様々な出会い用語の説明。

語源および過去における用法

漢語の「処女」の本来の解釈は、「処」は「居る」の意味であり、「結婚前で実家に居る女性」=「未婚の女性」という意味であり、それ自体に性交経験の有無は含意していなかったが、女性にとっては最初の配偶者が最初の性交の相手であり、「未婚」と「性交の未経験」がほとんど同義語として捉えられていた。以下、このような意味合いでの「処女」の用例をいくつか挙げる。
* 『孫子』から来た故事成語「始めは処女のごとく、後に脱兎のごとし」 * 以前は青年団等においてその女性組織を「処女会」と呼んでいた。 * 和語の「オトメ」(乙女)も「未婚の女性」という意味で使われることがあり、「処女」を「オトメ」と訓読することもある。

漢語「処女」が上記のような意味合いで用いられていた時期には、英 virgin他のヨーロッパ語の訳語としては、現在ではもっぱら男性の性交未経験者に対して用いられる「童貞」の語が男女を問わず用いられる一方、生娘(きむすめ)、おぼこ(ボラの幼魚の呼称から)、未通女(「おとめ」または「おぼこ」)といった言葉が「性交経験のない女性」をさす言葉として用いられていた。現在これらの表現はあまり一般的ではなくなったものの、今なお「処女」の同義語として挙げられる。また「処女である」(形容詞としてのvirgin)という意味合いの表現としては「男を知らない」、「処女であること」(virginity)を示す語としては「貞操」がある。

現代における用法

女性が初めて性行為を経験することを「処女を失う(なくす・喪失する・奪われる・捧げる・捨てる)」あるいは単に「処女喪失」、また「ロストバージン」などという。また最近では、若年層を中心に「処女卒」という言い方も流布している。

初体験以来の性交経験がない(あるいは極端に少ない)女性の状態を「セカンド・バージン」と呼ぶ。

アナルセックスしか経験していない女性をも「処女」と呼ぶことがある。これは、あくまでも膣に陰茎を挿入する事のみを性行為と限定しての考え方である。逆に、膣に挿入された経験はあるが、アナルセックスを経験していない女性を「アナルバージン」と呼ぶこともある。アナルバージンと区別するために、本来の処女を「リアルバージン」と呼ぶこともある。

「処女膜」という日本語自体が示すとおり、しばしば、女性が性行為を初めて経験する場合は処女膜の損傷と出血を伴うものと認識されていることが多いが、実際には性行為を経験しても処女膜が損傷しない場合もあるし、逆に性行為以外の原因によって処女膜が損傷する場合もある。
思想・宗教・文化における処女

思想・宗教などでは、処女に特別な意味を見出すことが多い。例えば、「巫女やシスターなどは、処女でなくてはならない」とする規則などが挙げられる。処女には神聖な力が宿っており、処女でなくなった場合にはその力が穢れたり、失せたりするという。その為、結婚前に処女を失った女性は結婚が不利になったり離婚されるなど実生活上の不利益が多かった。また、信仰する神の嫁であるため他の男性との性交を禁止しているという考え方もある。また、古代文明では処女を生贄とすることで、神々・悪魔・呪い・天災などから平和が得られると信じられていた。

キリスト教徒の間では、イエスの母親のマリアが「処女」と呼ばれることが多い。西欧の言語の中には「処女」を意味する語を大文字にする(定冠詞をつけることが多い)と「聖母マリア」を指すものもある。
タグ
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人のみ編集できます