9月26日(月)にフォーシーズンズ志木ふれあいプラザにおいて
コミュニティー・リレーションズ委員会担当による9月例会「青年部からはじまるコミュニティー・リレーションズ!」~つなげよう!おおきなWA!~が行われました。

本例会は、「地域と青年部がどのようにすればより深く繋がることができるか」をテーマとして企画致しました。

第一部では、コミュニティー・リレーションズ委員会による発表、第二部では全体によるデイスカッションを行いました。
委員会発表では、過去の事業を振り返ることで「青年部と地域がどれだけ繋がっているか」を認識していだくとともに、志木の歴史や他団体の活動事例を紹介し青年部以外の活動を知ることで新たな繋がりのヒントを見つけることができました。

第二部では、全体を6つの班に分け、「志木のイメージ」、「青年部のイメージ」、「カッピーのプロフィール」についてデイスカッションしました。最後に、本年度より志木市商工会の所有となった「カッピー」を用いて地域と青年部を結びつけるにはどのようにしたら良いかを話し合い、それぞれの結果を発表して頂きました。各班ともに色々な発想を出していただき、新たな地域と青年部とが繋がるヒントを得ることができました。本例会で頂いた発想やアイデアを今後の青年部活動に活かしていきたいと思います。



最後に、参加して頂いた青年部員の皆様、そして準備からご協力頂き本当にありがとうございました。


コミュニティー・リレーションズ委員会
委員長 平光史明

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら
「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

商工会青年部

個人たる商工会員、その後継者、親族又は従業員(法人の場合にはその役員、親族又は従業員)等である年齢満45歳以下の者により構成されております。

現在、全国で1,650部43,543名(平成27年4月1日現在)、志木市では約60名の部員が、
青年としての情熱と実行力を集結して地域商工業の振興発展及び社会一般の福祉の増進を目的とした活動を行っています。

Wiki内検索

管理人のみ編集できます