沙羅曼蛇2

1996年1月発売。
沙羅曼蛇の続編に当たるゲーム。
アイテム式パワーアップやその場復活方式、面ごとにスクロール方向が縦・横に変化するなど、沙羅曼蛇オリジナル要素がそのまま受け継がれている。
もちろん2人同時プレイが可能である。

トラディショナルなグラディウスシリーズとは趣が異なるため、古くからのファンからの評価はあまり高くないが、ゲームとしては出来が良い。
パターン性が低く難易度が抑え目のため、初心者にもお勧めできるゲームである。

ストーリー

(AC版インストより引用)

星間歴0999…
亜空間生命体「ドゥーム」が侵略を開始した。
彼らの出現によって宇宙空間は歪み、
人類が開拓したさまざまな星系は
亜空間に引き込まれていった。
かろうじて難を逃れた人々は
母星グラディウスを最後の拠点とし反撃にでた。

今、人類最後の希望をかけ
二機の超時空戦闘機が発進する。

自機

1P:ビックバイパー(青色)
ビックバイパーは沙羅曼蛇のそれと同様にバーニヤが2つになっている。

2P:スーパーコブラ(赤色)
ロードブリティッシュではなくスーパーコブラという機体になっている。
ちなみに、1人でプレイする際は、スーパーコブラで始めるとビックバイパーよりもランクが上がりにくく、ゲームが簡単になる。

アイテム

スピードアップ

5段階までパワーアップ可能。

ミサイル

既にミサイルが付いている状態でもう1個ミサイルアイテムを取ると上下同時に撃つが連射速度が遅い「ツインミサイル」にパワーアップする。
さらにもう1個アイテムを取ると通常のミサイルに戻すことが出来る。

レーザー

以下の3種類がある。既にレーザーが付いている状態で同じ種類のレーザーアイテムを取ると、一定時間レーザーが大きくなりパワーアップする。
  • レーザー→ハイパーレイ(パワーアップ後)
  • リップルレーザー→バスターリップル
  • ツインレーザー→スピアレーザー

フォースフィールド

敵弾などを6発まで吸収する。
既にフォースが付いている状態の時にアイテムを取ると、フォースが最大まで回復する。

オプション

4つまで装備可能。

オプションシード

小さなオプション。2つ取るとオプション1個に成長する。
オプションシードのみが付いている状態では、自機の周りを回転しながら自動でノーマル弾を1発ずつ前方に発射してくれる。

オプションシュート

沙羅曼蛇2独自のシステムがオプションシュートである。
2つ目のボタンがオプションシュートに割り当てられており、オプションが付いている状態でボタンを押して離すとオプションが弾を消しながら敵の方向に自動追尾で突進し大ダメージを与える。
使用したオプションはオプションシードになってしまう。
「ため撃ち」が可能で、ボタンを押し続けることにより最高4つ(装備している個数分)まで一度に飛ばすオプションを増やすことが出来る。
また、オプションシード1個のみを装備している状態でオプションシュートボタンを押すと、シードが自機の周りを高速で回転した後に消滅する。回転している間は敵弾などを消してくれるので、緊急の防御用に使える。

音楽

BGMは後に音ゲーで「NAOKI」として有名になるエンゾニック前田氏の作曲であり、非常に評価が高い。
2周目では以下の3面の曲が変わる。3曲とも過去の作品のアレンジである。

  • 1面:Power of Anger(沙羅曼蛇1面)
  • 4面:LAST EXIT(沙羅曼蛇(MSX版):ヴェノムステージ)
  • 5面:Planet RATIS(沙羅曼蛇3面)

また、「キーボードマニア 3rdMIX」には2面BGM「SENSATION」のアレンジ版が収録されている。
2010年11月22日(月) 05:59:28 Modified by kei_kof




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。