逗子・鎌倉といった鎌倉周辺の町に住む日本人の保守化を目指す会

当会の目的


■ 政治や歴史をインターネットや書籍と読み比べると、テレビや新聞の論調は必ずしも正しくないことが分かります。

2009年の総選挙では、自公政権が下野すれば、世の中が良くなるかのような論調でしたが、実際に政権交代してみると、マニフェストは守られず、ろくな経済政策も打ち出せないまま円高は放置。首相は現実認識・リーダーシップが欠如しており、震災の対応は遅れ、原発事故を未然に防ぐことが出来ず、マスコミは具体的な数字・統計は出さずに不安だけを煽るため、福島県民は風評被害に苦しんでいます。

そして、その裏で推し進められる外国人参政権・人権救済機関設置法案などの日本解体法案。民主党は「国民生活重視」を唱えながら、実際は特定の外国の言いなりであることは明らかです。

鎌倉保守の会は、逗子市・鎌倉市を中心に活動し、
  • 第一に、地元の住民を、マスコミの扇動(洗脳?)から切り離すことを目指します。
  • 第二に、日本の歴史、文化、伝統を正しく後世に伝える保守思想を持った良識ある世論を形成することを目指しています。

最終的には上記の活動を通じ、同じようにローカルに活動する保守系の市民団体が全国的に立ち上がることを願っています。

主な活動


1. 日本の崩壊をもたらす亡国法案、反日組織の危険性を周知する

2. 愛国心があり、真の保守思想を持つことの重要性を周知し、地元住民の保守意識を広める

3. 歴史的根拠に乏しい、過去の日本の戦争犯罪に対する非難決議(我が国祖先に対する不当な名誉毀損)に対し
   抗議する

4. 特定の在日外国人に対する住民税などの免除や、不当な補助金などの支給に対し抗議する

5. 他の保守系市民団体の活動への協力
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

メンバーのみ編集できます