児島の歩き方ページ一覧
児島の関連リンク
児島wikiカテゴリー

児島の歩き方(景観編)

児島のナイススポットをご紹介
〜映画のロケにも使えるぞ!デートにも使えるぞ!児島!〜
口コミ情報があればコメントください!

海・夕日・町並みのナイススポット


鷲羽山(わしゅうざん)

※↑「朝日・夕日放送局様」の日本夕日百選の紹介へリンク
「鷲羽山」Googleローカルにリンク

下津井城・祇園神社 ←リンク先は城跡探索様

  • 海の港町「下津井」の高台から見える景色もかなりいいです。漁港と街並み、海の風景と風もすがすがしく気持ちいい地元の人にも人気の場所です。

竜王山

※↑Googleローカルにリンク
  • 児島にある象徴的な山。登山道から見える児島と瀬戸内の景色がきれいです。頂上から見る夕日は格別。花崗岩が多く、水晶がとれることでも有名で、地元の大人から子供まで水晶探しを一度は体験したことがあるかも。今ではもう取り尽くされた?!

鷲羽山スカイライン


鷲羽山ハイランド駐車場から見る瀬戸大橋

  • 児島IC側からハイランド方面へトンネルを抜けると目前には一気に瀬戸内のパノラマが広がります。そこからすぐのハイランド駐車場から車に乗車したまま瀬戸内を眺めることができます。

王子が岳からの瀬戸内大パノラマ

※リンク先は「国民宿舎王子が岳」様フォトギャラリー
「王子が岳」Googleローカルにリンク
  • 巨岩・奇岩で自然の芸術といえるほどの形をした山です。正確には玉野市になるのですが、登山口あたりは児島唐琴です。ここの山頂にある展望台やカフェ屋根の上からの瀬戸内の眺めは絶品です!天気の良い日はパラグライダー愛好家の人たちも優雅に飛んでいます。

観光地


むかし下津井回船問屋

  • 下津井の歴史と文化の紹介と観光情報を提供する施設である。趣ある建物は明治初期の回船問屋の母屋やニシン蔵を復元したもの。母屋には当時使われていた道具類が展示されていて興味深い。いんふぉめーしょん館、しょっぴんぐばざーる館もある。おーぷんきっちんふく蔵では瀬戸内の味覚を楽しむことができる。
  • 岡山県倉敷市下津井1-7-23 TEL:086-479-7890

野家旧宅

  • 塩田開発で巨財をなし、塩田王と呼ばれた野武左衛門が築いた屋敷である。約3000坪の敷地に延べ床面積1000坪の建物が建っている。また長屋門を入ると、表書院や中座敷、貴人用の御成門、枯山水の庭園、茶室、土蔵が並ぶ。これほどの規模で創建当時の姿を残す民家は山陽道では数少なく、必見である。
  • 岡山県倉敷市児島味野1-11-19 TEL:086-472-2001

瀬戸大橋架橋記念館

  • 橋をテーマにした珍しい記念館である。ドーム型の建物自体が太鼓橋をかたどったもので、階段で歩いて上がれるようになっている。館内には瀬戸大橋をはじめ、水の都ベニスの運河に架設される予定だった幻のリアルト橋など、古今東西の橋の模型やパネルを展示している。また、実際に渡ったりできる橋もある。
  • 岡山県倉敷市児島味野2-2-38 TEL:086-474-5111

由加神社本宮

  • 日本三大権現の一つ、また厄除けの総本山として知られる由加山 由加神社本宮は二千有余年の歴史を持つ神仏混淆のお山。その昔、磐座信仰(巨岩をご神体)と唱え近郊の人々の守護神として崇められ、その後七三三年(天平五年)に行基菩薩が十一面観音を祀り、併せて神仏混淆の霊山として崇拝されてきました。桓武天皇の代以来、朝廷の祈願所として繁栄し、拝殿には菊花ご紋章を拝受しております。江戸時代中期には備前藩主池田候の祈願所として当権現・由加大神様への信仰は篤く、正月・五月・九月には藩主自らご参拝になられておりました。(その時ご参拝になられた建物が由加神社本宮ご本殿です)また、『ゆがさん・こんぴらさん両参り』と云われ、両社をお参りすればご利益が沢山頂けるという『両参り』の風習が広がり、今も全国津々浦々から信仰されております。過去の歴史などから見ても由加の権現様・大神様は『有求必應』“求めが有れば必ず應じて下さる神様”として、参拝者祈願者が後を絶たないのが現状です。
  • 岡山県倉敷市児島由加2852 TEL:086-477-3001

※お参りした後は「倉敷由加温泉ホテル山桃花」でひとっ風呂浴びるのもなかなか良いです!

観光地巡りには地元タクシーが便利!


曙タクシー株式会社

  • 観光タクシー/ジャンボ(9人乗り)30分3400円、普通車中型 30分2650円、普通車小型 30分2150円より
  • 車椅子タクシーあり。ホームヘルパー2級資格のドライバーがきめ細かくサポート。
  • フリーダイヤル/0120-003882

船に乗っての遊覧もおすすめです!


船の情報は児島の歩き方(釣り場編)をご覧ください。

  • 瀬戸大橋を下から眺めるのも壮大です。橋の陰に入ると不思議な気分を味わえます。瀬戸内の波は比較的穏やかですので安心です。
2005年11月03日(木) 15:35:02 Modified by ko_ji_ma




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。