ビックバイパー

グラディウスシリーズの自機。
グラディウス歴6653年開発、58年「闇の女神戦」が初陣。
非常に特徴的な先割れのフォルムを持った機体である。

アルファベット表記は「VIC VIPER」。
よくビッバイパーと誤記される。

なお、『ビックバイパー』の名称は戦闘機とオプションが編隊を組むことからV字編隊を意味する「vic」と、オプションの動きが蛇のように見えることから毒蛇を意味する「viper」とを組み合わせた造語である。

シリーズによって多少異なるが
  • スピードアップ
  • ミサイル
  • ダブル
  • レーザー
  • オプション
  • シールド
の6種類のパワーアップを持つ。

コナミのレトロゲームの代表的キャラクターとして同社の他のゲームにもたまに出ている。
またコナミ公式Twitterアカウントのアイコンもビックバイパーである。


スペック

グラディウスI

コードBP-456X
全長49.5ft(14.85m)
全幅20.0ft(6m)
重量38t

グラディウスII

コードBP-827Z
全長19.8m
全幅15.2m
全高7.1m
重量14.6t

グラディウス外伝

全長21.64m
全幅14.7m
全高5.93m
速度5.62c(c=光速)

ソーラーアサルト

コードBP-592A
全長102.0ft(30.6m)
全幅63.0ft(18.9m)
全高26.4ft(7.92m)
重量8.4t
2010年11月22日(月) 03:41:02 Modified by kei_kof




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。