちは人間たちの破壊と残忍性を取り揃えた団結力の前に暗い森へ放逐されてしまった。

戦争が終わった後… 自分たちの傲慢さを反省するエルフたちは、初めて彼らの純粋だった心を思い出し、自然と一緒に生きて行くのを望んだが、 彼らと対立するエルフたちは自分たちの懦弱さに対して憤慨し暗黒神グランカインを信奉することにした。彼らはグランカインと同じように肌を黒く染たのだ。

世の中は彼らを恐ろしい存在という意味で ダークエルフと呼ぶようになった.

2 ラスタバド建国

最初のダークエルフたちは現在アデン大陸の東、過去に古代の巨人族たちが作っていた地価大空洞に住んだ。元々その場所は巨人族の鉱山地域として使われていて、巨人族が滅亡した以後にも巨人族が誕生させた生命体 オームが暮していた。生存が最大の問題だった第一世代ダークエルフたちはオームの助けを借りて徐徐に地下生活に慣れ始めたし基本的な衣食住が充たされてある程度の余裕が生ずるようになった。

ここにダークエルフたちの親分である長老会では バランという者を種族のリーダーに立てて、徐徐に人間と自分たちの仇敵であるアインハザードに対する憎悪を土台にして種族の本能を刺激し始めた。 しかし時間が経つにつれバランの部下である二名の副官ハイラスベガスに権限が移っていった。二人の副官は虎視眈々と長老会を押しのけてラスタバドの権力を掌握しようという野望を持つようになる。 二人の副官はすぐれた知性と魔法を利用してオーム族を圧倒して彼らを奴隷に使いながらラスタバドを徐徐に大きい規模の国家としての形態に整えていった。

このような権力の巨大化は徐徐にダークエルフたちに傲慢さを植えつけて紛争の火種になったし、 ラスタバドは建国 100年を経て徐徐に政治的に堕落して行っていた。

3 沈黙の洞窟

長老会は グランカインを主神として団結して地上にいるアインハザードを信奉するすべての生物たちに復讐をしなければならないという思想を植えつけていた。 こんな思想に初めて反旗をあげたのが、この時の暗殺軍王 ブルデイカだった。 彼は長老会の命令で多くの殺戮を行ってきたが、すでに無能になった長老会が彼を抑えることは難しかった。彼はとても賢明だったし時代の趨勢を直視していたからだ。.

しかしそんな彼の思想は長い間続けて来たダークエルフのすべての理念を根こそぎ置き変えることだったから一族の全てには受け入れられなかったし、なおかつ古い人々〜長老会〜は彼を異分子として処刑しようと考えていた。ブルディカはこれに反発して長老会のボスバロードを殺して自分に従うダークエルフたちとラスタバドを脱出した。

ブルディカたちは結局大陸の置くひそかに定着した。その場所は以前ドワーフが住んでいたが現在はダークエルフアサシンたちの聖地沈黙の洞窟と呼ばれている。彼らは自分たちだけの一つの社会を形成するようになった。

4 新しいリーダー

この時期、第一世代ダークエルフの中で最初の老化による自然死発生した。長老会の一人バロメスの死がそれだった。ブルディカの離脱とバロメスの死は種族全体に大きな恐怖と混乱をもたらした。

一方、 リーダーのバランは二人の副官であるハイラスとベガスの策略に同調して、長老会を無視した暴政を行った。ここにきて長老会は建国108年目になるに及んで、王に正当性を付与するためにグラングカインの神託を受けなければならないと主張した。

長老会と何人かの権力者ちが集まった席でグラングカインの神託のための儀式意識が挙行された。神託はダークエルフの新しいリーダーとしてダンテスを指名した。ハイラスとベガスはその席に集まった者等に神託を偽って無効としろと脅迫を行った。しかし、このような状況を予期していたした長老のケイナがあらかじめ手配していた通りに、ヘルバインと彼の部下のダークアベンジャーたちが彼らを捕縛した。

このようにして新しく王座に就いた若い王ダンテスは自らの名前をシング・グレイブダンテスと変え、真冥皇と呼称し最高神官の地位に就いた。

ダンテスは荒廃した国家の整備のためにグラングカインの力を利用し、第二世代ダークエルフたちを刺激するために 戦争という方法を選択した。

TOPに戻る

5 戦争の勃発

一方, 地上世界の戦争で敗れた反王ケンラウヘルは重傷を負ってラスタバドへの亡命をはかる。長老会を含めた大多数の権力者たちがケンラウヘルの受け入れに強く反対したが、当代最高の戦略家だったダンテスは彼を同盟として受け入れる。地上侵攻のためのすべての準備が終わっていたが決定的なきっかけがなかったので出陣を延ばしていた中、反王がラスタバドに亡命をするということは、地上への侵攻の妥当な理由が付与されるだけでなく戦争の大儀名分も確保することができたからだ。結局、ダンテスはグルーディオ村侵攻を行い、地上に対して宣戦布告した。

6 悪魔との契約



誰かを支配するということはとても魅力的なことだ。昔も今も権力と力に対する貪欲は歴史の流れをも牛耳る。

ヘルバインは誰よりも権力に対する貪欲が強い男だった。彼はグランカインが神託を通じて自分を最高神官に選ぶと思った。しかしグラングカインの選択を受けた者はダンテスだったし、これはヘルバインの自尊心を無惨に崩してしまう出来事になった。

後に、ヘルバインはグラングカインを越える力を持つために魔族の力に対して関心を見せるようになった。これを利用して魔族はヘルバインに魔族の力を授ける代わりに彼の魂を要求した。このことにより、てヘルバインはダークエルフと魔族、二つの自我を持つようになった。

魂を売ってしまったヘルバインは判断力が曇った。彼は異系の魔物であるギルタスを目覚めさせるためにはグラングカインの力が必要だということだけでなく、実際は幾多のダークエルフたちが犠牲されなければならないということを知っていたが、何も言わなかった。より大きな力を信奉したヘルバインとしては新しいダークエルフの王になることだけを希望したのだ。

7 つまらない自尊心

ヘルバインが戦闘を極めた男なら、ダンテスは戦略を極めた男だ。それ故に、単純な能力だけでみると一枚上手だったヘルバインを差し置いてダンテスがダークエルフの最高神官になることができたのではないかと思われる。

それにもかかわらず、ダンテスには弱点があった、それはちょうどヘルバインに対する劣等感だ。彼は神託を通じて任命されたダークエルフの王だったが、いざ戦地ではヘルバインが実質的な指揮官だったのだ。ディアド要塞が陥落した後、長老会を召集したダンテスはすべての兵力をラスタバドで集結するべきという決断を出すが、ヘルバインは彼の命令に従わないで公然と部下たちを連れて大公洞に向かった。

この時、ケンラウヘルは厳しい立場におかれたダンテスに近付いて甘い誘惑を行う。ダンテスは自らの崩れた自尊心を立てなおすためにギルタスを召還を決断した。 魔族と反王は全く苦労せずに自分たちの目標を達成することができた。

ヘルバインが軍隊をひいて大公洞に行ったことが、ダンテスの劣等感と妬みを極度に引き上げて判断力を鈍らすためだという魔族の策略だとも知らずに…

8 避けることができない運命

ダンテスはラスタバド上層部に堅い結界を構築してギルタスを召還するための呪文を覚え始めた。その瞬間大きな轟音と共に数多いダークエルフたちが青い気体に包まれた. ギルタスを召還するためにはダークエルフの魂が生贄として必要だったのだ。 魔族はラスタバドダークエルフを贄としてギルタスを召還しようと考えたのだ。

ダンテスはこのような愚かな判断をする人物ではなかったのだが、くだらない自尊心が彼の判断力を失わせた。彼は地上世界を圧倒することができるという力の魅力に導かれてこのような過誤を犯したのだ。不幸の中で幸いで副神官であるカッサンドラの召喚球が割れてしまったため、ギルタスは完全に召還されることができなかった。しかしギルタスの完全な召還のために魔族が今後どのような計略を立てるかはわからない。

後世に至るまで、このような歴史の過ちを認めて二度とこのような大災いが繰り返されないようにしなければならないだろう。

TOPに戻る

欲望の洞窟


"カヘルの操り人形" たちが人間界に姿を現わして以後、人間たちによって少なくない被害を被ったカヘルの操り人形たちは、人間たちの組織的な動きを調査し始めた。ヤヒの直属部下であり、魔族の神殿の管理を担当していた"堕落"が人間の姿を一番よく理解することができると信じたヤヒは堕落に任務を任せた.

そうでなくても魔族神殿への人間の出入りがだんだん少なくなくなってきたことに対して気にいらなく思っていた堕落は、ディアド要塞の最近の無力さとラスタバド勢力の弱化によって人間たちの出入りが増えてきたと感じ、大空洞側からの出入口で徹底的に妨害を開始した。 しかし、大空洞を通じて入って来た人間の数は魔族の神殿に存在する人間の数に比べれば途方もなく少なかった。ようやく堕落は影神殿内部にいるかも知れない "純潔なる血"(ライブ魔族) のスパイの存在を疑い始めた。

スパイの可能性を認知するようになったヤヒは影神殿と魔族の神殿の連結の場所となっている影神殿の1階を調査するようにした。しかし魔族神殿へのテレポーター役をしている"カヘルの操り人形"は与えられた命令に対して応じるだけで、 他の考えや心を持つことは適わなかった。そして1階のボス、"混沌"は魔界精神を受け継いだ存在なので、自ら二心を抱くことが許されるはうがなかった。当然、自ら赴くことはできない状況だったが、ヤヒは 1階を注意深く観察し、今まで認知することができなかった"カヘルの操り人形"が存在することをみつける。

その場所は人間たちの侵略によって数多のカヘルの操り人形が破壊されていた場所だが、その渦中にあって、ただ一つの操り人形だけが殺されていないばかりか、"人間たちとの交流"という理解することができない行為をしていたのだ。 その後、この操り人形はヤヒの手招き一回で3階の実験室に強制召還されたし、ヤヒの息づかい一度で粉みじんにされて消滅してしまった。

“バルログ様は聖杯を通じて生まれ変わるでしょう!”

消えてしまったスパイの最後の一言だった.

”人間の欲望と狡猾さには際限がない! ゆえに我らはそれらを利用するのみだ!”

ヤヒはすべてのカヘルの操り人形が集まった席上でこのようなことを言って、 自分の研究室に帰るとスパイの最後の言葉を何度もじっくり考えた。


TOPに戻る

船舶の墓

海賊王ドレイクが活躍した頃よりはるか昔の時代、 幾多の海賊たちが争い、 商船が略奪され沈沒させられた、軍艦と軍艦が戦闘を行った。それらの残骸が海流に乗って流れて、海賊島の方まで押し寄せた。海賊島の奥深く、洞窟の中には船の残骸が山のように積もっていた。海賊島から新しい風が吹いて来るせいだろうか、いままで誰も分からなかった海賊島の奥深くに通じるドアがあいてしまった。

その場所は船舶の墓……

長年の歳月を溺れ死んだ船員たちがそれぞれの恨みと悲しみを抱いて眠っている所……
奇奇怪怪な生物たちと魂を失って蘇った肉体たちが流れつく所…

TOPに戻る

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Wiki内検索

カウンター








フリーエリア

メンバーのみ編集できます