様々な出会い用語の説明。

メル友は文通友達(ペンパル)の電子メール版と言える。 もともと友人関係になかった者同士がウェブサイトなどで知り合い、頻繁にメールをやり取りするような親しい間柄になるというのが一般的な定義として挙げられる。 文通と同様、相手の都合などを気にせずにコミュニケーションが取れ、身近な人には話しにくい相談などを気楽にできるというメリットがある。

大抵は本名や住所、自分の外見は明かさないままの関係である。そのため性別や年齢、その他のプロフィールを偽ってメル友になろうとするケースも多数存在する。最近は、携帯のカメラが普及したので相手の顔を確認することもできるが、別人の画像が送られる可能性も否定できない。

メッセージやアドレスを交換してメル友になった後、より関係が親しくなれば、電話で話したり実際に会ったりするケースもある。あらかじめメールを通じてお互いの趣味や性格がわかっているのでその後通常の友達関係)に進展するのは容易であるが、素性や本名さえも分からない相手と直接会うことはリスクが伴う行為であることを認識すべきである。(出会い掲示板のメル友募集や恋人探し項目内に危険性や事件などの記述がある)

また逆のパターンとして、合コンなどで初めて対面し知り合った相手とより親しくなるために、メル友の段階を経る(あるいはそれ以上関係が進展せずにメル友のまま終わってしまう)という例もある。

インターネット上にはメル友を募集する電子掲示板などのウェブサイトが多数存在する。 メル友募集を専門にしているメル友募集掲示板やいわゆる出会い掲示板以外にも、SNS、特定の趣味を扱うサイト、住んでいる地域や年齢層ごと(小中学生用など)の地域別でメル友を探せる掲示板サイトなど対象者が限定されるウェブサイトでは利用者同士が親しくなりやすく、メル友などが出来やすい傾向がある。
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人のみ編集できます