南京大虐殺に関する論争の解説と検証

トップ > 第66連隊捕虜殺害命令 > 東中野説批判第1大隊戦闘詳報は「素人の作文」だったか?



第66連隊捕虜殺害命令 東中野説批判

2.第1大隊戦闘詳報は「素人の作文」だったか?

東中野の主張

東中野は、第66連隊第1大隊戦闘詳報に捕虜虐殺命令が書かれているが、「第一二八旅命第六十六号」や「一一四師命甲第六十二号」などから、実際には、捕虜虐殺命令は出ていなかったと推論した。そして、小宅伊三郎の証言から、第66連隊が旅団命令を偽り、独断で命令したものではないとも推論した。
そこで、実際に虐殺命令が出ていなかったとすると、なぜ、第66連隊第1大隊の戦闘詳報に捕虜殺害命令が記載されたのか、その理由を次のように説明する。
東中野修道『「南京虐殺」の徹底検証』p108-109
では、実際に、第一大隊副官が第一大隊の戦闘詳報を作製したのであろうか。戦場のこと故、大隊副官の負傷による戦線離脱も考えられる。小宅小隊長は次のように述べるのである。
《戦闘詳報について言えば、第四中隊の戦闘詳報は私が書いていました。もちろん捕虜処刑などありませんから、そんなことは書いていません。
 大隊の戦闘詳報は、一刈さんがたおれ、まともなのは渋谷(大隊副官)さんだけです。渋谷さんは実際の指揮を取っており作戦の責任者ですが、戦闘詳報をどうするという時間はなく、また、大根田副官は実戦の経験から考えて戦闘詳報について詳しくありません。ですから素人ばかりの大隊ではまともな戦闘詳報はなかったと思います。》
 たしかに、小宅小隊長代理の言うように、一刈第一大隊長は戦線から離脱していた。そのため第一大体命令-----たとえばすでに見た「第四中隊ハ全員ヲ以テ捕虜ノ監視ニ任ズベシ」という命令----などは、渋谷大尉(第一大隊長代理)の発令となっている。
 つまり、渋谷副官が実際の戦闘を指揮していた。そのため渋谷副官は戦闘の一瞬一瞬に瞬間的な判断を迫られ、戦闘詳報をどうするという立場にはなかった。他方、もう一人の大根田副官は、実戦の経験不足からして、戦闘詳報については暗かった。
 従って、戦闘詳報については素人ばかりの大隊であった。そのため、まともな戦闘詳報は書けなかったというのが、小宅小隊長代理の証言であった。つまり、第一大隊の戦闘詳報は素人の作文に近かったのである。

つまり東中野の見解によれば、実際に出ているはずもない捕虜殺害命令が、第66連隊第1大隊戦闘詳報に記載されていた理由の一つとして、戦闘詳報作成者が経験不足であり、「第一大隊の戦闘詳報は素人の作文に近かった」というのである。


小宅証言の信憑性

東中野の見解は、その大部分を小宅伊三郎の証言に依拠している。この証言は、当時の体験や見聞と、その体験・見聞に基づいた見解とが述べられている。

体験・見聞としては、次の2つの事象を述べられている。
1.一刈大隊長が負傷した後、戦闘詳報をまともに作成できるのが渋谷大尉だけになった。
2.大根田少尉は戦闘詳報の作成に詳しくなかった。

この2つの事象に基づき、次のような見解を示している。
3.大隊の戦闘詳報は、素人ばかりでまともなものは作成できなかった。

まずは小宅の語った体験・見聞、それに基づいた見解とを検討する。



【1】一刈大隊長が負傷した後、戦闘詳報をまともに作成できるのが渋谷大尉だけになった

一刈大隊長が負傷・後退したという点に関しては、戦闘詳報などの記述から確認できるので問題ないと思われる。一方、大隊の戦闘詳報の作成に関しては、考察すべき問題点がある。小宅の証言は、次のように記述されている。
「大隊の戦闘詳報は、一刈さんがたおれ、まともなのは渋谷(大隊副官)さんだけです」

引用部分のカッコ内「大隊副官」は、阿羅健一『兵士たちの南京事件』に記されているママの記述だが、これが実際に小宅が語った内容なのか、阿羅が説明として付け加えたのかが定かではない。従って、この部分が、小宅の意図を正確に表現したものなのか、小宅の意図に関わりなく阿羅が付け加えた注記であったのかは判断できない。しかし、渋谷大尉と戦闘詳報とを関連付けていることから、小宅の意図を反映したものと考えるのが妥当であろう。

ところが、当時、渋谷大尉が副官であったという事実は存在しない。『野州兵団の軌跡』P183では、「山田聯隊長は、第一大隊付きの渋谷仁太大尉を長に挺身隊を編成した」と記述されているように、渋谷大尉は「副官」ではなく、「大隊付き」の将校であった。一般的に、歩兵大隊の副官は少尉を1人充てることとなっており、大尉であった渋谷を副官とすることや、大隊副官を2人充てることなどは当時の慣例にそぐわず、この点からみても、渋谷大尉が副官であったとは考えられない。

小宅自身も語っているように、大隊の戦闘詳報を作成するのは副官と書記である。証言の中で、一刈大隊長が負傷・後退した後、渋谷大尉が大隊長代理となったことと戦闘詳報の質とを連付けている点は、小宅の事実認識の誤りを示していると考えられる。



【2】大根田少尉は戦闘詳報の作成に詳しくなかった

この点に関しては、裏付ける資料を得ることが出来なかった。よって、当時の日本軍の組織上の一般論を基に検討したいと思う。
すでに述べたように、大隊の副官は、少尉をもって充てることが慣例となっており、戦闘詳報の作成は、その副官が中心となって行っていた。少尉という階級は、将校の一番最初の階級であり、実戦を含め、軍務すべてに関して経験が少ないものであろう。
このような意味で、本当に、大根田少尉は戦闘詳報作成に関して際立って「暗かった」と言えるのであろうか?この点、疑問が残るところである。



【3】大隊の戦闘詳報は、素人ばかりでまともなものは作成できなかった

最後に、上記2つの事実認識に基づく小宅の見解を検討する。この見解を出すにあたって小宅が依拠した事実認識は、第1に渋谷大尉が戦闘詳報作成に関連できなくなったということであったが、実際には渋谷大尉は戦闘詳報作成の任になく、小宅の事実誤認であった。第2に副官であった大根田少尉が、戦闘詳報作成に暗かったということであったが、当時の日本軍の慣例からすると、戦闘詳報作成に関して大根田少尉が特段に暗かったとは考えずらい。小宅が依拠している事実は、1つは誤認していたものであり、1つは妥当性に疑問が残るものであった。このような意味からして、この見解に妥当性が低いと結論づけることが出来ると思う。

さらに、この見解自体にも問題点がある。小宅は戦闘詳報の作成に関して、次のようにも証言をしている。
東中野修道『「南京虐殺」の徹底検証』P108
戦闘詳報は文字どおりこの戦闘に関するすべての事実を詳報するもので、副官または書記が作製し、大隊長の決済を経て連隊に報告するもので、責任者は大隊長ということになります。

この証言を見る限り、戦闘詳報の作製は副官だけで行うのではなく、副官と書記によって作製するようである。
小宅の見解では「素人ばかりの大隊ではまともな戦闘詳報はなかった」というのだから、仮に副官・大根田少尉が「素人」であったとしても、この見解に整合性をつけるならば、大隊本部の書記も「素人」でなければならない。
しかし、調べてみると、当時、第66連隊第1大隊本部には、小野文助、木村徳延軍曹、稲沢伍長、菅沼伍長という下士官の書記が確認できる(『野州兵団奮戦記』より)。下士官であるということは、ある程度の軍務経験者を意味するのだから、戦闘詳報の作製に関して暗かったということは考えられない。
したがって、仮に大根田副官が「実戦の経験不足からして、戦闘詳報については暗かった」といって、軍務経験が豊富である下士官の書記が存在した事実から考えて、「第一大隊の戦闘詳報は素人の作文に近かった」という見解に妥当性がないと考えられる。


東中野の見解について

ここまで考察してきたように、東中野が「第一大隊の戦闘詳報は素人の作文に近かった」という見解を導き出すために依拠した小宅証言は、東中野が引用した部分に限り信憑性がなかった。したがって、この時点で東中野の見解に妥当性がないと結論づけることが出来るだろう。

しかし、東中野の見解には、依拠した小宅証言の信憑性の低さとは別な問題を孕んでいる。ここでは、その問題について考察しようと思う。

東中野は、小宅証言について次のような見解を示している。
東中野修道『「南京虐殺」の徹底検証』p108-109
つまり、渋谷副官が実際の戦闘を指揮していた。そのため渋谷副官は戦闘の一瞬一瞬に瞬間的な判断を迫られ、戦闘詳報をどうするという立場にはなかった。

ここで東中野は、「大隊付き」であった渋谷大尉が大隊長代理となったことで、戦闘中の大隊長としての任務により、戦闘詳報に関わることが出来なかったと主張するのである。
もちろん、渋谷大尉は「副官」ではなく「大隊付き」であったので、そもそも戦闘詳報に関わることは無かったという東中野の誤解という問題はあるのだが、それ以外にもこの記述には問題がある。
どういう問題かというと、戦闘詳報が「戦闘の一瞬一瞬に瞬間的な判断を迫られ」ているような状況で作成されたかのように主張している点である。東中野は、この記述をする少し前に、次のような記述を行っている。
東中野修道『「南京虐殺」の徹底検証』P107
 戦闘詳報は、戦闘ごとに、戦闘終了後、戦闘詳報がまとめられたと言われる。では、第一大隊戦闘詳報の場合は、いつ、どのようにして作成されたのか。
 第一大隊第三中隊の中隊長であった西沢弁吉『われらの大陸戦記』によれば、十二月三十一日、「軍は戦闘詳報作成の為め昨日より暮れも正月も返上して戦いの結果を総まとめにかかる。通達次々と発せられた。」とある。
 南京の日本軍は十二月三十日から戦闘詳報の作成に入ったのである。問題の第一大隊の戦闘詳報も、その時、編集開始に入ったことになる。

つまり、東中野も第一大隊戦闘詳報が「戦闘の一瞬一瞬に瞬間的な判断を迫られ」ているような状況で作成されたものではなく、日本軍の掃討・占領行動が終了した「十二月三十日から戦闘詳報の作成に入った」ことを主張しているのである。
戦闘が終了し「戦闘の一瞬一瞬に瞬間的な判断を迫られ」ているような状況ではなかったのだから、仮に大根田少尉が戦闘詳報作成に関して暗かったとしても、渋谷大尉に戦闘詳報作成のアドバイスを受ける余裕は十分とはいえなくとも、余裕があったと考えるのが妥当であろう。

これは、「第一大隊の戦闘詳報は素人の作文に近かったのである」という結論を出したかったが為のミスリードであったと言わざるを得ないと思う。『「南京虐殺」の徹底検証』という本における典型的な論法といえるだろう。


このページへのコメント

ln864J <a href="http://ywhufrdifylm.com/">ywhufrdifylm</a>, [url=http://ojgxyksqlazy.com/]ojgxyksqlazy[/url], [link=http://itidfkchmzkz.com/]itidfkchmzkz[/link], http://lsnrnrvamquf.com/

Posted by gqokvnwfwh 2013年11月21日(木) 11:40:00

コメントをかく


画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

どなたでも編集できます