在日のほんとうの姿を知りたいあなたへ。

Q 在日は韓国語・朝鮮語が使えるのですか?


 まず、ここで言われる「在日」を、戦前から日本に居住する、在日1世とその子孫(オールドカマー)を前提として述べてみます。在日1世の母語はほとんど韓国語・朝鮮語と言えるでしょう。2世以降は日本で生まれている関係上、その母語とするものは、ほとんどが日本語であると言えます。日本国内には、多くのコリアン民族学校(韓国系・北朝鮮系)が存在し、2世以降の母国語(韓国語・朝鮮語)の習得経緯はさまざまですが、主にこの民族学校の存在が大きいことは事実です。また、昨今の韓流ブームも手伝い、習い事の一環として「韓国語教室」も多く開業され、そこで学ぶ者も増えていますが、その習得レベルはまさにさまざまです。

 また、韓国の多くの大学では、留学生の韓国語習得を目的とした付属施設として「語学堂」を設立しています。延世大学がその代表的なものですが、「語学堂}への留学は、比較的短期(一年程度)に韓国語習得を可能にする制度であり、近年在日コリアン子女も多く利用しています。また、独自で習得する者もごく僅かですが存在します。

 しかし、どちらにしろ在日コリアンの2世以降の世代では、母国語を話せる(習得している)者は圧倒的に少なく、そのほとんどが日本語しか出来ない状態であることには違いまりません。
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

メンバーのみ編集できます