様々な出会い用語の説明。

sex(性行為)は、主に男女が性的欲求に従い、異性間・同性間を問わずお互いの身体、特に性器(生殖器官)や性感帯などを刺激する行為。性交(男性器陰茎を女性器膣に挿入する行為)を含むが、それ以外にも多様な行為を含む。

異性間の性交は、典型的には 男女のキスから始まり、互いの体を愛撫し、膣への指挿入、クンニリングス、フェラチオなどの行為(前戯)を行って、興奮を高めたのち、性交(sex・性器結合)に至るものであるが、特に同性間の場合などに、オーラルセックスのみで完結することもあるなど、人間の性行為は様々な形態を取りうる。従って生殖器以外を刺激する行為も含まれる。例えば男性が女性の身体(主に乳房や乳首、尻など)を愛撫することなどである。

本来、性交は子孫を残すための本能的な行為であるが、パートナー間のコミュニケーションの手段や、快楽を伴うsex行為自体を目的として行われる場合も多い(この場合は同性間も含むことがある)。ただし、大多数の国家では公衆の面前で性行為に及ぶのは御法度とされる。

通常、人間には性行為を人目に晒すことに羞恥心を伴うが、これは性行為中には外敵に対して無防備になるため動物的本能で隠れて行うとものと解釈される。性行為に羞恥心を覚えるのは人間のみならず、象など幾種類かの動物が確認されている。

・「性交」「セックス」という言葉を口にすることに抵抗感を持つ人が多く、近年、若い人の間では、より抵抗感の少ない「エッチする」という言葉がよく使われている(エッチの語源は変態(Hentai)もしくは、破廉恥(Harenchi)の頭文字と言われる)。また、単に「シよう」「ヤろう」と言う言葉でも場合によっては性交を意味する場合もある。
・ 夫婦同士による性交は子作りや夫婦の営み、夫婦生活などと言われる。
タグ

管理人のみ編集できます