様々な出会い用語の説明。

セフレは、セックス(性交)を楽しむことを目的に交際している男女(または同性)の関係を指す俗語。セックスをすることができるが恋人ではなく友達(友達関係でありながらセックスをできる異性または同性のこと)をさす場合もある。一般的にセフレと略され、特にゲイの間ではセクフレと言われることが多い。英語ではスラングとしてFuck Buddy(ファックバディ)と言われる。

セックスフレンド同士の関係を冒険的な恋愛、刹那的な肉体関係を意味するアバンチュール(aventure)と表現することもあるが、セックスフレンドよりはセフレの方が聞こえが良く、意味合いも若干違ってくるようである。

また、セックスをする友達とも言う。このケースはSEX + FRIENDという単語の意味に近い。倫理観には個人差が大きく、例えば「恋人でない人と一緒に食事に行くことも嫌だ」と考える人もいる一方で「食事くらいは構わない」と考える人もいる。このように「一緒に食事をする」「一緒に遊びに行く」「一緒に遠出する」「相手の異性を部屋に入れる」といったことでも、嫌悪感を示したり、特にこだわらなかったりする人間もいて、実にまちまちである。さらに気軽に「せっかくお互い男と女の体を持っているのだから、使わないともったいないし、楽しいことをできるだけしたい」という考えのもとに、恋人でなくてもセックスフレンドという関係もある、一般的に掲示板などでセフレを募集する男女が多いです。
タグ
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人のみ編集できます