2月21日、19時30分より、ふれあいプラザにて行われました。
このセミナーは、志木市役所・地域振興課主催、志木市商工会青年部協力の形で行われており、今年で4回目となります。
今回は、「生き残れ!地域の商人!!」とのタイトルで講演が行われ、講師には、(株)アテーナソリューション 代表取締役・元兵庫県商工会青年部連合会会長の立石裕明氏をお招きいたしました。


阪神大震災にて被災され、家業であるホテル業を建て直した苦労と、そこから学んだ方策と経営に対する心構え、これからの経営に対する助言、青年部活動の意義、など、1時間30分、熱く熱くお話をして頂けました。
参加された皆様からは、「とても勉強になった」「やる気が出た」「自分の足りなさに気が付いた」など感想を頂き、有意義な講演会になったと感じた次第です。


最後になりますが、遠路はるばる志木までお越し頂きました立石様、毎年このような機会を与えて頂いている志木市役所・地域振興課様に心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。
そして参加して頂いた皆様、講演で火が付いた心を忘れずに、地域を支える1員として、商売と青年部活動、共に頑張って行きましょう!

しあわせ・つなげる室 室長 村田敬吾

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら
「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

商工会青年部

個人たる商工会員、その後継者、親族又は従業員(法人の場合にはその役員、親族又は従業員)等である年齢満45歳以下の者により構成されております。

現在、全国で1,650部43,543名(平成27年4月1日現在)、志木市では約60名の部員が、
青年としての情熱と実行力を集結して地域商工業の振興発展及び社会一般の福祉の増進を目的とした活動を行っています。

Wiki内検索

管理人のみ編集できます